粉引・刷毛目|和食器、季節のコーディネイト

粉引4寸皿・川村宏樹

粉引のうつわ

 粉引李朝と一口に言っても500年に渡る長い時代、朝鮮半島で出来た焼物については多様でさまざまな変遷があり、長くなってしまうのですが、今私達が「李朝」と呼んでよく目にする焼物は、16世紀末から17世紀初めの李朝陶磁の空白時代を経て後のものでしょう。大変大まかな分け方ですが、官窯のものは主成分がカオリン質の磁器―白磁で、民窯はこの白さにあこがれ、土の素地の上にカオリン質の白土を薄く引き、その上に釉をかけて焼いたものを、粉引または白化粧または粉青沙器と呼びます。それぞれに発展を遂げ、半島の左全羅道南部の宝城附近の粉引は一番の評価を受け、今も人気の高いものです。

 日本ではこの風趣を主に茶人たちが愛し、剥がれ落ちたものは虫喰い、染みは雨漏りなどと呼び、「李朝です」といえば「ほほう」とよろこばれてきました。この種の特別なものとして「堅手李朝」と呼ばれているものがあり、これは官窯白磁の少し質の落ちる白土が使われているもので、これはまた趣の深いものとして認められているのです。さまざまなトラブルをそれなりの趣、手後として受け入れてきた私達先祖の見識は、大いに評価されるべきものと思います。

 今も同じ手法で作られている粉引は、土ものに磁器の土をぬるわけで、土と石粉(主にカオリンと硅石)では乾燥時、焼成時に収縮率が違い、もちろん融点も違うので、その上に釉をかけてもどうしても土と石粉の間に隙間ができ、はがれ落ちたり、その間に水やよごれが入って染みになったりのトラブルが生まれます。

 白土も素地の土の部分も吸水性があるので、特に水じみは起こりやすく、乾くと消えることが多いのですが、何かが混ざったりするとそのまま染みで残ってしまいます。古くから茶人たちの間で「雨もり」等と命名されて愛玩されてきたものはこれに相当します。でも、どうして今もこの粉引に魅了されるのでしょうか。

 粉引が持つ何とも言えない暖かさややさしさ、白の器の渕から少し現れている土の色などが何とも言えぬ趣があり、このマイナス部分も何とか克服しつつ、その雰囲気をたのしんできたのではないでしょうか。

 もちろん作家たちはこのトラブルを起こさないように、温度や土や焼き方などさまざま工夫をこらされているのですけれど、なかなか本質的な解決は見つかりません。

 使い手側の器の取り扱いとしては、購入時にお粥で炊くとかは行われてきましたが、これがよけいにカビの原因になって染みついたりしてしまいます。お使いになる前にきれいなお水に5分前後よく吸水させていただく位しかないのですが、これはお料理の汁や茶渋が染み込むことをある程度防ぐことができます。そしてお使いになった後は釉の下までよく乾いてから食器棚に戻してくださいますようにお願いいたします。

店主 真木

鉄絵粉引大鉢・小林東五
店主が長年愛用している粉引です。ご一読下さいませ。
 
 
工芸店ようびがお届けする粉引たち
粉引輪花平向付  粉引向付・角・深・辻村塊
粉引銘々皿・川淵直樹
粉引原土輪花平向付・川村宏樹 粉引7寸中鉢・縁鉄・長森慶 粉引流水紋長角皿・小・川村宏樹
粉引汲出・縁鉄・大・長森慶粉引汲出・縁鉄・大・長森慶 粉引4寸皿・川村宏樹
粉引飯碗・長森慶
粉引向付・川淵直樹 粉引原土浅鉢・川村宏樹
粉引湯呑・辻村塊
粉引急須 粉引ゴマ手蕎麦猪口[小鉢]・荒賀文成 粉引5寸つば皿・荒賀文成
粉引しのぎ急須・益子淳一 粉引しのぎ取皿・益子淳一
粉引しのぎ汲出・益子淳一
粉引しのぎマグカップ・益子淳一 粉引しのぎ丼・益子淳一 粉引湯冷まし・益子淳一
粉引八寸・辻村塊
粉引線文汲出・有松進 粉引汲出・有松進
粉引:粉引向付・辻村塊《小鉢・直径15.0cm》
価格に消費税は含まれていません。(外税)

