カビ・蒸れ・臭い・雨対策特集

「気付いたらカビが生えていた」「足が臭い」対策、「雨の季節のお役立ちアイテム」を特集しました。

スタッフの革靴がカビてしまったので、お手入れをしました

 1.カビ用のクリーナーで、カビを落とす

お手入れの注意点

ブラシや布で先にカビを落とすと広がってしまいますので、直接カビ用のクリーナーをいらない布やスポンジに付けてそっと、拭うように落として下さい。

ただし、カビがひどい場合は、ブラシや布でカビを落としてからの作業となります。

※その際に使用したブラシや布は使用後に捨てて下さい。
※水で湿った雑巾などでふかないで下さい。カビに湿気を与えてしまいます。

カビ取り&クリーナー
756円(税込)
バッグツヤ革起毛
カビや汚れをとり、再発生を防ぐ。起毛革にも使用可

レザーマスター モルドキラー
5,400円(税込・送料無料)
バッグツヤ革
ガスの発生や刺激臭が少ない泡立てタイプのクリーナー

コロニル ライニガー
1,620円(税込)
バッグツヤ革
軽いカビや汚れ等に。速乾性なのでデリケート革も使用可

カビがひどい場合は、2,3度繰り返します。但し、いずれの商品も、深く根付いたカビは写真のように痕が残ります。

 2.クリーナーで、通常のお手入れ同様の手順にて、残った溶剤や汚れを落とす

クリーナーを使って、残っている溶剤や汚れを落とします。防カビ、除菌剤を配合しているクリーナーを使うと今後のカビ対策としても有効です。

ジュエル アルコット デリケートレザー用ソフトクリーナー 648円(税込)
バッグツヤ革
防カビ、除菌剤配合。デリケート素材やバッグ革小物にも使えます。

ヴィオラ 一般革靴用強力クリーナー 432円(税込)
ツヤ革
防カビ、除菌剤配合。泥、油、古い靴クリーム等を強力に落とします。

ヴィオラ サンダル&靴の中クリーナー 540円(税込)
ツヤ革
靴の中も忘れずに汚れを落として下さい。サンダルミュールの内側にも。

 3.靴クリーム等で保革やツヤ出しをします。靴の場合バッグの場合はこちら→

靴の場合、バッグの場合のそれぞれの通常のお手入れをして下さい。ツヤ革の靴の場合は靴クリームを、起毛革の場合は保革成分の入ったスプレーをお使い下さい。

ヴィオラ シュークリーム
864円(税込)
ツヤ革
伸びが良く、しっとりとした光沢と優れた防水力を与えるリッチな靴クリーム

コロニル1909 シュプリーム プロテクトスプレー 2,160円(税込)
バッグツヤ革起毛
栄養成分の入った防水スプレー。起毛革、ツヤ革どちらにもお使い頂けます。

サフィール ノワール クレム 2,160円(税込)
ツヤ革
靴に陰影を生み出し、豊かな表情を創り上げるサフィール上級ラインの靴クリーム

 3.保革クリームをつけて磨きます。バッグの場合靴の場合はこちら→

バッグの場合は、クリーナーの使用までは、上記靴のお手入れと同様です。カビを落とした後は、バッグにも使用できる保革クリームやスプレーを使います。

コロニル1909 シュプリーム クリームデラックス 3,024円(税込)
バッグツヤのある革
ツヤのある革にはこちら

サフィール デリケートクリーム 1,080円(税込)
バッグツヤのない革
ツヤのない革にはこちら

コロニル1909 シュプリーム プロテクトスプレー 2,160円(税込)
バッグツヤ革起毛
ツヤ革、起毛革にも使えます


今後、カビを生やさないためには?

カビの好む湿気と栄養をストップ!!

1.帰宅後すぐに除菌消臭スプレー

2.普段の保管時にはシューキーパーや除湿剤を入れておく。

3.靴箱にしまうのは、最低48時間おいてから。

4.長期保管の前には、必ず一通りお手入れをしてから、しまうこと。 (※上記Step2の防カビ効果の高いクリーナーの使用が効果的

ヴィオラ デオドラントスプレー
ワニくん家族

夏のおすすめアイテム

夏の暑さ、足のムレ・におい対策に

ムレ対策に、使い捨て出来る紙タイプのインソールが人気です。足をさわやかに保つ除菌消臭スプレーは持ち歩きできるタイプのものもあります。

 使い捨て出来るインソール

使い捨てタイプ! いつも清潔な紙製中敷!脱臭・吸汗・刺激効果にすぐれ、波形加工が足のツボを刺激。足元さらさらです。 銀イオン系抗菌剤を配合したKタイプ、 毎日取り替えるOタイプ、の2種類。

