【観葉植物】
海老名洋蘭園


観葉植物について

オフィスや病院の待合室、応接室の目隠し用やおしゃれなカフェなどに飾られている観葉植物。
飾るだけでインテリアに花ができ、緑のアクセントが部屋を明るく魅せてくれます。

観葉植物は見た目だけではなく、癒し効果や風水などを取り入れた運気アップなどいろいろとございます。
また、サイズも多種ありますので、今回はお勧めの観葉植物を風水などを交えてご案内いたします。

観葉植物人気ランキング

第一位、パキラ(ねじれ)

パキラ

当園で観葉植物の中で一番人気なのが、パキラ(ねじれ)別名カイエンナッツとなっております。
暑さに強く、日当たりを好むので、日当たりのよい所でよく育ちます。
花言葉は快活となっており、明るく生活していくことから入学祝いや開店祝いなどに用いられることがあります。
また、風水では、発財樹やmoney tree(マネーツリー)と言われ、財力を高める効果があるといわれています。
そのため、会社などのオフィスに飾られることが多い観葉植物となっております。

第二位、幸福の木 (ドラセナ)

幸せの樹(ドラセナ)

観葉植物の中でもかなり有名な幸福の木(ドラセナ・マッサンゲアナ)が当園では第二位となっております。
その名の通り、花言葉は幸せな恋、幸福などとなり、人気の所以となっております。
また、風水では、幸福の木は別名「ミリオンバブー」と言われ、その名にふさわしく幸福、運気アップとともに金運も呼び込んでくれるといわれております。
こちらの観葉植物は、おしゃれなカフェやショッピングモールなど人が集まる場所などに多い観葉植物となります。

第三位、ユッカ (青年の樹)

ユッカ (青年の樹)

続いての観葉植物は、ユッカ(青年の樹)となっております。
パキラの様に日当たりを好む観葉植物となっており、なるべく日の当たるところに置いてあげましょう。
花言葉は勇壮となっております。
また、風水では、ユッカは金運アップや邪気払い効果がある魅力的な観葉植物といわれており、 邪気払いなどから病院の待合室などに多く利用されていることがあります。

第四位、オーガスタ (ストレリチア)

オーガスタ (ストレリチア)

続いての観葉植物は、オーガスタ(ストレリチア・ニコライ)となっております。
日当たりを好む観葉植物ですので、年間を通して日当たりのよい場所で育てるとよく生育します。
花言葉は輝かしい未来、暖かい心となっており、また、風水では、オーガスタは葉が丸い植物のため、人間関係を豊かにすると言われております。
そのことから学校やオフィス内に利用されることが多い観葉植物となります。

第五位、ポトス (オウゴンカズラ)

ポトス (オウゴンカズラ)

薄日が差すような明るい日陰を好むので、年間を通じて室内の明るい所で育てます。
あまり暗いと斑入りの品種は、斑が少なくなってしまうので注意してください。
花言葉は、永遠の富、華やかな明るさとなっており、また、風水:パワーをもらえ、自己を活性化、心身の活性化をしてくれると言われています。
そのことから、会社やご自宅用としてご利用いただくことが多い観葉植物となっております。

第六位、カポック (シェフレラ)

カポック (シェフレラ)

日当たを好むので、日当たりのよい所で育てますが、耐陰性があるので明るい日陰でも育てることができます。
花言葉はとても真面目、実直など少し硬めな内容が多い観葉植物となっております。
また、風水では、理解力を促進するという意味があり、人間関係に良いといわれており、 真面目さと人間関係から、学校の職員室や会社の会議室などで良くご利用いただく観葉植物となっております。

第六位、カポック (シェフレラ)

カポック (シェフレラ)

第七位、サンスベリア、トラノオ(虎の尾) 日当たりのよい所を好みます。耐陰性があるので明るい日陰でも育ちますが、できるだけ日光に当てましょう。
花言葉は永久、不滅となっており、また風水ではサンセベリアは風水的に魔除け・厄除けと言われております。
また、花言葉が永久、不滅から結婚祝いとして贈ることが多い観葉植物となっております。



