STYLING COLLECTION

スタッフコメント

全体的にビターで男らしさもありながら清潔感のある大人の着こなしに仕上げてみました!トップスはすっきりとしたシルエットのブラックニットのインナーにホワイトカットソーがセットのアンサンブルアイテムをチョイス。クリーンな印象を受けづらいダメージデニムをあえて使用。ニットとデニムの色のトーンを同じにすることでまとまった印象になります!

2017-11-17 UP

スタッフコメント

高級感のある生地で作られたダウンベストを取り入れたこちらのコーディネートは、思い切ってキレイめに振ったことで、抜け感のある大人の着こなしを作り出すことができました。ダウンベストに表情が少ない場合は、インナー選びを工夫することで、適度に存在感のあるコーディネートが作れますので、ダウンベストを取り入れる際はインナー選びに注意してみて下さい!

2017-11-16 UP

スタッフコメント

ショート丈のピーコートを合わせてスッキリと爽やかにまとめたスタイル。動きやすいショート丈のコートはカジュアルな印象が強くなるので、足元はアクティブな雰囲気を演出するスニーカー合わせがオススメです。

2017-11-15 UP

スタッフコメント

ミリタリー色が強いモッズコートも、シルエットや色使いでSPU流キレイめコーデにアレンジ。ダークトーンのアウターとパンツの合わせに、インナーとシューズを明るいカラーで合わせることで柔らかい印象もプラスした技ありコーデ。重たくなりがちな冬のコーデはインナーや小物の色使いで周りと差をつけましょう。

2017-11-14 UP

スタッフコメント

エレガントな印象の強いイタリアンカラーコートと、ホワイトのパンツを合わせたこちらのコーディネートは、その他のアイテムをダークトーンでまとめることにより、嫌らしくなりすぎない程よく艶感のあるコーディネートに仕上がりました。また、単調な組み合わせになってしまうコーディネートも、小物をうまく使用することで、アクセントを与えることができたり、簡単にお洒落感を演出することができますので、是非これからの季節は、小物使いも意識したコーディネートに挑戦してみて下さい。

2017-11-13 UP

スタッフコメント

上品な印象のレッドのニットを使ったキレイめスタイル。レッドのニットを程よいヌケ感を出す『外しアイテム』として活用しました。また首元に白を入れることで清潔感のある印象に仕上げでいます。

2017-11-10 UP

スタッフコメント

SPU定番アイテムのイタリアンカラージャケットをこなれ感ある大人の着こなしをご提案!グレーのジャケットにあえてインナー、パンツ、シューズをブラックで統一。このスタイリングの大事なポイントはニットの中にホワイトのシャツをさすこと!ホワイトのシャツがあるだけで全体が重たくならずすっきりとした印象を与え上品な着こなしに仕上がります。

2017-11-9 UP

スタッフコメント

ライダースにシャツというキレイめなトップスにあえて機能性抜群のスウェットライクなパンツとスニーカーをチョイスし抜け感をプラスすることで、より洗練されたタウンユースな着こなしに。野暮ったくならないよう色味をモノトーンに統一しているポイントもGOOD。

2017-11-8 UP

スタッフコメント

柔らかな色彩のパンツとパーカーに全体の印象を引き締めるレザージャケットを合わせたコーデ。首元が寂しくなりがちなシングルレザージャケットにパーカーを合わせてあげることで小顔効果があるスタイリングに。肌寒くなってきたこれからの時期にオススメのカジュアルコーデです!

2017-11-7 UP

スタッフコメント

シンプルになりがちなコーディネートもアクセントカラーを追加するだけで、奥行きを感じるコーディネートに。アクセントカラーを取り入れる際のポイントとしては、取り入れる面積を狭く、そして、コーディネートのベースとなっているカラーの補色に位置するカラーを選ぶことがオススメです!

