ハリハリ鍋・【一汁一菜】お味噌汁中心の食事

灰釉5寸鍋・有松進 |一汁一菜

【一汁一菜】お味噌汁中心の食事

 奈良国立博物館前に「下下味亭」というごはん屋さんがあったのを覚えていらっしゃる方もあると思います。そのお店の一汁一菜は絶品で、何とか記録に残すために本にしたいと思っているうちにごはん屋さんは止めてしまわれました。さまざま思い起こしながら少し私の想いも入れつつ、お味噌汁を中心とした食事の基本、一汁一菜を始めてみたく思います。

工芸店ようび 店主 真木
No.10 冬瓜、人参、椎茸 一汁一菜
No.12 白玉だんご 一汁一菜
《一汁一菜の基本》 豆腐、新わかめ、芹 一汁一菜
File No.11 ハリハリ鍋(皮鯨、水菜)

高台糸目の椀・奥田志郎 一月十五日は小正月、女人正月、数年前までは成人の日でした。お飾りもこの日まで、小豆粥で天狗をまつり、とんどをして火でお清めをします。お正月はこれで終わりです。(旧暦ではまだ年の内、今年の旧正月は一月二十三日ですが。)
 「昨年採れた一番美味しいお米です」と、米屋菊太屋の御主人様に頂戴し、大納言の小豆も京都の方から頂戴して、うれしくて小豆粥をつくりました。そのままでもお米のおいしさがよく解りますが、お塩をぱらぱらっとかけて混ぜないで召し上がるとこれはまた格別です。
 十二月の中旬に漬け込みました白菜がちょうど食べごろになるのと、水菜も一番美味しい季節ですので、久し振りに皮鯨でハリハリ鍋をして。
お正月もすぎました。

 小豆粥の入っているのは高台糸目の椀。全体があまり分厚くないので、見た目よりよく入ります。高台に糸目が入っていて持ち心地もよくとても良いものです。塗りは奥田志郎さん。塗って早十年は経っていて、大変丈夫になっています(表面がかたくなっているからです)。
 ハリハリ鍋は、瀬戸の有松さんが作って下さった小鍋に。薄いのに安定していて丈夫で、火にかけられます。小さく見えますが、この様な時、一人前にはちょうどよく、たっぷりとお汁も入ります。食卓にのせていただけるきれいなお鍋です。

工芸店ようび 店主 真木

染付吹墨豆皿・阪東晃司 格子文5.5寸鉢・藤光男 灰釉5寸鍋・有松進
□飯 小豆粥 高台糸目の椀・奥田志郎
□汁・一菜 ハリハリ鍋(皮鯨、水菜) 灰釉5寸鍋・有松進
□漬物 白菜 格子文5.5寸鉢・藤光男
価格に消費税は含まれていません。(外税)


漆器・高台糸目の椀
高台糸目の椀・奥田志郎 高台に糸目のデザインがされた愉しい形のお椀です。スープ椀にお勧めです。お買い上げありがとうございました。
奥田志郎
18,000円
  高台糸目の椀・奥田志郎

しょうゆ入・赤点
しょうゆ入 小さな小さな片口の醤油入れです。食事の都度フレッシュな醤油をどうぞ。
古川章蔵
3,800円
  しょうゆ入

染付吹墨豆皿
染付吹墨豆皿 小さなお皿に小さな兎とお月様

阪東晃司
735円から
  染付吹墨豆皿

黒角箸
角箸 時間を掛けて丁寧に作られた塗り箸です。
奥田志郎
4,500円
  角箸

拭漆土瓶敷
拭漆土瓶敷・奥田志郎 土瓶、土鍋にどうぞ。
奥田志郎
4,000円より
  拭漆土瓶敷・奥田志郎
 
灰釉5寸鍋
灰釉5寸鍋・有松進 小さな土鍋です。小さな土手鍋、小さなハリハリ鍋などにどうぞ。
有松進
8,000円
  灰釉5寸鍋・有松進

格子文5.5寸鉢
格子文5.5寸鉢・藤光男 たっぷりお総菜の似合う中鉢です。こちらはシンプルに格子です。お買い上げありがとうございました。
藤塚光男
6,090円
  格子文5.5寸鉢・藤光男

灰釉ビードロ小判皿・小〈薄〉
灰釉ビードロ小判皿・小 大好きなものを少しだけ・・・。
有松進
2,800円
  灰釉ビードロ小判皿・小

色絵結文箸置
色絵結文箸置 和紙を結んで作った箸置きのような、本当の箸置き!
伏原博之
4,620円
  色絵結文箸置

にちにち膳
にちにち膳 軽く美しい栓の木で作ったお膳です。和のコーディネイトがより美しく決まります。
奥田志郎
20,000円
  にちにち膳