リーデルの魅力

Wine Accessories Creation:シャトーラギオールやリーデル。ワインアクセサリーを選ぶなら迷わずここ!
リーデル/ロゴ
リーデル/ソムリエ シリーズ/ワイングラス
リーデル/ヴィノムエクストリーム シリーズ/ワイングラス
リーデル/ヴェリタス シリーズ/ワイングラス
リーデル/ヴィノム エクストララージ シリーズ/ワイングラス
リーデル/ヴィノム シリーズ/ワイングラス
リーデル/ワイン シリーズ/ワイングラス
リーデル/オヴァチュア シリーズ/ワイングラス
リーデル/リーデル・オー シリーズ/ワインタンブラー
リーデル/デキャンタ/デカンタ
リーデル/コースター/マイクロファイバー/ボトルクリーナー
リーデル/リーデルの魅力
リーデル/あなたのワインに適したリーデル早見表
リーデル/グラスの高さと容量早見表
リーデル/フッター
 ホームページへ
ハンドメイドとマシンメイド
リーデル社の商標は19世紀後半のアール・ヌーボーの時代から始まり、1890年から1925年迄ボヘミアにて使用されていました。
1996年リーデル社240周年を記念し、口吹きハンドメイドのすべての製品にこの商標を付し、再び紹介する事になりました。他の製品と明確に区別されたこのリーデルのマークは、オーストリアにおいて製造されたハンドメイド製品すべてに付されています。
従って、このマークをお客様が御覧になる事により、マシンメイド製品か ハンドメイド製品か容易に区別できます。リーデルのマシンメイド製品にはのマークがついています。

クリスタル市場に対するリーデル社の貢献
ガラス作りのおけるリーデル社の名声は、創造的なエネルギーを、ガラス生産 に長期間注いできた事によります。 これは1756年ボヘミアに始まり、現在のヨーロッパに脈々と息づいている と共に、ヨーロッパの歴史の重要な場面にも登場しています。ガラス生産の 炎は、リーデル家において世代から世代へと連綿と引き継がれています。 芸術家、科学者、実業家、改革者等の人々がガラス生産における芸術性また 科学にそれぞれの立場から貢献しています。
第二次世界大戦後、チェコスロバキアの共産主義化によりリーデル工場は、 接収、国営化されたためクラウス・ヨゼフ・リーデルはオーストリアの地に おいて工場を再スタートさせる事となりました。

リーデル家とは
1956年、クラウス・ヨゼフ・リーデルは、父ワルターと共にチロルに工場を努力して設立しました。
クラウス・ヨゼフの経歴は、色付き・装飾のガラスから機能的な足付グラスに方針を変更した事により特筆されます。
彼の斬新かつ大胆なデザインは、数々の賞を受賞すると共に、現在では美術館に展示された製品にそのデザインを垣間見る事ができます。
クラウスその人こそ、グラスのサイズ・形状がワインの香と味に関係があるという事を発見した人物その人なのです。

1960年クラウスは、“リーデルソムリエシリーズ”の開発に成功し、以来リーデルソムリエシリーズはワイングラスの品質基準として人々に感謝されています。
現在、リーデルソムリエシリーズは20種類以上のグラスから構成され、それぞれの種類がワイン並びにアルコール飲料の持ち味を引きだしています。
それぞれのグラスが舌の上の味を感じる部分に適切に流れ込むようにデザインされ、バランスのとれた味を楽しめるように作られています。

この輝かしい新機軸は、ワイン愛好家の為に新しい境地を開く事となりま した。
クラウスの息子ゲオルグ、現在のリーデル社の社長は、この考えを取り入れ異なった価格帯の製品にも適用しました。ゲオルグ・リーデルはブドウの品種とグラスの形状を科学的に絶えず研究し続けています。
これは、ガラス生産者と世界中のワイン生産者、並びに熟練したワイン愛好家達の連携プレーの賜物です。“リーデルグラスはコンピューターによりデザインされた製品ではありません。”
世界的なワインの権威であるロバート・パーカーは最近「オーストリアリーデル社製のグラスこそがワインを飲むために機能的にも、味を楽しむ為にも非常に適したグラスである」と書いております。又、ゲオルグ・リーデル自身、ワイン雑誌ワインスペクテイターに“ワインに捧げる”として記事に取り上げられ、1996年には英国の有名ワイン雑誌「デカンター」でマン・オブ・ザ・イヤーに最年少で選ばれました。
ドイツ語圏の人間で且つワイン業界以外での受賞は、彼が初めてでした。