2017-11-6 UP

スタッフコメント

定番のGジャンとスキニーのブラックの合わせも、上にベージュのロング丈コートを合わせて上品さをプラス。中のGジャンは濃いめブルーで合わせるのもGOOD!肌寒い今の時期にオススメしたいワンランクアップできる大人コーデです。

2017-11-2 UP

スタッフコメント

シャツにテーラードを羽織ったスタンダードなキレイめスタイル。よくあるスーツ地ではなくツイード素材のテーラードをあわせることで、適度に遊びを効かせつつ、好印象な着こなしに仕上げています。

2017-11-1 UP

スタッフコメント

男らしさのあるレザージャケットに、キレイめな要素のあるタートルネックニット、白パン、革靴を合わせることで、大人の色気と艶感を感じさせるコーディネートに仕上げました。一歩間違えると、ギラついた印象が強くなりすぎてしまう恐れがあるので、そういったとき場合は、使用するアイテムの色味により一層注意を払いましょう!

2017-10-31 UP

スタッフコメント

イタリアンカラーコートでYラインを作ったキレイめスタイル。インナーには地味にならないようケーブル編みのニットをチョイス。パンツとブーツの色をあえて黒色で統一することで足長効果も期待できる秋冬のオススメコーデです!

2017-10-30 UP

スタッフコメント

SPUおすすめのキルティングジャケットは柄が控えめなタートルと加工なしのリジットデニムをチョイス。すっきりとした着こなしの中にキルティング柄のジャケットでシンプルながら着こなしにアクセントを与えてくれます。

2017-10-27 UP

スタッフコメント

ボリューム感のある黒いアウターを着用するときは、意外と使いやすいモカという色味のパンツを合わせることで重たい印象になるのを避けることができます。足元に白を持ってくることも秋冬のスタイリングを明るい印象に仕上げるポイントの一つです。

2017-10-26 UP

スタッフコメント

ダークトーンになりがちな秋冬のスタイリングには、マフラーで取り入れる差し色がおすすめ。柔らかい印象のライトブラウンのマフラーと落ち着きのあるネイビーのアウターというシックな色合わせでスタイリッシュに仕上げています。

2017-10-25 UP

スタッフコメント

無彩色の色合わせが多くなりがちな秋冬にも使いやすいのがオリーブ色。落ち着いたキレイめな印象を損なうことなく、程よくカジュアルな雰囲気にスタイリングをまとめてくれます。

2017-10-24 UP

スタッフコメント

トラッドな雰囲気漂うグレンチェック柄を合わせてシックな印象にまとめたベストコーデ。袖をまくり、手首を見せることでこなれ感が演出されます。シルバーアクセサリーを取り入れると手軽にスタイリングに感度の高さをプラスすることができます。

2017-10-23 UP

スタッフコメント

ネイビー・グレー・ホワイト・ブラックと、落ち着きのある色味でバランスよく構成した定番のキレイめスタイル。重ための色のアウターを合わせる分、ボトムスの色は明るめに。更に足元に黒を持ってきてボトムスの明るさを引き締める、というのが外れナシのキレイめスタイルを作り出すポイントです。

2017-10-20 UP

スタッフコメント

ハリのある布帛素材のトップスとセンタープレスパンツでキレイめにスタイリングしつつも、靴下やトップスの裾から見せるインナーのカット素材でヌケ感をプラス。力んだキレイめスタイルを程よくカジュアルダウンさせた感度の高さを感じさせるスタイリングです。

2017-10-19 UP

スタッフコメント

ゆるめのシルエットのトップスには艶感のある靴や細身のパンツを合わせて印象を引き締めることがポイント。だらしなくなることなくスマートなキレイめスタイルが完成します。袖をたくし上げて手首の細さを見せることも、ゆるっとしたシルエットを引き締めて見せるポイントの一つです。

スタッフコメント

スポーティーなアイテムを散りばめた大人のスポーツミックススタイル。色味をダークトーンでまとめ、ボトムスを細身のシルエットにすることでアウトドアな印象からキレイめカジュアルの印象へ寄せることができます。

スタッフコメント

くるみボタンが特徴的なきちんと感のあるショールカラーコートを使ったスタイル。ブラックのアウターでも重くならないよう、チャコールのスキニーを合わせています。グラデーションカラーのニットがシンプルな組み合わせの中にも華やかさをプラスしています。

スタッフコメント

コーデに迷ったらコレ!SPU定番のアンサンブルアイテムを大人の色気があるモノトーンスタイルでまとめたコーディネート。アンサンブルアイテムなら悩まずすぐにキレイなバランスのレイヤードスタイルがキマります。

スタッフコメント

上品なストライプが浮かび上がるストライプ編みシャツを使用したコチラのコーデは、全体をモノトーンでまとめることで、大人のキレイめスタイルを実現しています。 キレイめなアイテムをモノトーンでスタイリングすると、シーンによってはカッチリした印象が強くなりすぎてしまう場合もあるので、そういった場合は、シャツのボタンを開けたり、靴をスニーカーにしたりなど、シーンに合わせたカジュアルダウンを心がけましょう!

