でらスタ 2021/22秋冬
サンプル画像1

当店のバイヤーが選ぶ 2021/22 この秋冬はコレを買おう「ベスト3」メンズファッション編


当店メインバイヤーの林が選んだ、この秋はこのアイテムを買っちゃおう!というベスト3アイテムをご紹介させていただきます。


サンプル画像1
目次
1. ブラックカラーのコーデュロイパンツ
初めに、なぜ黒のコーデュロイパンツがお勧めなのかを2点にまとめてみました。


1. ブラックはコーデを引き締める色
2. 季節感をカジュアルさを演出するコーデュロイ


まず1つめの理由。


在宅時間が増え、生活にメリハリをつけにくい昨今。
スタイリングではしっかりメリハリをつけて、気分を変えたい!ということで、 ブラックカラーで引き締めるのが今季の一押しだと、こちらの特集でもお伝えしていました。


中でもボトムスは、身体の中で最も視界の範囲を多く占める部分。
そこをブラックカラーにすることで、安定感がコーデに生まれるんです。
どんな色をトップスに持ってきても、最終的にはブラックのボトムスが締めてくれる安心感もありますよね。


今季のトレンドカラーでもあり、日本人には取り入れやすい色でもあるので、今季は存分にコーデに取り入れると良いと思います!
サンプル画像1

次に2つめの理由。なぜボトムスの中でもコーデュロイなのか?


それは季節感を演出するためです。
冬っぽさが生地感から感じられるので、着心地も、見た目も、どちらからも温かみを感じさせてくれます。


また、コーデュロイという生地が日本でベーシックなものになったのは、1950年代にアメカジが流行したことに端を発します。
アメカジ由来なので、日本ではコーデュロイといえばカジュアルな生地だというイメージが定着しています。


今季のトレンドの流れとして、シャツ×スラックスのしっかりエレガントなスタイルではなく、 ステイホームしやすい、少し肩の力を抜いたスタイルが注目されていますので、 大人の男性を意識しつつカジュアルな要素も取り入れることのできるコーデュロイ生地は、まさに最適!


ジャケットと合わせることで、エレガンスとカジュアルがうまく融合して「大人カジュアル」が出来上がるんです。


黒のコーデュロイがお勧めの理由、お分かりいただけたでしょうか?


もちろん、コーデュロイでなくても黒いデニムやチノパンでも良いですし、 コーデュロイでなくても、ウールの起毛感のあるパンツなんかを選んでも素敵だと思います。
今季は是非、ブラックカラー、もしくは冬らしい生地感のボトムスを取り入れてみて下さい!

今回モデル撮影をしたコーディネートは、色のメリハリをつけるため、黒のボトムスに薄いグレーのジャケット、白いタートルネックカットソーを選びました。
黒のボトムスが最終的にまとめてくれるので、上半身は自由に色を選んでみても楽しいと思います。


あと、最近は冬もそこまで寒くなかったり、車移動だったりするとそこまで厚着する必要もなかったりしますので、 タートルネックもニットではなくカットソーを選んで適度な暖かさで過ごすのもいいのではないでしょうか。
サンプル画像1
2. ミニバッグ

「ミニ化」の波に乗ろう


ミニバッグというと女性的なイメージもありますが、様々なデバイスが小型しキャッシュレス決済の流れもあって、ついにメンズバッグにも「ミニ化」の波がやってきています。


家にいる時間が長くなって断捨離してみたり、厳しい情勢を見て余分なものを持たず必要最小限のものだけで生活することを実践してみたり、 さらにSDGsが話題になっていることも手伝って、「これは本当に必要か?」という考えを持つ人が増えたと思います。 それが男性のバッグにも波及してきたのです。


このトレンドの後押しを受けて、各ブランドからリリースラッシュが相次ぐミニバッグ。
レディースものばかりだったこれまでとは違って、メンズのミニバッグも選択肢がかなり増えました。
ですので、このタイミングに是非、大人の男性だからこその美しいバッグをチェックしてほしい!と思っています。


大人の男性に選んで欲しいミニバッグの条件は、レザーであること。
小さいからこそ、素材には拘って、男らしさを演出できるものを選んでほしいと思います。


今回撮影でチョイスしたのは、モノトーンのクロコダイル型押しモデル。
コーディネートを邪魔することのないカラーリングで、型押しがアクセントになるデザインです。 財布、スマホ、充電器、鍵……
最低限のアイテムをきっちりカバーできる完璧な内容量もお勧め。
車によく乗る方は、乗り降りもスムーズにできます。
サンプル画像1

持ち物を吟味してミニマルなお出掛けを


バッグが小さいことで、自然と必要な持ち物を吟味する事になります。
自分が最低限持っていきたいものは何か?いらないものは何か?
ミニバッグを選ぶ際には、その必要なモノよりも少し余裕を持ったサイズ感のものを見つけてみるといいと思います。