粉引平向付
粉引平向付・川淵直樹 口造りがだち上がった粉引の鉢です。
川淵直樹
6,000円
  粉引平向付・川淵直樹
 
粉引銘々皿
粉引銘々皿・川淵直樹 存在感のある取り分け皿に・・・。
川淵直樹
6,000円
  粉引銘々皿・川淵直樹

粉引流水紋長角皿・小
粉引流水紋長角皿・小・川村宏樹 たっぷり白化粧の長皿です。
川村宏樹
6,700円
  粉引流水紋長角皿・小・川村宏樹

粉引原土浅鉢
粉引原土浅鉢・川村宏樹 刷毛目の小鉢です。
川村宏樹
4,200円
  粉引原土浅鉢・川村宏樹
 

粉引4寸皿~6寸皿

粉引4寸皿・川村宏樹 すっきりとした粉引の小皿です。
川村宏樹
2,000円他
  粉引4寸皿・川村宏樹

粉引原土輪花平向付
粉引原土輪花平向付・川村宏樹 刷毛目の小鉢です。縁が輪花です。
川村宏樹
5.000円
  粉引原土輪花平向付・川村宏樹

粉引7寸中鉢・縁鉄
粉引7寸中鉢・縁鉄・長森慶 お茶碗で人気の鉄釉がポイントの粉引の大鉢です。
長森慶
12,000円
  粉引7寸中鉢・縁鉄・長森慶

粉引筒小鉢
粉引筒小鉢 こちらの粉引も長森慶さんならではのしっとり粉引です。
長森慶
2,600円
  粉引筒小鉢

粉引飯碗
お茶碗 しっとりとした美しい粉引です。少し大きめです。
長森慶
3,400円
  お茶碗
 
粉引7寸中鉢
お茶碗で人気の鉄釉がポイントの粉引の大鉢です。
長森慶
16,000円
  中鉢

粉引汲出(縁鉄)
汲出 しっとりとしていますが、ごつっとした大らかな印象の粉引です。
長森慶
2,400円
  汲出

粉引汲出(縁鉄)大
汲出 しっとりとしていますが、ごつっとした大らかな印象の粉引です。こちらは一回り大きくなります。
長森慶
2,400円
  汲出

粉引輪花平向付・目つき・荒賀文成
粉引輪花平向付 ふんわりとした輪花の浅小鉢です。
荒賀文成
2,000円
  粉引輪花平向付・目つき・荒賀文成

粉引ゴマ手蕎麦猪口[小鉢]
粉引ゴマ手蕎麦猪口[小鉢]・荒賀文成 黒子がチャーミングな素朴な粉引の小鉢です。
荒賀文成
2,000円
  粉引ゴマ手蕎麦猪口[小鉢]・荒賀文成

粉引口だめ汲出
粉引口だめ汲出・荒賀文成 形が楽しい粉引の汲出です。
荒賀文成
1,800円
  粉引口だめ汲出・荒賀文成

粉引向付
粉引:粉引向付・辻村塊《小鉢・直径15.0cm》 半刷毛目・・・のような、土色と白化粧のコントラストが伸びやかで美しい粉引です。
辻村塊
8,000円
  粉引:粉引向付・辻村塊《小鉢・直径15.0cm》