アシート Oタイプ10足入(抗菌タイプ)

アシート Kタイプ25足入(ソフトタイプ)

 除菌消臭スプレー

医療現場で使用されている除菌剤配合のヴィオラ デオドラントスプレー、持ち歩きもしやすいシューリフレッシュウォーターが人気です。

ヴィオラ デオドラントスプレー

シューリフレッシュウォーター


突然の雨対策に

突然雨が降ってきても慌てないように、雨季はあらかじめ防水スプレーをかけておくのも手です。滑りやすい駅やコンコースのタイル対策に、靴裏に貼る滑り止めや湿った靴の乾燥剤もこの季節に人気です。

 防水スプレー

出かける直前ではなく、少なくとも30分ぐらい前や前の晩のうちにかけておいて下さい。30cmほど離してふんわりとかけて下さい。乾いたら2,3度繰り返すと効果が高くなります。

ヴィオラ 防水スプレー

コロニル ウォーターストップスプレー

 滑り止め

駅のタイルやコンコースは雨で湿っていると滑りやすくなります。滑りやすいレザーインソールに滑り止めを貼ることで、グリップをよくします。

サムティアス プロテクトグリッパーくん 紳士用

サムティアス プロテクトグリッパーくん 婦人用


この季節に、よく頂くご質問

ヴィオラ防水スプレーは、傘に使っても良いですか?

結論から申し上げますと、雨傘へのご使用は可能です。但し、一般的な布用の防水スプレーよりはコスト的に高くなってしまいます・・・ 革用防水スプレーはスキーウエアなどに使用する一般的な布用防水スプレーよりも高価な溶剤を使用しておりますので、価格がかなり高くなります。

紳士傘の場合、1本1,200円(税抜)の180ml缶なら、1~2本使う必要があります。布用防水スプレーでしたら、同じ容量を使っても、ずっと安く済みます。

ですので、お急ぎでないなら、傘には布用をお使い頂くことをおすすめします。 ただ、もしお手元にこの革用防水スプレーしかなく、どうしても今日、すぐに使う必要があるのなら、コストの点だけご理解頂ければ、使って頂くことに問題はございません。


お使い頂く上での注意点
      ・傘全体に満遍なくかけて下さい。:一部だけにかけるとシミになることがあります。
      ・スプレー缶をよく振ってから約25cm離してご使用下さい。:近くからかけるとシミになることがあります。
      ・傘のように大きいものへの使用で、25cm離しての使用ですと、溶剤が相当飛びます。吸い込んでしまうと”大変”危険ですので、風向きに注意しながら必ず屋外で行って下さい。

足が臭いとは思わないのですが、除菌・消臭スプレーを使った方がいいでしょうか?

靴の中には表皮ブドウ球菌等の様々な菌が多数存在しています。 疲れて体の免疫力が落ちている時などに、こういった菌が足表面のごく小さな傷から入り込むとひどく化膿するような事態も起こりえます。

菌は帰宅後、靴を脱いだ後に繁殖します。脱いですぐに除菌・消臭スプレーをすると菌はほぼ完全に死滅しますが、除菌せずにそのまま放置すると、翌朝、靴の中は脱いだ直後よりもずっと菌が増殖している状態です。

「靴内の衛生環境を保つ」という観点から考えても、ぜひ、帰宅後すぐに除菌・消臭スプレーを使う習慣をおすすめします。

突然の大雨で靴の中までびっしょり濡れてしまいました。帰宅後のケアの手順は?※ビジネスシューズの場合

1. 靴の表面の水分をいらない布などで、なるべく拭い取ります。(こすらないこと)

2. 新聞紙を丸めて、靴の中に入れます。濡れのひどい甲の部分にはやや多めに詰めます。但し、革に負担がかかるほど、ぎゅうぎゅうに詰めるのは避けて下さい。丸めたものをさらにペーパータオルにくるんでから詰めると、インク汚れ対策となります。

3. 1時間~1時間半程度そのまま置き、新しい新聞紙に詰め替えます。(「ワニくん家族」、「ほしものびより」などの靴用除湿剤でも可) ※最初の新聞紙をそのまま詰めっぱなしにせず、途中で詰め替えると早く乾きます。

4.おおむね乾いた後は、型崩れを直すためにシューキーパーを入れてさらに1日程度置きます。

5.完全に乾いた後に、クリーナーやクリームを使って通常のお手入れをします。お手入れの仕上げに防水スプレーをしておくと万全です。最後に再びシューキーパーを入れて、形を整えておきます。

厳禁事項

      何もせず、そのまま放置し乾かす→×
      ドライヤーなどで急激に乾かす→×