目次
お風呂掃除グッズ特集

お風呂掃除グッズ特集

めんどくさい…と思ってしまいがちなお風呂掃除。
でも、溜まった汚れをまとめて掃除するより、日々少しずつ掃除する方がず~っとラクですよ!
カビや水垢などの汚れは体にもよくありません。
身も心もリフレッシュできるピカピカのお風呂を保ちましょう。


掃除用具を探す

ハンディブラシ

場所に合わせて使い分け!ハンディブラシ

グッと力を込めやすく、しつこい汚れもしっかりこすり落とすブラシ。
壁、床などのタイルにはハードタイプ、浴槽など傷つきやすい場所にはソフトタイプを使いましょう。

風呂ふた用ブラシ


柄付きブラシ

楽にこすり洗いできる!柄付きブラシ

お風呂の床や壁など、かがんだり、無理な姿勢にならなくてもこすり洗いできる柄付きブラシ。
手の届きにくい高い壁まで届いて、しっかり洗えます。

ハンディスポンジ

毎日の軽い洗いに!ハンディスポンジ

浴槽はもちろん、床や壁など、気になるところを気づいたときにサッと洗うのに便利。
壁、床などのタイルにはハードタイプ、浴槽など傷つきやすい場所にはソフトタイプを使いましょう。

柄付きスポンジ

傷を付けにくい!柄付きスポンジ

浴槽はもちろん、壁や床も、しっかりフィットして洗いやすい柄付きのスポンジ。
ソフトな当たりで傷を付けにくいので、安心して掃除ができます。

天井クリーナー

ラクラク届いて洗う!天井クリーナー

天井は手が届かないので、ついつい掃除も億劫になってしまいがち。
天井にも届くロングなブラシでこまめに掃除して、カビ菌が降るのを防ぎましょう。

鏡のうろこ取り

いつもピカピカに!鏡のうろこ取り

いや~な鏡のうろこ汚れをスッキリ落とす便利なアイテム。
きれいになったら、毎日鏡の水気を切って汚れを予防することも大事です。

お風呂用洗剤

汚れをスッキリ落とす!お風呂用洗剤

こすり洗いだけでは落ちない湯垢汚れなどに。
年末の大掃除など、汚れをしっかりまとめて落としたいときにもおすすめです。

カビ取り

しつこい黒カビにも!カビ取り

パッキンなどにこびりついてしまった頑固な黒カビ。
もう落とせないかも…と思っている汚れも、カビ取り剤を使えば落とせるかもしれません。

排水口ネット

詰まりを防止!排水口ネット

排水溝の詰まりの原因にもなる、髪の毛やゴミを流さない!
排水口の上に置くだけで、髪の毛やゴミをキャッチして、カンタンに捨てられます。

湯アカすくい

浴槽のゴミをキャッチ!湯アカすくい

浴槽に浮いたゴミや、ホコリ、アカ、髪の毛をすくい取れるネット。
いつでも手の届くところに置いておいて、使いたいときにサッと使えるように。

細かな汚れ落とし

専用ブラシできれいに!細かな汚れ落とし

溝やすき間など、見逃しがちなところにも、汚れは溜まっていきます。
大きなブラシが届かないところは、小さなブラシや専用ブラシでラクに掃除できます。

浴室用ブーツ

足を濡らさない!浴室用ブーツ

お風呂掃除をするとき、足が濡れてしまうのが気になる方に。
耐水性の素材でできているので、シャワーの水がかかっても染み込みません。


浴槽を掃除したい!

浴槽を掃除したい!

浴槽は材質によって傷つきやすいものもあるため、ソフトなブラシで洗うのがおすすめ。
浴槽の汚れは、入浴後、まだお湯のぬくもりが残っているうちに洗うと効果的です。
お風呂上りに、お湯を抜きながらシャワーで流し、スポンジやブラシで洗いましょう。
浴槽掃除のポイント
浴槽掃除のポイント
  • 浴槽を傷つけないソフトな素材で
  • お湯のぬくもりが残っている間に
  • 汚れの残りやすい四隅を重点的に
  • 毎日湯上りに数分の掃除でキレイを保つ

浴槽の掃除に便利なアイテム


天井を掃除したい!

天井を掃除したい!

天井はお風呂掃除でもっとも重要な箇所です。
天井を綺麗にしないとカビ胞子が降り、どんなに掃除しても壁や床にカビが生えてしまいます。
スプレータイプの洗剤やカビ取り剤は、そのまま使うと垂れてきて自分にかかってしまうので、柄の長いスポンジに含ませてこすりましょう。
天井掃除のポイント
天井掃除のポイント
  • 洗剤は柄付きのスポンジを使って
  • 垂れてくる水滴に注意
  • 風呂イスに乗るのは危険なので避ける
  • 最後に水滴をぬぐって乾燥させる

天井の掃除に便利なアイテム


壁・床・蛇口周りを掃除したい!

壁・床・蛇口周りを掃除したい!

壁や床、蛇口の汚れは水道水に含まれるカルシウムやケイ酸に石鹸カスや皮脂などが混ざったもの。
すき間やタイルの目地などに汚れが入り込みやすいので、すみずみまで洗いましょう。
壁・床・蛇口周りの掃除のポイント
壁・床・蛇口周りの掃除のポイント
  • タイルの目地など見落とさず洗う
  • 毎日、体を洗うついでに掃除すると楽
  • 頑固な汚れには洗剤やクエン酸を

壁・床・蛇口周りの掃除に便利なアイテム


鏡を掃除したい!

