お歳暮特集
お歳暮特集

お歳暮に和菓子の贈り物

本わらび餅や日持ちするお菓子。一年の感謝の気持ちを贈るギフト

【送料込み】お歳暮セット「舞」4,027円
内容量:本わらび餅250g(約7~8切れ)、栗まんじゅう天上天鼓2個、栗もなか天楽2個
わらび餅

何度贈っても喜ばれるぷるぷるの本わらび餅

何度贈っても喜ばれる
ぷるぷるの本わらび餅

栗上用まんじゅう

栗まんじゅう、もなか、かすてらなど

日持ちするお菓子

常温保管で日持ちするので受け取り側も安心。

常温保管で日持ちするので
受け取り側も安心。

価格別ギフト

「本わらび餅」
御歳暮に複数購入しました。相手先から大変美味しいです!と連絡が着ました!わらび餅はいろんなショップで販売されてますが京みずはさんのは上品で大変喜ばれますね!

「栗もなか天楽」
粒餡がたっぷり入っていて、大きな栗がゴロンと一つ。手のひらサイズなのにものすごく満足感があります。

「栗上用まんじゅう天上天鼓」
こし餡が滑らかでさっぱりとしていて栗も大きく、いくらでも食べられそうでした。皮ももっちりしっとりとしていました。

 

安心のサービス体制

包装について

当店オリジナル包装紙に、ご希望の熨斗をギフト菓子にお付けいたします。
熨斗は「外のし」でご用意させて頂きます。

お届け日時指定

必ずお届け先のお受け取りにご都合が良い日時の確認をお願い申し上げます。

手提げ袋

基本的に手提げ袋はお付けしておりませんので、ご希望の場合はご注文の際に備考欄にて「手提げ袋●●枚希望」とご記入ください。

お歳暮の時期等

●お歳暮について

お歳暮はお正月にご先祖さまへのお供え物として、新年に向け福を呼び込むために贈られてきました。 それが時代を経て、親や親戚、お得意様、会社や職場などでお世話になった方にもお歳暮を贈る習慣が定着していきました。


●贈る時期

お歳暮は、12月13日から12月20日の間に贈る物でしたが、近年では 東日本は11月下旬~12月20日ごろ、 西日本は12月初旬~12月20日ごろまでに贈る方が増えてきました。 年末は忙しい時期でもありますので、遅くても12月20日までには届くように準備しましょう。

お歳暮が遅れてしまった場合は、東日本では松の内の1月7日までに、西日本では1月15日までに、のし紙の表書きを「御年賀」に変えて贈ると良いでしょう。


●金額の相場

お歳暮の予算は3,000~5,000円が一般的です。 特にお世話になった方へは、来年もよろしくお願いしますという気持ちも込めて、2~3割ほど金額を多めにする方もいらっしゃるようです。 感謝の気持ちを表す贈りものなので、必要に応じて金額を設定しましょう。