観葉植物の育て方

水やりについて

水の量について
土の表面が乾いて白くなったら(分かりにくい場合は手で触ってご確認ください)、鉢のそこから水が流れ出るくらい並々と水を与えます。 (受け皿には水をためないように注意してください) また、冬場は水をやりすぎると下部が弱りやすいので、目安はコップ1~2杯程度のぬるま湯をあげてください。 ※土が常に湿っていると酸素不足になって根腐れを起こしてしまいます。
水やりの頻度について
夏の生育期には週に1回程度、冬場は2~3週間に1回程度水やりをします。 (土の乾き具合により回数は増減させてください)

水やり

環境について

ほとんどの観葉植物は熱帯性の植物の為、最適温度は約20~25℃位となります。
クーラーやヒーターをつける場合、風が直接葉などに当たると、株が弱って葉が落ちてしまう原因となりますので注意してください。
尚、植物は冬場などの寒い環境に弱い為、室内でも夜間など気温が下がる場合は、暖房器具などで保温してあげてください。
※なるべく昼夜で温度変化が少ない場所が理想的です。

環境

植え替えについて

観葉植物が生長し鉢が小さくなると、根詰まりがおこり十分な水や養分を吸収できなくなったり、鉢が不安定になって倒れやすくなってしまいます。
生長に合わせて鉢の植え替えをおすすめ致します。植え替えの時期は観葉植物の生育が活発な5~6月、遅くとも夏の間に行ってください。株の負担を少なくするために、日陰で作業して植え替え後1~2週間は半日陰で管理してください。

植え替え
水やり

観賞について

設置場所について
直射日光に当てると葉が焼けてしまう原因となりますので、レースカーテン越しの窓際などでご観賞ください。耐陰性のある植物は、玄関・キッチン・洗面所など薄暗いところでも観賞できます。
植物の移動について
基本は動かさず同じ場所に置いてください。
植物は生き物なので環境が変わるとストレスを受け元気がなくなってしまうことがあります。
また、暗い場所で観賞していた植物を急に明るいところに移動すると、弱い光でも葉が焼けてしまうことがあります。
移動の際は徐々に順応させてあげてください。
葉の傾きについて
植物は光の方向に伸びる性質(屈光性)を持ちます。一方向に光が当っていると、光の方向に幹や枝や葉が伸びてしまい、偏った形になりことがあります。
※鉢を時々回し、バランスよく光を当ててあげてください。

鑑賞

肥料について

観葉植物の成長する時期(4月~9月頃)に、市販の家庭園芸用肥料を処方どおりに与えてください。※生育期(4月~9月)以外の時期は肥料を与えないようにしてください。

肥料

葉の色について

葉が茶色くなってきたら、見た目も悪くなり、必要な栄養分が無駄になります。
根元から切ってあげて下さい。葉先だけなら元の葉の形のように、茶色い部分だけ斜めにカットして見た目を整えてあげてください。



スタンド花価格から選ぶ

スタンダード1段
スタンダード2段
木製スタンド
バスケットタイプ
バラの花束

当店おすすめアイテム

st15000
st10000-ws
select15000-ws
st15000-2
st20000-2
st-bsk-10000

service menu

スタンド花について
ライブや公演に贈る
会場一覧
坂道グループに贈る
夜のお店へのお花の贈り方
観葉植物の育て方
お供え花
配達可能エリアについて
領収書について
立札の書き方について
設置回収について
メルマガ登録
胡蝶蘭専門 海老名洋蘭園

ショップ カレンダー

---営業時間---

9:00~12:00

13:00~17:00

は定休日となりますす

は配送指定不可日となります

(日曜日着のお届けは承っておりません)

土曜・日曜日定休日となりま。
(繁忙期を除く)

金曜日の15時以降のご注文お問合せは
翌営業日の返信となります

TOPへ