スタッフコメント

Gジャン×ニット×黒スキニーを合わせた鉄板のキレイめスタイル。細身のシルエットでまとめることで、都会的かつスタイリッシュな印象に。インナーにスムースではなく表情のあるケーブルのニットを合わせることで、華やいだ着こなしに仕上がっています。

スタッフコメント

明るいトーンの色合いでまとめたコーディネートは足元も明るくライトブラウンで合わせると爽やかな印象に。シンプルでさっぱりとしたコーディネートには、アクセサリーをプラスしてお洒落度をUPさせましょう。

スタッフコメント

古着のような加工が魅力的なパーカーのスタイリング。USED感があるパーカーにクールで男らしいライダースジャケットを合わせたことで、全体の印象を引き締められています。また襟のないアウターに首元にボリューム感のあるパーカーを組み合わせると、小顔効果も期待できます。

スタッフコメント

リブニットにレザージャケットを合わせた大人のキレイめ休日コーデ。ジャケットを脱いでもモノトーンの落ち着いた色使いが様になるので、室内での食事やドライブの予定がある日にぜひ試して頂きたいスタイリングです。

スタッフコメント

艶感のあるTR生地で作られたコーチジャケットを使用したコチラのスタイリングは、着丈の長いインナー、ガチャベルト、ロールアップ、スニーカーといったカジュアルな要素を取り入れることにより、こなれ感のあるコーディネートを実現しています。 また、全体的にカジュアルな要素の多い組み合わせも、カラーリングをモノトーンにまとめドレスアップすることで、引き締まった印象に仕上げる事ができるので、カジュアルなアイテムを多く使用する際は、アイテムの「色味」に注意してスタイリングしてみてください!

スタッフコメント

SPU定番のレイヤードカットソーをさらにランクアップしたこなれ感あるコーデのご提案。 簡単に取り入れられるレイヤードアイテムにウォッシュデニムを合わせ、スニーカーとインナーは白でリンクさせることでまとまりのあるコーデになります!

スタッフコメント

あいおうえおあいおうえおあいおうえお

スタッフコメント

あいおうえおあいおうえおあいおうえお

スタッフコメント

あいおうえおあいおうえおあいおうえお

スタッフコメント

あいおうえおあいおうえおあいおうえお

スタッフコメント

ショールネックカットソーのインナーにシャツを合わせたお洒落上級者向けのレイヤードスタイル。ショールネックで顔回りにボリュームが出て華やかな印象になります。袖と裾からもインナーのシャツの白い部分を覗かせることでヌケ感を作り出しています。

スタッフコメント

テーラードジャケットと細身のパンツという定番のキレイめスタイルですが、今回はカーディガンのような感覚で着られるニットで作られたジャケットがポイント。ニットの風合いがテーラードジャケットのカッチリした印象を少しラフにカジュアルダウンさせます。素材感を変えるテクニックで、感度が高く見えるスタイリングを創り出しています。

スタッフコメント

光沢感のあるショールカラーコートを使用したこちらのスタイリングは、 足元にキャンバス地のスニーカーを使用することで、コーディネートにプレッピーな印象を与えています。 キレイめになりすぎてしまう場合などは、足元を程よくカジュアルダウンすることで、 こなれ感を演出できるので、TPOに合わせて挑戦してみてください!