一般論
グラスは一般的にワインの欠点をあげつらうのではなく、ハーモニーを強調するようにデザインされています。リーデル社は、ワイングラスをワインの個性、すなわち香り、味わい、外観を引き出すための道具として検証し続けています。

個々のワインの微妙な特性、並びにブドウ品種の違いを充分に楽しむため、この目的に沿ったグラスを使用する事が非常に重要となるわけです。
グラスの形状は、香りの良否、強度と共にワインそのものの流れに関連性があり、ワインが舌のどの部分に最初に触れるかは、グラスの形状、大きさ、カップの縁の厚み、仕上げ(カットして磨かれているか、又は強化しているか等)さらにグラスの厚みも関連します。
お客様がワイングラスを唇にあてた瞬間、舌の味雷はすぐに口に入る飲み物を味わう準備をします。
ワインの流れは、口中の適切な味を感じる部分に導かれ、その結果として味の差異を感じる事ができる訳です。舌がワインと接触するや否や温度、舌触り、味の三つの情報が伝達されます。

↓シャープな飲み口はスムーズなワインの流れを生む
丸まった飲み口はワインの流れを淀ませてしまう

BOURGOGNE BORDEAUX (他社製品) RIESLING CHARDONNAY CHAMPAGNE
酸味が強く、タンニンは中ぐらいの最高の赤ワイン用。この形は、フルーティーさと甘味を強め、酸味を押さえる。ピノ・ノアールなどブルゴーニュタイプのどっしりした赤ワインに最適。
酸味は普通で、タンニンの強い最高の赤ワイン用。この形はフルーティーさを強め、苦味を押さえる。カベルネ・ソーヴィニヨンなどボルドータイプの赤ワインに最適。
丸まった縁を持ったワイングラスは、ワインの酸味だけが強調された味を生む。
酸味が強く、フルーティーで軽い白ワイン用。この形は、フルーティーさと甘味を強め、リースリング・ワインに最適。
アルコール度が高く、酸味はそれほど強くないフル・ボディタイプの白ワイン用。この形は酸味を強め、シャルドネなどの辛口白ワインに最適。
ヴィンテージシャンパン用。この形は、シャンパンの香りを引き出す。

形 状: 容量が形状を決定します。

サイズ: グラスのサイズが重要となり、香りの良否、強度に影響を及ぼします。
グラスの空間部分はワイン並びにアルコール飲料の個性に従って決まってくる訳です。
赤ワインは大きなグラスを、白ワインは中程度のグラス、スピリッツは小さなグラスを使用するのは、アルコール分ではなく果実の特性を強調するためです。

注がれるワインの量: グラスになみなみと注ぐ事はやめてください。
赤ワインは4〜5オンス、白ワインは3オンス、スピリッツは1オンス程度 としてください。


ソムリエシリーズ
「リーデル社製のソムリエシリーズこそが機能的にもワインを楽しむためにも最適のグラスです。このグラスはすばらしいワインを飲む事により証明されます。私自身としましても、これらグラスを使用する際に多くを語ることはしません。御自身で試してみてください。」      (ロバート・M・パーカーJr.)

クラウス・ヨゼフ・リーデルその人こそが、ワインを飲む際、使用するグラスの形状が、ワインの香り、味わい、バランス、さらにワインの仕上げを認識した最初の人なのです。40年前、彼が様々なワイン、スピリッツに対し、この形状が最適であるとのアイデアを創り上げた先駆者なのです。
1950年代後半リーデル社は、改良品の生産に着手しました。
すなわち、ボウル部分、脚部、底部、それぞれの部分を可能な限り薄く、且つ無装飾にする事でした。熟練したテイスター達との共同作業を通じ、ほかのグラスでワインが供される時よりも、より深く且つより良くバランスがとれた状態でワインを楽しめる事を発見しました。

