犬用車いすの試乗車貸出もしています! 電話086-552-3050 7歳からの老犬(シニアドッグ)と介護が必要な犬のための岡山のショップ わんケア
犬用車椅子の販売・レンタル(車イス,歩行器)や介護用ハーネス、老犬のための介護用品、
フードやペットグッズなどを取り揃えております。
主な取扱商品はK9カート犬用車椅子、ウォークアバウト介護用歩行補助ハーネス、
床ずれ防止用介護マットホームナース、
犬用添え木、犬用保護ブーツ、ナックリング用ブーツ、靴、マナーベルト、
エリザベス・カラー、スリングなど。

ロゴ わんケア ロゴ サブタイトル


犬用車椅子や介護用品のへのお問い合わせ、車椅子サンプルの試乗については下記までお気軽に!
組み立てや調整もメールや電話でサポートします。
cs1@wancare.jp
/TEL 086-552-3050/営業時間10:00-17:00/定休日 土・日曜、祝日

わんケアについて わんケアについて 私とワンコの老犬生活 症状別 ケア知識とグッズ 会社概要 ご利用ガイド 商品一覧 愛犬の困ったQ&A    


2021年12月2日
 
k-9カート

k-9カート
★車椅子について、気になることや、サンプルの試乗についてお気軽にお問い合わせください!
cs1@wancare.jp
 
店長の部屋Plus+


[// :]


[// :]


[// :]

老犬介護の物語 犬用車椅子篇
犬用車椅子をマンガで
紹介します

足腰のケア
k9カート犬用車椅子
 ・K9カート犬用車椅子
 ・補助前輪パーツ
 ・後付前輪パーツ
 ・レンタル
介護用歩行補助ハーネス
犬介護用保護ブーツ
ラバーブーツ
ペットステップ
犬用ワゴン PGソフトカート バギー
 
オーナーグッズ
K9クーラーベッド
ライフバッグカジュアル
 
床ずれのケア
老犬介護用床ずれ防止マット ホームナース
犬介護用床ずれ防止ウェア
犬介護用床ずれ防止ウェア
 
排泄のケア
犬用マナーベルト
洗えるペットシーツ
犬用おむつ
 
体のケア
犬用エリザベスカラー トリムライン
ドライシャンプー
デリケートフィンガー
歯ブラシ
ペット用耳式体温計
 ・ペット用耳式体温計
 ・体温計+交換レンズ40枚
 ・交換レンズ40枚
 ・交換レンズ120枚
 
おすすめフード

アカナ
ドットわん

オリジン
ホリスティックレセピー
オーブンベイクド
 
老犬のイイ話
 
店長の部屋Plus+
日々是好日ミックス犬カブとの第2章
4月13日更新
 
店長の部屋Plus+
2013年4月28日
レオ君は18歳で永眠しました
 
老犬介護の知識あれこれ
老犬介護の知識ブログ 3/5
 
 
 
ブログ
 
■カレンダー

店舗へのお問合せは、下記の時間帯にお願いいたします

月曜~金曜10:00~17:00

土・日曜、祭日はお休みをいただいております。

▼ 2021年12月 ▼
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27

28

29 30 31  
           
▼ 2022年1月 ▼
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

…休業日

お問い合わせ先〒710-0261
岡山県倉敷市船穂町船穂5708
TEL.086-552-3050
(10:00-17:00)
cs1@wancare.jp

モバイル

QRコード

1万1000円以上で送料無料

メール会員募集中

犬 車椅子 犬 介護なら
老犬と介護の専門店わんケア


老犬介護の基礎知識 床ずれ トップ画像 

寝たきりになったワンコに起こる床ずれって?

 床ずれは皮膚の一部が壊死した状態のこと。長時間寝たきりで過ごしている犬の皮膚におきます。寝床と接している部分の皮膚が体の重みで圧迫され、血液の流れが悪くなるのが原因です。床ずれはの進行はとても早いものです。寝たきりになってしまったら、まず最初に床ずれの予防を考えましょう。

■寝たきりになったら、時々寝返りをうたせてあげて

 血行をよくするために、寝たきりのワンコは同じ姿勢をとらせ続けずにときどき寝返りをうたせて姿勢を整える介護が必要です。でも、頻繁な寝返りは大変。寝床の素材を工夫して少しでも簡単に介護できるようにしましょう。

■寝返りを打たせるときは、必ず体を起こしてから

 寝返りをさせるときに、寝かせたまま手足をもって回転させるのは厳禁。寝かせたまま寝返りをうたせると、重力の働きで正常な位置に収まっていた内臓の位置がずれてしまうことがあります。また、食道に溜まっていたものが逆流し、最悪の場合は気管に入って窒息する恐れがあります。寝返りは必ず一度起こしてから行うようにしましょう。

 

老犬ケアの基礎知識 床ずれの進行

スマホ