【一汁一菜】お味噌汁中心の食事
 
生木鉢・奥田志郎|和食器の愉しみ・工芸店ようび
 
 【一汁一菜】お味噌汁中心の食事
 

 奈良国立博物館前に「下下味亭」というごはん屋さんがあったのを覚えていらっしゃる方もあると思います。そのお店の一汁一菜は絶品で、何とか記録に残すために本にしたいと思っているうちにごはん屋さんは止めてしまわれました。さまざま思い起こしながら少し私の想いも入れつつ、お味噌汁を中心とした食事の基本、一汁一菜を始めてみたく思います。

店主 真木啓子





No.00新わかめ、芹、豆腐→ 一汁一菜
No.26 にら、木綿豆腐 一汁一菜




生木鉢・奥田志郎|和食器の愉しみ・工芸店ようび




File No.25 糸瓜、冬瓜

漆器・4.3寸朱椀・奥田志郎漆器・4.3寸朱椀・奥田志郎 お暑さで心身共にお疲れ気味の毎日、少し元気を出していただくのに、一汁一菜は冷製豚しゃぶにしてみました。うす切の豚ロースを沸騰した湯(塩一つまみ入れる)の中に入れ、一呼吸で上げて冷水ですばやく冷まし引き上げて氷の上に並べます。ごまだれ(※)でいただきます。
 取り皿の霊芝文中皿は、清朝の写しです。染付の5寸皿は大変重宝なもので、飽きのこない絵柄のものを選んでおけば卓上に度々登場するでしょう。
 汁は、ごまだれがこってりとしているので、赤味噌を使いさらりと仕上げます。今回は糸瓜と冬瓜の味噌汁です。瓜は昔から体を冷やしてくれるものと言われています。
 糸瓜はそのままか二つに切ってゆでると糸がほどけるようになりますので、それをざくざくと切って適当量入れます。どうしても残りますので水でよく洗っておいてお酢のもの等にすると美味しくいただけます。冬瓜は皮をむきやわらかくなるまで茹でておき、適当な大きさに切って下さい。仕上げに黒胡椒を少々振ります。
 この献立は少し固い目に炊いたご飯が合うように思います。ピカピカの白いご飯を。青磁の薄手の飯茶碗は、暖かいご飯をのせても涼やかに見える、夏には使い勝手のよいものです。
 お漬物は旬の胡瓜の糠漬けと、水茄子の塩もみです(水茄子を薄切りにして塩でもに、強く絞ってレモン汁または米酢を少しふりかけ添えます)。

   
   

店主 真木啓子








霊芝文中皿・植山昌昭 錫彩箸・林万喜子 白磁手付片口・水野克俊
  □飯 白ご飯 青瓷飯碗・海老ヶ瀬保
  □汁 糸瓜、冬瓜 4.3寸朱椀・奥田志郎
  □一菜 冷製豚しゃぶ 黒生木鉢・奥田志郎
  □漬物 胡瓜、茄子 青緑線文小判小皿・黒・古川章蔵




青瓷飯碗
青瓷飯碗・海老ヶ瀬保 青磁の柔らかな青の飯碗です。
海老ヶ瀬保
3,780円
  青瓷飯碗

漆器|生木鉢
漆器・生木鉢 大きな鉢です。生の木をくりぬいて自然に歪んだ美しさをお愉しみください。
奥田志郎
63,000円
  漆器・生木鉢

青緑線文小判小皿
青緑線文小判小皿・豆皿 ネギとわさびをほんの少し。丸いお皿が多くなるので、小判の形で変化を作ると良いでしょう。
古川章蔵
2,100円
  青緑線文小判小皿・豆皿

にちにち箸
にちにち箸 元来使い捨てだったお箸(利休箸)が、普段使いのお箸として毎日使っていただいても2年も保ちます。
奥田志郎
1,050円
  にちにち箸

カット箸置
カット箸置 ほのかな青味が美しいガラスの箸置です。
安達征良
2,100円
  カット箸置
 
漆器|4.3寸椀
漆器・4.3寸朱椀・奥田志郎 お素麺もとてもよく似合います。
奥田志郎
21,000円
  漆器|4.3寸椀

霊芝文中皿
霊芝文中皿・植山昌昭 縁起の良い霊芝が描かれた小皿です。
植山昌昭
4,410円
  霊芝文中皿・植山昌昭

白磁手付片口
白磁手付片口

サラダのドレッシング入れにお勧めです。

水野克俊
4,725円
  白磁手付片口

ジャムスプーン
ジャムスプーン・奥田志郎 小さなスプーンは、ちいさなうつわにぴったりです。
奥田志郎
3,675円
  ジャムスプーン・奥田志郎

錫彩箸
錫彩箸・林万喜子 錫彩が施されたはんなりとした取り箸です。
林万喜子
3,990円
  錫彩箸・林万喜子

にちにち膳
にちにち膳 軽く美しい栓の木で作ったお膳です。和のコーディネイトがより美しく決まります。
奥田志郎
21,000円
  にちにち膳





和食器の愉しみ・工芸店ようび >【一汁一菜】お味噌汁中心の食事