身分証について

Q. どうして身分証の提示が必要なの?

ご本人様確認として提示していただいております。

Q. どうして本人確認が必要なの?

店頭のレンタルと違ってネット上でのレンタルですので、直接お客様の顔を見てご対応が出来ません。ご注文者様と記載された情報が同一であるかどうかの確認としてご本人様確認を行っております。また、レンタルという特殊な業務体系のためお客様の情報のご提示もお願いしております。

この過程を面倒に感じる方もいるかもしれませんし、個人情報を提示することに不安を感じる方もいるかもしれませんが、弊社では『ISO27001』を取得しており、スタッフ一同、お客様の情報について最大かつ細心の注意を払っております。もちろん確認以外では使用しませんのでご安心下さい。

※なお、個人情報に関する条項をレンタル約款に設けております。詳しくは下記をご覧ください。

レンタル約款 個人情報に関する条項

Q. 本人確認に必要な身分証は?

STEP3

Q. なぜ運転免許証と保険証なの?

【 運転免許証 】

・顔写真がついている

・氏名、生年月日、印字された住所の記載がある

・公的機関が発行している

・有効期限がある(3・4・5年間)

【 保険証 】

・氏名、生年月日、印字された住所の記載がある(住所:国保のみ)

・有効期限がある(国保・一部社会保険証のみ)

・資格取得年月日(交付日)記載がある

※保険証のみでは交付日から月日が経過していたり、印字された住所の記載がないものなど表記内容が異なっているため、弊社では上記の証明書を『身分証』としております。

上記以外の証明書類では弊社審査基準によりレンタルをお受けできません。

◆パスポート

◆住民基本台帳カード など

<主な理由>

・現住所等の記載はされておらず、自書するのみとなっているため

・有効期限が長く、現住所の確認が難しいため

・顔写真がない  など

マイナンバー通知カードについて

マイナンバーが記載された紙製の「通知カード」は、マイナンバーとともに 氏名、住所、生年月日及び性別が記載されておりますが、 本来、マイナンバーの本人への通知及びマイナンバーの確認のために発行されるものです。 したがって、レンタルショップ等での一般的な本人確認の場面では、 通知カードを本人確認書類(身分証明書)として使用することはできません。

STEP3

身分を偽ってレンタルをしたり、返却がないケースがございます。
そのためご本人確認には慎重にならざるを得ない実情があることをご理解ください。

STEP3

ページトップへ