敬老の日 フラワーギフト 人気ギフトPICK UP
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
敬老の日のプレゼント定番のスイーツや和菓ギフト、花とのセットも人気です!
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
敬老の日ギフト ジャンルから探す
 
敬老の日プレゼント 花とスイーツセット   敬老の日プレゼント 和菓子・スイーツ   敬老の日プレゼント 盆栽
 
敬老の日プレゼント  鉢植え   敬老の日プレゼント プリザーブドフラワー   敬老の日プレゼント アレンジメント・花束
 
敬老の日プレゼント ムーミン   敬老の日プレゼント 雑貨   敬老の日プレゼント アニマル・キャラクター
 
敬老の日プレゼント シャボン・アーティフィシャルフラワー   敬老の日プレゼント その他グルメ    
敬老の日プレゼント 予算別に探す
敬老の日 スイーツギフト
敬老の日 スイーツギフト 2,000円~ 敬老の日 スイーツギフト 3,000円~3,999円 敬老の日 スイーツギフト 4,000円~
敬老の日ギフト 特集で探す
敬老の日 楽天ランキング入賞!売れ筋ギフト   敬老の日 レビュー高評価から探す
 
敬老の日 今年売れてる   敬老の日 送料無料ギフト


>数量限定!本日クーポン配布中!クーポン取得はこちらから<


敬老の日コラム

★今年の敬老の日はいつ?

「敬老の日って誰に何をするのかわからない…」「おじいちゃん、おばあちゃんに何を贈ったら良いのか分からない…」なんて思っているうちに気が付いたら敬老の日が過ぎていた、なんて方も多いのではないでしょうか。
敬老の日は国民の祝日の一つで、毎年9月の第3月曜日と定められています。

2022年の敬老の日は9月19日(月)です!

渡し忘れてしまった!ということがないように、事前に準備しましょう。

★敬老の日の由来

そもそも敬老の日とは、国民の祝日に関する法律(祝日法)にて「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日を敬老の日と定められています。
長い間、社会の為につくしてきた高齢者の方を敬い、長寿を祝うとともに、高齢者の福祉について関心を深め、高齢者の方の生活の向上を図ろうという気持ちが込められています。この敬老の日は、地域の高齢者の方をいたわり励ます行事や、高齢者の方に対し周囲の人たちの「敬老」に感謝する行事が全国的に行われ、家庭でも父母、祖父母の長寿をお祝いするようです。

敬老の日の起源は正確にはわかっていませんが、言い伝えによるとかなり古くから存在していました。1つは聖徳太子が身よりのない老人や病人、貧しい人たち救うための施設を開いた日にちなんで制定されたという説。もう1つは、元正天皇が717年に年号を「養老」とし、養老の滝に御幸した日、または高齢者に贈り物をした日であるという説が有名です。

現在の敬老の日の由来は1947年兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町)の門脇政夫村長が提唱した「としよりの日」が始まりとされています。当時、村では「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という主旨のもと、1947年から農閑期に当り気候も良い9月中旬の15日を「としよりの日」と定め、敬老会を開くようになりました。
やがて「国民の祝日法」が改正されることとなった1966年、現在の「敬老の日」と名称が改められました。その後、2001年(平成13年)にハッピーマンデー制度の施行に伴い、日程の変更が生じ、それまで定着していた「9月15日」から、「9月の第3月曜日」への移行しました。

★敬老の日を英語で言うと?

敬老の日は英語で【Respect-for-the-Aged Day】と言います。
アメリカには母の日、父の日と並び、祖父母の日(National Grandparent’s Day)があります。
またフランスやカナダ、オーストラリアや中国など多くの国で同様の日があります。
さらに、国連により国際高齢者デー(International Day of Older Persons)という地球規模での敬老の日も制定されており、日本だけでなく世界中で高齢の方を敬う習慣があります。

★敬老の日のおすすめプレゼント

敬老の日をもっと特別な日にするために、日ごろの感謝の気持ちを形にして送りましょう!
敬老の日に人気のギフトはプリザーブドフラワーや鉢花(鉢植え)などのお花ギフトとスイーツがセットのもの、和菓子・洋菓子などのスイーツギフトがとっても人気です!
また、送る相手に合わせてエプロンやお茶碗などの雑貨を選ぶのもオススメ。

おいもやでも、長寿の象徴のふくろうがモチーフのプリザーブドフラワーや生花のアレンジメント、好きな色やお菓子を選ぶことができるりんどうやカランコエの鉢植えが人気です!
ご予算や、贈る相手によって選べるのは、嬉しいですよね♪

★敬老の日のマナー

敬老の日をお祝いする対象は特に決まっていません。60歳以上が一般的と言われていますが、50代のお孫さんがいる方も、おじいちゃん・おばあちゃんとしてお祝いしてはいかがでしょうか?
まだ、高齢者といえるほど、年齢を重ねていない方でも、お子さんやお孫さんからお祝いされることを嬉しく思ってくれるでしょう。
50代、60代、70代、80代、90代など幅広い年齢の方が対象になるため、相手にあったプレゼントを探してみて下さいね♪

また、「縁起の悪いもの」はプレゼントとして贈るのを避けるべきでしょう。敬老の日のギフトを選ぶ際には、相手を不快にさせないようなものを選びましょう。