月間優良ショップ

メンズスーツ UNITED GOLD    

就活応援フェア

就活で失敗しないスーツの選び方

就職活動をする上で最初に必要なものがスーツです。
何色のスーツ?どんなスタイル? 就職活動で失敗しない、スーツの選び方と、
業界別着こなし対策をご案内します。

どんなスーツを選んだの?

何着用意しましたか

何着用意しましたか

スーツの価格帯は?

スーツは何着?

2つボタン

就活で使うスーツは最低2着購入をお勧めします。
これは、同じスーツを連続して着ると痛みやすく、劣化が早くなるためです。
また汚れや破れなどの不測の事態に対応するためにも、2着あれば安心です。

1着で、連日の面接に対応される就活生もいらっしゃいますが、半数以上の方が、スーツを2着用意されています。

1着では就職活動が進むにつれて、ヨレヨレになっていくし、いつ着る必要になるかわからないので、クリーニングにもすぐに出せません。
社会人になればスーツを着る機会は多いことも、2着購入の理由です。

黒と濃紺

スーツの基本カラーは、黒です。
冠婚葬祭全ての場で使え、現代の日本では最もフォーマルなものとされています。
就活においても、7割の方が黒いスーツを選ばれます。
また、業界によっては紺の方が誠実さをアピールできるため、2着目には紺を。
就活における「紺のスーツ」とは、黒に近い濃紺のものを選ぶと良いでしょう。

2つボタンスーツ

2つボタン

スーツの前ボタンの数は、リクルートスーツの場合、一般的に2つボタンを選ばれる方が多いです。
2つボタンは上1つだけ留めるのがルールです。
すべて留めるとシルエットがくずれてしまいます。
ポケットのフラップは、外へ出しましょう。

シャツは白が基本

2つボタン

シャツについては白が基本。白のシャツにはどんなネクタイ合います。
枚数は、洗濯の手間などを考えると3枚あると安心です。

スーツの着こなし術

スーツの着こなし

業界別就活コーディネイト

※あくまでも目安です。同じ業界でも社風によって、求められる人材は異なります。

業種別イメージ

リクルートスーツフェア
春夏新作スーツ特集
メンズ・ジャケット
ワイシャツ
フォーマル・礼服
スラックス
セレモニースーツ特集
ビジネスコート

アイテム一覧


このページのトップに戻る▲