バッグが変わるとコーデの印象もだいぶ変わります。
是非自分にぴったりのミニバッグを探してみて下さい!今までのスタイルが変わるきっかけになると思いますよ。
サンプル画像1
3. ニットコンビダウンジャケット

現代に合った適度な温かさ


先程、最近の冬はそこまで寒くなくなったという話をしたばかりですが、 ニットコンビダウンをお勧めしたい理由のひとつも、それです。


ボディから袖までダウンだと、暑く感じる日、多くありませんか?
車ばかり乗る人だとそもそもダウンはいらないという方もいらっしゃると思います。


ですが、ブルゾンだとちょっと心もとなかったり、重ね着が必要だったり、ダウン程は温かくないので悩むところですよね。
サンプル画像1

そこで、ボディ前はダウン、ボディ後ろと袖はニットという、絶妙な組み合わせのアウターが注目を集めているんです。
ニット素材は見た目からも温かさを感じさせてくれますし、素材がパーツによって違うと適度なカジュアルさもあり、 ダウンよりエレガント、ニットよりカジュアルといういい塩梅の雰囲気を表現できます。


着膨れの心配もなく、太って見えるからとダウンを避けていた方にもお勧めできるアウターです。


袖口がちゃんとリブになっているのも良いですよね。
寒い空気を身体の中に入れず、見た目以上の温かさを感じる事ができると思います。

楽して大人のお洒落を楽しめる


また、異素材を組み合わせることでレイヤード調に見え、コーディネートが苦手な方にも 一着着るだけで洗練されたスタイリングに見せてくれるデザインも、嬉しいところ!
「楽してオシャレ」が叶います。


夏と違って、秋冬は何枚か重ね着するのが当たり前の季節。
少しでも着る服を減らして、ファッションも気楽にリラックスして過ごしましょう!
サンプル画像1
2021/21 秋冬 お勧めトレンドアイテム
  • インコテックス

    詳細はこちらから

    コットンストレッチ
    コーデュロイパンツ

    国内参考価格 38,500円

    税込 38,500円

  • リプレイ

    詳細はこちらから

    HYPERFLEX
    RE-USED

    国内参考価格 35,200円

    税込 35,200円

  • フェリージ

    詳細はこちらから

    メンズ ナイロン
    巾着バッグ

    国内参考価格 47,300円

    税込 47,300円

  • ディースクエアード

    詳細はこちらから

    ICON
    ミニボディバッグ

    国内参考価格 37,400円

    税込 37,400円

  • タトラス

    詳細はこちらから

    SANZION
    ダウンジャケット

    国内参考価格 88,000円

    税込 88,000円

  • ヘルノ

    詳細はこちらから

    ローゲージ
    ニットコンビブルゾン

    国内参考価格 148,500円

    税込 118,800円

サンプル画像1


まとめ
バイヤーが選んだ3つの注目アイテム、いかがでしたか?


2021/22秋冬シーズンは、まだまだ続くステイホームの流れもあって、リラックス、ゆったり、ミニマムあたりがキーワードになっているのかなと思います。


これまでメンズにはなかったトレンドの流れかなと思うので、時代が大きく変わっているんだなと感じます。
せっかくですのでこの波にのって、これまでとは違うスタイリングに変えるきっかけに使っていただけたらと思います。きっと楽しいですよ!
サンプル画像1

書いている人:スタッフ本田

30代女性。 株式会社林商店に入社し、WEBデザイナーとして10年を超えました。
ページやメールマガジンにて、メンズファッションの情報を発信し続けています。

既婚女性としてのリアルな視点でこれからも毎週木曜日のメールマガジンにてアイテムを紹介し続けますので、感想などございましたらお教えください。

サンプル画像1
特集バックナンバー
  • [2021/22秋冬のでらスタは]

    カジュアルとエレガンスをバランス良く

    【でらでら】が毎シーズン“このような着こなしが格好いいよ!”と提案するスタイル「#でらスタ」。私たちがこの秋考えるスタイリングは、カジュアルとエレガンスをバランス良く楽しむ。カジュアルな要素とエレガンスの要素をうまく取り込んだ、どんなシーンでも適応できるコーディネートを今季の一押しスタイル「でらスタ」としてご紹介します。

  • [大人に相応しいレザーアイテム]

    フェリージ特集

    鮮やかなカラーリングと革の味わいが魅力的なフェリージの革小物。今季は特に充実したラインナップとなりました。一度手に入れれば長い付き合いになる逸品を、ぜひフェリージから選んでみませんか?

  • [デニム一本にも妥協しない装飾性と独自性]

    ディースクエアード特集

    ディースクエアードと言えばデニム。シルエット毎の定番モデルが数多くありますが、それぞれどのような特徴があるかご存知でしょうか。今回はモデル別の特徴と、合わせてコーデもご紹介します。

サンプル画像1





カジュアルなセレクトが魅力的な セレクトショップ エイチケー はこちらから