WONDER BAGGAGE(ワンダーバゲージ)、ビジネスブリーフバッグを紹介

 画像2
日本のバッグ専門ブランド、ワンダーバゲージのビジネスブリーフバッグを紹介します。

A4サイズが収まる、やや小ぶりなサイズ感が非常にスタイリッシュなビジネスバッグです。無駄の無いシンプルな本体に、タンニンレザーを使用した贅沢な革ハンドルが取り付けられており、高級感溢れる仕上がりとなっております。

メイン素材には、グッドマンズシリーズの代名詞であるバリスティックナイロンが採用されております。こちらの生地は通常のナイロンの5倍の強度を持つ、防弾チョッキなどにも採用される強靭ナイロン素材です。

縫製は全て国内の工房で行われており、内装に素材まで全てにおいて一切妥協の無いビジネスバッグが完成しました。
 画像2
どうも、東京ヒマワリの猪野です。

前回のワンダーバゲージ展示会で担当の方から鼻息荒く紹介されたのが、こちらのビジネスバッグです。そのテンションの通り、非常~に洗練された仕上がりとなっておりますね。

まず、このちょっと小ぶりなサイズ感が大変センスが良いですね~、一般的とされるビジネスバッグって、多分「大は小を兼ねる」という意味合いで、適正サイズよりちょっとだけ大きめに作られていると思うんです。

確かに大は小を兼ねるのですが、ファッションという角度で見ると、オーバーサイズというのは鞄も洋服同様にちょっとイマイチなんですよね。

ワンダーバゲージの鞄は他の製品も含め、ジャストサイズにする事に非常にこだわりがあるように感じます。その調整があるからこそ、極めてシンプルなデザインのバッグにも関わらずブランドのアイデンティティが感じられ、独特の色気を生み出すのだと感じます。

また、もう一点注目して頂きたいのがレザーハンドルです。追って紹介しますが、今回のビジネスバッグには非常~にグレートなパーツが採用されております。

メーカーの方の話でも「高いんですけど、やっぱすごい良いから、税抜3万円以内の予算ギリギリで採用しました、、」と、仰っておりました。この辺りからも、ブランドの意欲作である事がヒシヒシと伝わってきますね。
 画像3
こちらがそのハンドルです。ちょっとマニアックな話になるのですが、レザーをこんな風に3Dで縫い合わせて、かつ張りと艶のある状態にするのってすごい難しいんですよね。日本の熟練職人の手仕事だからこそ成せる技です。

写真だと伝わりにくいかもしれませんが、現物を手に取ってみると見た目も持ち心地も素晴らしく良いんですよね。バッグ本体がシンプルな分、ハンドルの高級感&素材感&存在感が抜群なアクセントになっております。

レザーは植物由来のタンニンとオイルを掛け合わせたコンビネーション鞣しで、風合いと強度のバランスを取ったレザーに調整されております。

使い込む程にレザーパーツだけが先行してエイジング(経年変化)していく為、丈夫なバリスティックナイロンと味なレザーパーツとのコントラストが美しく、そこがワンダーバゲージというブランドの大きな魅力ではないかなと思います。
 画像4
内装は、PCポケットと、その反対側に3箇所のミニポケットがついております。

PCポケットは横幅が約35cm、高さは26cm程度まで収まりますので、マックブックの13インチ(21.24×30.41cm)がスルッと収まるぐらいのサイズ感です。
 画像5
ミニポケットは、タブレットなどが収まる中サイズが1ヶ所、携帯などが収まる小サイズが2ヶ所です。
 画像6
スライドファスナーが下までガバッと開く仕様となっておりますので、物の出し入れがスムーズです。
 画像7
背中側には、キャリーケースのハンドルを通すループがついております。
 画像8
ショルダーベルトも付属します。こちらを取り付ける金具はバッグのポケット内に隠す事が出来ますので、手持ちで使用する時は中に折りたたんで入れてしまいましょう。

また、ショルダーが鞄の両サイドではなく、前面と背面の端に取り付けられている為、肩に掛けた時にバッグが体にフィットし易い設計となっております。
 画像9
今回のビジネスバッグは、まさにワンダーバゲージの技術と経験の結晶だと思います。あらゆるシチュエーションを想定して機能的でありながらも、無駄の無いシンプルなデザインにまとまっております。

東ヒマのラインナップの中でもかなりお勧め度の高いビジネスバッグとなりますので、お探しの方は是非ご検討下さい。
当店ご利用の全てのお客様が対象です!
東京ヒマワリ安心保障当店は、高額商品も安心してお買い物して頂ける通販サイトを目指しております。
>>詳しくはコチラ
カバン屋の俺が選ぶシリーズ
注目ブランド紹介記事
人気記事
カバン屋の俺が選ぶ、メンズ向けトートバッグブランド7選カバン屋の俺が選ぶ、メンズ向けビジネスバッグブランド7選予算3万円!カバン屋の俺が選ぶ高品質なリュックのブランド7選注目が集まる「フェティア(fetia)」のバッグ、その評判やいかに日本最高峰のネクタイ専門ブランド、フランコスパダを紹介します日本最高峰のネクタイ専門ブランド、フランコスパダを紹介します国産バッグブランド、ワンダーバゲージの魅力に迫る!日本の革手袋ブランドの王、「クロダ」を買わずに何を買う!予算3万円!カバン屋の俺が選ぶクラッチバッグのブランド3選まっ黒好きのメンズ集合!黒一色の本革トートバッグブランド5選日本の老舗バッグブランド、FIVE WOODS(ファイブウッズ)の評判とは?評判のバッグ専門ブランド、kiruna(キルナ)を徹底レビュー!まっ黒好きのメンズ集合!黒一色のビジネスバッグブランド5選カバン屋の俺が選ぶショルダーバッグのメンズ向けブランド5選日本が誇る革工房、BEAU DESSIN(ボーデッサン)とは?CARRYNEST(キャリーネスト)のバッグが人気の理由とは?クリーム使用はNG?カバン屋がお勧めする、革製品のお手入れ方法クリーム使用はNG?カバン屋がお勧めする、革製品のお手入れ方法フェティア、新作オールレザーシリーズの入荷状況についてまっ黒好きのメンズ集合!黒一色の本革レザー財布ブランド5選創業1987年、北欧デンマークの老舗テキスタイルメーカーを紹介!硬派な日本製バッグブランド、GNUOYP(ニュピ)を深掘り!