珈琲の王国
                  珈琲豆自火焙煎専門店

豊富な種類のコーヒー豆を取り揃えています
豊富な種類のコーヒー豆を取り揃えています 豊富な種類のコーヒー豆を取り揃えています 豊富な種類のコーヒー豆を取り揃えています
豊富な種類のコーヒー豆を取り揃えています 豊富な種類のコーヒー豆を取り揃えています 豊富な種類のコーヒー豆を取り揃えています
豊富な種類のコーヒー豆を取り揃えています 豊富な種類のコーヒー豆を取り揃えています 豊富な種類のコーヒー豆を取り揃えています

 

ローストと挽き方
≪ローストって・・何のことです か?≫
珈琲の王国「Beans510」では、お客様からご注文を頂いてからコーヒーの<生豆>を焙煎(ばいせ ん)させていただきます。
この生豆を煎ることを<ロースト>といい、当店ではお客様のご希望にあわせて煎り加減を指定することが 出来ます。
浅く煎りますと軽いアメリカンの香味に、そして深く煎るに従って苦味とコクが出てきます。
『お客様は、どんなローストのコーヒーが好みでしょうか?下記の一覧より見つけてご指定してくださ い。』 ^m^マスター

ロースト名 それぞれのローストで得られる香味の特徴
シナモン
あの「シナモン」ではなく、 超浅煎りのローストです。その豆が持つ野性的な酸味が味わえますが、全て の豆に適 するローストではありません。
ミディアム
軽くて香りの強いコーヒーが 好きな人にお薦めのローストです。その豆が持つオリジナルな香りと味は、 このミ ディアムローストで知ることが出来ます。アメリカンタイプのコーヒーを楽しみたいときのローストと覚えて下さい。
シティ
別名ジャーマンローストとも 言われ、酸味・苦味・甘味のバランスが良く、日本では最も好まれてます。 特徴は、ほんの少しロースト香が強まり、コーヒーの甘味が感じられるよう になります。ミルクを少し入れて飲みたい方にも、お薦めのローストです。
フルシティ
豆の表面に少し油脂が浮かぶ くらいに深煎りにしますので、ロースト香が強まりますが、豆の持つ酸味が 消えカルメラ化した甘味成分が増え、充分なコクを楽しめます。80℃を切 るくらいの湯温で抽出しますと、飲み終わった後も喉の奥にコーヒーの旨味 が残ります。ミルクを入れて飲みたい方にも、お薦めのローストです。
フレンチ
豆の表面にタップリと油が浮 かび赤黒くなるほどまで煎ります。スモーク臭と苦味が強調されますが低温 で抽出するとナントもマッタリとした香味が楽しめ、コーヒー好きな人の中 にはフレンチローストを指定する人も多くみられます。お酒に例えればバー ボンみたいなものでしょうか。苦味の中にもチラッと顔出す甘味と何とも芳 ばしいスモーク臭がクセになってしまいます。カフェオレやカフェラテを楽 しみたい方にもお薦めのローストです。
イタリアン
最も深いロースト。豆の持つ 甘味が消され苦味を強調します。以前はイタリアでのエスプレッソ用ロース トとして使われるておりましたが、最近はここまでの深煎りは敬遠される傾 向にあり ま す。
詳しくはコチラ ≫