モモン・ウールー(moment heureux) > APROZ(アプロス)

APROZ(アプロス)

APROZ(アプロス) 企画から出荷まで、ひとつひとつに責任をもって、日本で作っています。

昔ながらの小さな工場が残る職人の街、荒川。のんびり走る都電を見下ろす昔ながらの工場。APROZ(アプロス)の照明はここでつくられています。日本の職人でなければできない加工、そしてその技術や特性を活かした設計・デザインを自社にて一貫して行うこと。そこには“ひとつひとつに心と責任を込めて”という想いがあります。実直なクラフトマンシップから生まれた照明が家族や友人が集まる空間を暖かく包み込む、わたしたちの製品がそんな「あかり」となることを願っています。

APROZでは、全ての工程を一貫して自社にて行っています。

これにより設計・デザインの柔軟性や細部までの品質の維持・管理など、様々な制限にとらわれることなく、またひとつひとつの製品に責任をもってつくりあげることができます。生産から出荷まで一元管理できることを活かし通常は分業工程や在庫管理の要因により難しくなってしまう様な少量製品の企画、カラー展開の豊富さなども可能にしています。

APROZ(アプロス)

素材がもつ雰囲気や性質を大切にした、日本の住空間に素直に溶けこむデザイン。

そのバックグラウンドには、金属加工・塗装工場として培ってきたノウハウや日本の職人でなければ難しい特有の木材加工技術が活かされており、加工技術によってはそれ自体が持つ固有の魅力を元に企画されデザインを考案するといったアプローチも行われます。デザインと技術双方の密接な距離感。そういった環境もAPROZ(アプロス)の特徴でありものづくりの上で欠かせない要素となっています。

APROZ 【アプロス】の名前の由来:最初[A]から最後[Z]まで[PRO]として実直に。