クラウス・ヨゼフ・リーデルは、機能的でより美しいワイングラスのための基礎を固めました。
1961年彼は、同社のカタログの中で、斬新なコンセプト「形は機能に従わなくてはならない」を紹介しました。

この考え方が紹介される以前、伝統的な足付グラスは基本となる形状が一つしかなく、その大きさがけが変化するグラスを使用していました。
クラウス・ヨゼフ・リーデルのライフワークは、リーデルソムリエシリーズの紹介により、1973年以来、世界的な称賛を博しています。
ワインのベストフレンド、ブドウの品種にマッチしたグラスを使用し、喜びのひと滴を味わう事でリーデルグラスは誕生するのです。
リーデル社と致しましても、この魅惑的かつユニークな経験をお客様と共有したいと思っています。お客様はワインライター、ワインメーカー、又ワインのエキスパートになる必要はありません。ワインの違いを楽しむためにリーデルグラスがその役割を担います。

容量が形状を決定します
グラスの形状を決める際のリーデル社の信念は、製図版の上で開発されるのではなく、世界中の偉大なグルメの舌の協力を得て試行錯誤を通じて決定されます。
ワインに興味を持つ人は、ワインの色、香り、味わい等をより良く感じようとしますが、しばしば、ワイングラスをワインからのメッセージを伝える道具としてはみなしていません。数年をかけリーデル社は、何故グラスの形状がアルコール飲料の香り、味わいに影響を及ぼすか科学的説明を確立致しました。
最初の発見は、友人達とワインの楽しんでいる最中に出てきたものです。
すなわち、同じワインを様々なワイングラスで飲んだ時、まったく違った味がしたのです。色々なワインをテイスティングしていた経験の深い玄人でさえ、グラスの形状によりワインの味わいが違ってくるという事をだんだん信ずるに至りました。
ブドウ品種がワインの果実味、酸味、タンニン、アルコールとと密接な関連を決定づける鍵なのです。
次の段階でリーデル社は、限定されたブドウ品種を産出するブドウ畑で作られたワインを参考にし、形状を決定する事が可能となり、リーデルグラスの改良に至りました。
リーデル社は更にグラスのサイズと形状がワインからのメッセージを伝達する役割を果たす複合的な原則を認識するに至りました。

香り
香りの良否、強度はワインそのものが持つ個性で決定づけられるのみではなく、グラスの形状の相性でも決定されます。香りは、限定された温度帯でのみ充分楽しむ事ができます。
低い温度の場合、香りを弱めてしまいますし、その逆に温度が高い場合、アルコール臭のみが強く感じられてしまいます。
グラスの形状の重要性は、ワインが最適の温度で、適量をグラスに注がない場合は、効果的にその機能を働かせる事ができなくなりなす。
ワインがグラスに注がれた瞬間から蒸発が始まり、ブドウ品種特有のアロマがカップの縁に沿って立ち昇ってきます。結果として、グラスのサイズと形状がブドウ品種特有の独特なアロマを感じるのに役立つ事になる訳です。

非常に軽く、且つ壊れやすいアロマは、花や果実の残り香のそれであり、グラスの縁に沿って上部に立ち昇ります。一方グラスの中間部分には青っぽい植物性の香りや土の香り、鉱物性の香りを感じる事ができます。木やアルコールの最も重い香りはグラスの底近くに残ります。
グラスを廻す事によりワインが接触する部分を大きくし、これが蒸発とアロマの強度を高めます。
しかし、このグラスを廻す事によって香りの要素を変化させたり、助長させることはありません。
この事は、同じワインを様々なグラスで飲んでも香りの要素すべてを感じられる事からも説明できます。この効果を除去するためにはグラスを上下にふる事が必要となります。
富貴なワインの品質は特にブーケに表れますので、全てのグラスに閉じ込められたブースを充分にお楽しみください。
充分に経験を積んだテイスターは、ブラインドテイスティングを行う際、そのワインの出所あるいはブドウ品種を当てる場合、口での味わいよりも臭覚の方を信頼するものなのです。
25オンス以上の容量が入る非常に大きなグラスの場合、ゆっくり丁寧に約10秒程グラスに閉じ込められた空気を吸入する事により、香りの層、花や果実の香りから土の香り、その下のアルコールの香りせも嗅ぐ事ができます。


