久留米織 - 久留米・筑後地区の歴史ある織物 -

「久留米織」は久留米縞織という明治から始まった機械織がルーツとわれています。均一に染まった糸を配列して縞柄や格子柄を作ったり、また、ドビー織という織機の枠わくを操作し複雑な織り方で柄をつくっていきます。緯糸を自由な本数で織ることができ、1m以上ある幅広い生地であるのも特徴です。色落ちがほとんどなく堅牢に染められた糸は色鮮やかに染まっています。模様を作る複雑な設計図は熟練が必要とされ、生地ができるまでの工程は 紡績 - 撚り - 糸染め - 整経 - 引込み - 機上げ - 製織 - 整理加工 と数多くの工程を経て、他産地にはない色合いや柄を作ることができます。

初めてのお客様

SHOPPING GUIDE

ランキング

RNAKING