鏡を掃除したい!

お風呂の鏡の垢の正体は、水道水中に溶けているカルシウムやマグネシウムなどの金属イオンが蒸発したときにできたカルシウムがこびり付いたものです。
クエン酸などの塗布が効果的ですが、頑固な汚れには研磨パッドなどを使いましょう。
毎日お風呂から上がるときに水気を取っておくと、予防もできます。
鏡掃除のポイント
鏡掃除のポイント
  • 毎日お風呂上りに水切りを欠かさず
  • コーティングしておけばお手入れが楽
  • 鏡を傷つけないよう注意

鏡の掃除に便利なアイテム


排水口を掃除したい!

排水口を掃除したい!

排水口に髪の毛やゴミが流れてしまうと、詰まりや故障の原因にも。
ストッパーやネットでゴミが流れるのを防いで、毎日サッとまとめて捨ててしまいましょう。
排水口掃除のポイント
排水口掃除のポイント
  • ストッパーでゴミが流れるのを防止
  • 溜まった汚れは重曹を使って落とす
  • 細かな汚れは小さなブラシで

排水口の掃除に便利なアイテム


風呂ふたを掃除したい!

風呂ふたを掃除したい!

風呂ふたも、気を抜いていると汚れが溜まったりカビが生えやすい場所。
くるくる巻いて収納するシャッタータイプの風呂ふたは、特に溝部分に汚れが溜まりやすいので注意。
ブラシやスポンジで洗い、広げて立てて乾かしておきましょう。
風呂ふた掃除のポイント
風呂ふた掃除のポイント
  • 溝に溜まった汚れを重点的に
  • 専用ブラシを使うと便利
  • 洗った後は立てて乾かしておく

風呂ふたの掃除に便利なアイテム


溝・隙間・目詰まりを掃除したい!

溝・隙間・目詰まりを掃除したい!

シャワーヘッドの穴の詰まりや、大きなブラシでは洗いきれない溝、隙間など。
見逃してしまいがちな細かな場所もきれいに掃除しましょう。
シャワーの出が悪かったり、水の出る方向がおかしい場合は、穴が詰まっている可能性が高いです。
溝・隙間・目詰まり掃除のポイント
溝・隙間・目詰まり掃除のポイント
  • 小さなブラシや専用ブラシが便利
  • 酸性の洗剤やクエン酸なども活用

溝・隙間・目詰まりの掃除に便利なアイテム


お風呂の汚れといえば、湯垢、水垢、赤カビ、黒カビ、石鹸カス……。
鏡につくウロコ状の汚れも気になりますよね。
「お風呂の掃除」とひとくくりにせず、汚れの性質に合わせたお掃除方法でスッキリしませんか?
洗剤の選び方
お風呂掃除にも欠かせない、洗剤の選び方
汚れの種類や掃除をしたい場所によって、使う洗剤も変わります。よく使う洗剤からナチュラル洗剤、プロ用洗剤まで種類もいろいろ。
「掃除道具はあるから、洗剤を変えたい!」という方はぜひご確認ください。

湯垢汚れを落とす

浴槽の内側につきやすい、湯垢汚れ。ブラシやスポンジでこすったり、腰が痛くなったり、大変ですよね。
湯垢と水垢は、似ているようで性質はまったく違うものです。「酸性」タイプの湯垢には、アルカリ性の性質を持った洗剤を使うと良いですよ。

水垢、石鹸カスを落とす

蛇口周りなどの水垢や石鹸カスは、湯垢と真逆の「アルカリ性」タイプ。湯垢と一緒に落とそうとしてもなかなか落ちないのは、洗剤が合っていないのかも。
酸性の性質をもった洗剤を使うとラクに落とせますが、酸性、アルカリ性などの性質を持つ洗剤は一緒に使うと危険です。両方のお掃除をしたい時は、1つずつ、時間を分けてしっかり換気をしてから行いましょう。

カビを落とす、カビを防ぐ

お風呂場によく発生する、ピンク色のカビや黒いカビ。それぞれ、違う菌から発生するカビで性質や落とし方は異なります。
石鹸カスなどに発生しやすいピンク色の「赤カビ」は比較的落としやすいですが、放っておくと「黒カビ」の栄養源となって、より落としにくい頑固なものになります。また、黒カビは喘息やアレルギーなどの原因になることも。
湿度の高い浴室はカビにとって快適そのもの!増えすぎる前にこまめに掃除しましょう。

鏡のウロコ汚れを落とす

湿度の高い浴室では、曇りやすく水も付きやすい鏡。気が付くと鏡にはウロコ状の汚れができていたりしますよね。
その正体は水垢や石鹸カスです。でも、鏡は傷つきやすいしごしごし洗うのも怖い…。拭いても拭いてもすぐ元通り!と嫌になってしまいがち。
鏡を掃除した後は、しっかり仕上げ拭きまでして水分を残さないようにしましょう!

その他バス用品を見る


オススメの特集

おすすめの特集一覧はコチラ

ページTOPへ戻る

戻る

ページトップ