味わい
味の好みは人により様々です。 リーデル社としては個人の好みを超えて厳格なルールを押し付ける事など到底できる相談ではありません。しかしながら、貴重なガイドラインを示す事はできます。この提案に対し、ワイン愛好家から長年に亘り、圧倒的に肯定的な支持を受けています。
頭と体の身体的な動きは無意識にコントロールされています。飲み物を口から吐き出す際ではなく飲む場合、グラスの形状は頭を本来ある位置にできるだけ固定するように働きます。口の部分が広くひろがったグラスは、頭を低くする事により飲み物を口中に導くようにしますし、一方、口は狭いグラスは頭を後ろに反らせて飲む事になります。その働きにより口中の味を感じる様々な部分に飲み物が運び込まれるのです。

風味は飲み物を少量飲んだその後で感じられますので、乾きを癒すため飲み物をガブ飲みするのは、グラスの持つ効果を台無しにしてしまいます。
舌の四つの味覚 苦味・渋味
奥は苦味と渋味に敏感です  
複雑なニュアンスを味わうために 塩味
最も外の両側は塩味に敏感です
酸味
両側面は酸味に敏感です   
舌には苦み・酸味・塩味・甘味を感じる領域があります。 甘味
舌先は甘味に敏感です    

多くの場合、甘いフルーツの香りがない場合や酸味が舌を覆ってしまう時には失望を感じてしまいます。
このような事が起こった場合、グラスの形状の不適切さよりワインのせいにしてしまいがちです。正確にいえば、これはワインからのメッセージをグラスが違って伝えてしまうからなのです。
すべてのワインは、そのブドウが育った土壌、天候などにより、そのワインが持つ特性、すなわちフルーツの香りや酸味、ミネラル、タンニン、アルコール等を有する事となります。
そのワインの持つ個性を前述したような方法で飲む場合、リーデルグラスはその個性を損なう事はなくワインやスピリッツを口の中に注ぎ込みます。
グラスの仕上げは、重要な部分を占めると共にボウル部分のデザインも強く影響を及ぼします。
リーデルグラスが単なるグラスではなく、喜びかつ楽しみを享受する為の グラスとして認識されるのは若干の時間を要するかもしれません。


お支払い方法について
各種クレジット(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)、代金引換、前払いコンビニ、前払い銀行振込がご利用頂けます。
各種決済
※前払いはご入金確認後の発送となります。
※メーカー直送品の場合、代引決済は不可。
詳細は [こちら]
お届け・送料無料について
ご注文受付け日(前払い決済はご入金確認後)より在庫商品で3〜5営業日のお届けが可能です。
お届け日、時間帯指定がご利用頂けます。
商品合計金額 5,250円 以上で送料無料とさせていただきます。(沖縄、島しょ部は除く)
詳細は [こちら]
ご返品・ご交換について
商品到着後10日以内に、メールまたはお電話にてご連絡下さい。※必ず事前にご連絡をお願い申し上げます。 万一、商品間違い・不良品等ございましたら、ご交換をさせて頂きます(送料弊社負担)。お客様のご都合で交換・返品される場合は、発送および返品時の送料及び決済手数料はお客様負担とさせて頂きます。
会社概要
株)ワイン・アクセサリーズ・クリエイション
〒167-0021 東京都品川区上大崎3-3-9-109
TEL:03-5447-1041 FAX:03-5447-1042
店舗運営責任者:中村 竹志
店舗セキュリティ責任者:中村 竹志
店舗連絡先:info@wineac.co.jp
営業日のご案内
は定休日となります
プライバシーポリシー
株式会社ワイン・アクセサリーズ・クリエイションでは、お客様とのやり取りの中で得た個人情報(住所、氏名、メールアドレス、ご購入製品など)を、当社以外の第三者に渡すことは決してありません。
これらの情報は当社とお客様の関係を維持するためのみ利用し、また、データの管理につきましても厳重に行っております。 どうぞ安心してご利用ください。
フッター ラギオール リーデル デキャンティングポアラー クーラー カガミ クレデュヴァン ショットツヴィーゼル プルタップス