粉引向付・角・深
粉引向付・角・深・辻村塊 深さのある粉引の中皿です。
辻村塊
7,000円
  粉引向付・角・深・辻村塊

粉引八寸
粉引八寸・辻村塊 盛りごたえのある粉引の大皿です。
辻村塊
24,000円
  粉引八寸・辻村塊
 
粉引5寸つば皿・荒賀文成
粉引5寸つば皿・荒賀文成 鍔(つば)の広い小皿です。
荒賀文成
2,600円
  粉引5寸つば皿・荒賀文成

粉引7寸つば皿・荒賀文成
粉引7寸つば皿・荒賀文成 鍔(つば)の広い中皿です。
荒賀文成
3,600円
  粉引7寸つば皿・荒賀文成

粉引線文汲出
粉引線文汲出・有松進 赤みがかった肌に無造作な線文です。
有松進
3,000円
  粉引線文汲出・有松進

粉引汲出
粉引汲出・有松進 褐色の肌が見え隠れする表情豊かな粉引です。
有松進
3,600円
  粉引汲出・有松進

粉引湯呑
粉引湯呑・辻村塊 粉引好きの方にはとても愉しい湯呑です。じっくり育ててみて下さい。
辻村塊
5,000円
  粉引湯呑・辻村塊

粉引しのぎ取皿
粉引しのぎ取皿・益子淳一 いつもの取り皿にプラスでどうぞ。
益子淳一
1,500円
  粉引しのぎ取皿・益子淳一

粉引しのぎ丼
粉引しのぎ丼・益子淳一 八分目で600ccほどたっぷり入ります。
益子淳一
3,000円
  粉引しのぎ丼・益子淳一

粉引しのぎマグカップ
粉引しのぎマグカップ・益子淳一 八分目で150ccほど入ります。
益子淳一
2,000円
  粉引しのぎマグカップ・益子淳一
 
粉引湯冷まし
粉引湯冷まし・益子淳一 たっぷりとお煎茶をいただくときに。
益子淳一
3,000円
  粉引湯冷まし・益子淳一

粉引しのぎ急須
粉引しのぎ急須・益子淳一 350ccほど入ります。
益子淳一
4,000円
  粉引しのぎ急須・益子淳一

粉引しのぎ汲出
粉引しのぎ汲出・益子淳一 使うほどにしなやかな風景に育ってくれることでしょう。
益子淳一
1,500円
  粉引しのぎ汲出・益子淳一

粉引蓮弁向付
粉引蓮弁向付 もちっとぽてっとした愛らしい小鉢です。
山城建司
6,300円
  粉引蓮弁向付
 
粉引ピッチャー
粉引ピッチャー・山城建司 素朴な粉引のピッチャーです。ドレッシング入れにもどうぞ。
山城建司
5,250円他
  粉引ピッチャー・山城建司
     
工芸店ようびがお届けする刷毛目たち
丼 刷毛目湯呑・大・有光武元
刷毛目飯碗・有光武元
刷毛目めん鉢・長森慶 刷毛目唐津五寸鉢・中村恵子 刷毛目片口(黒)・長森慶
刷毛目向付・川淵直樹 刷毛目飯碗・川村宏樹
刷毛目小付
刷毛目7寸浅鉢 刷毛目鉢・川淵直樹 刷刷毛目汲出・川淵直樹
刷毛目四方花生・川淵直樹
化粧三島5寸浅鉢・吉井史郎 刷毛目長皿・川淵直樹
刷毛目土瓶蒸・土楽
価格に消費税は含まれていません。(外税)

刷毛目鉢
刷毛目鉢・川淵直樹 刷毛目の大鉢です。
川淵直樹
25,000円
  刷毛目鉢・川淵直樹

刷毛目鉢
刷毛目鉢・川淵直樹 刷毛目の浅鉢です。
川淵直樹
7,000円
  刷毛目鉢・川淵直樹

刷毛目向付
刷毛目向付・川淵直樹 ごつっと荒々しさをたたえながら、とてもエレガントな佇まいです。
川淵直樹
7,000円
  刷毛目向付・川淵直樹
 
白泥流し長皿
刷毛目長皿・川淵直樹 モダンな印象の長皿です。
川淵直樹
22,000円
  白泥流し長皿・川淵直樹

刷毛目四方花生
刷毛目四方花生・川淵直樹 大きな刷毛目の花器です。
川淵直樹
80,000円
  刷毛目四方花生・川淵直樹

化粧三島5寸浅鉢
化粧三島5寸浅鉢・吉井史郎 ぽてっとした白化粧の三島手の浅小鉢です。
吉井史郎
3,500円
  化粧三島5寸浅鉢・吉井史郎
 
刷毛目7寸浅鉢
刷毛目7寸浅鉢 力強い刷毛目の浅鉢。煮汁たっぷりの料理にどうぞ。
吉井史郎
6,000円
  刷毛目7寸浅鉢

刷毛目どんぶり
刷毛目どんぶり・吉井史郎 すっとしたスマートな、でも、とても力強い刷毛目の丼です。
吉井史郎
4,500円
  刷毛目どんぶり・吉井史郎

刷毛目飯碗
刷毛目飯碗・有光武元 大胆な刷毛目が潔い飯碗です。
有光武元
4,000円
  刷毛目飯碗・有光武元

刷毛目湯呑・大
刷毛目湯呑・大 刷毛目が美しくきっぱりとした印象の汲出です。
有光武元
4,200円
  刷毛目湯呑・大
 
刷毛目汲出湯呑
刷毛目汲出湯呑・有光武元 刷毛目が美しくきっぱりとした印象の汲出です。
有光武元
3,600円
  刷毛目汲出湯呑・有光武元

刷毛目汲出
刷刷毛目汲出・川淵直樹 川淵直樹さんからも刷毛目の汲出です。
川淵直樹
5,000円
  刷毛目汲出・川淵直樹

刷毛目6寸鉢
刷毛目6寸鉢・川村宏樹 刷毛目の中鉢です。
川村宏樹
6,300円
  刷毛目6寸鉢・川村宏樹
 
刷毛目飯碗
刷毛目飯碗・川村宏樹 茶に刷毛目が軽快な飯碗です。
川村宏樹
3,150円
  刷毛目飯碗・川村宏樹

唐津焼・刷毛目唐津五寸鉢
刷毛目唐津五寸鉢・中村恵子 柔らかな表情のふんわり刷毛目です。
中村恵子
4,200円
  刷毛目唐津五寸鉢・中村恵子
   

刷毛目めん鉢
丼 ざっくりとした刷毛目の大らかな鉢です。
長森慶
4,800円
  丼
 
刷毛目片口(黒)
刷毛目片口(黒)・長森慶 お漬物を盛る鉢として重宝する片口です。
長森慶
6,000円
  刷毛目片口(黒)・長森慶

刷毛目土瓶蒸
刷毛目土瓶蒸 ざっくりおおらかな土瓶蒸です。
土楽
5,000円
  刷毛目土瓶蒸
   
白磁、青白磁は  
こちらをご覧くださいませ。→
白磁・青白磁・青磁

和食器の愉しみ・工芸店ようび > 粉引・白化粧のうつわ