スタッフコメント

少し着丈の長いコートは体系カバーできるだけでなく遊びが効く大人のマストアイテム! インナーに濃いめのGジャンとホワイトのカットソー、下は黒で統一することでだれでも簡単に上級者コーデが楽しめます。

スタッフコメント

SPU定番アイテムのミリタリージャケットはオリジナル商品!ワーク感と土っぽさを感じさせず程よいヴィンテージスタイルが楽しめる一押しアイテムだからこそカーキのジャケットは黒でまとめることでビターで大人な着こなしキメてほしい。

スタッフコメント

秋を感じさせるダークトーンでシックに大人っぽくまとめたスタイリング。インナーの裾からわずかにレイヤードしているカットソーの白を見せることで重すぎる印象になることを防いでいます。コーチジャケットというカジュアルなアイテムに合わせるなら足元はスニーカーが外れナシ。スポーティかつキレイめなお洒落カジュアルスタイルです。

スタッフコメント

スーツの上に防寒着としてダウンジャケットを羽織ったスタイリングです。こちらのダウンジャケットは生地にピュアウールメルトンを採用することで、ナイロンやフェイクレザーのダウンジャケットとは違った趣のある表情を見せてくれます。差別化しづらいスーツスタイルこそ、素材感で周りと差を付けてはいかがでしょうか?

スタッフコメント

濃淡のグレーでスマートにまとめたキレイめシャツスタイル。センタープレスの入ったカッチリめのパンツをロールアップして穿くことでこなれた印象になっています。靴に黒を合わせることで、グレーなどの淡い色を使っていても全体の雰囲気が引き締められています。

スタッフコメント

モノトーンをベースにコーディネートを組むことで、程よい大人っぽさを演出しているこちらのスタイリングは、 インナーに表情のあるケーブルニットを使用したことで、シンプルになりすぎない存在感のあるスタイリングに仕上がっています。 また、ブーツ×ロールアップで足元に軽さを出したことで、重くなりすぎない程よく抜け感のあるスタイリングを実現しています。

スタッフコメント

メルトン地の落ち着いた雰囲気を損なわないトーンでアイテムを統一したスタイリングです。首元からチラリと覗かせるインナーの白がポイント。シンプルながらもこなれたお洒落度の高さを感じさせるさりげないレイヤードテクニックです。

スタッフコメント

スウェードのシングルライダースとパーカーを重ね着したコチラのコーデは、ライダースの色以外を無彩色にまとめることで、ギミックを効かせながらもまとまりのあるコーデに仕上がっています。ライダースだけだとどこか寂しさを感じる場合は、ライダース×パーカーの重ね着に挑戦してみてはいかがでしょうか!

スタッフコメント

全体をモノトーンで統一したスタイリング。光沢感のあるパンツとローファーを合わせてカッチリした印象にまとまったスタイリングにニットソージャケットをプラスして程よくカジュアルダウンさせています。カジュアルダウンさせるアイテム合わせで、こなれた雰囲気を感じさせるスタイリングの完成です。

スタッフコメント

モノトーンにオフベージュのライダースジャケットを合わせた秋冬の大人コーデです。スタイリッシュで老若男女問わず好印象を与えてくれます。室内に入ってジャケットを脱いだときのことも考慮してニットの裾からインナーを出してバランスを取っている点もポイントの1つです!

スタッフコメント

ネイビーのニットに明るめのデニムで説妙な統一感が◎ インナーとシューズはホワイトを合わせることでまとまった印象になります。 だらしなく見られがちなダメージデニムも程よく清潔感を感じさせるハイセンスな着こなしです!

スタッフコメント

スニーカーでヌケ感を出したこなれたニットスタイル。シャツと光沢感のあるパンツでまとめたキレイめスタイルに、あえて外しのスニーカーを合わせることでグッとお洒落な印象に。艶感のあるスニーカーなら、キレイめなスタイルに合わせても浮くことはありません。

スタッフコメント

ナイロン素材の軽やかなコートをメインにスポーツテイストで統一したまとまりのあるスタイリング。スポーティーアイテムは他に組み合わせるアイテムをさっぱりシンプルなものにすることで、お洒落なカジュアルスタイルを作ることができます。

スタッフコメント

ブラックのニットに、深みのある色合いのパンツを合わせたコチラのコーデは、インナーのカットソーをニットの裾部分から見せることで、程よい抜け感をコーデに与えています。また、全体的に重くなりがちな色合わせもロールアップし足首を見せることで、軽やかな印象をプラスしています。シンプルな色合わせの中にも、気が利いた技が散りばめられたこちらのコーデを、是非参考にしてみてください!

スタッフコメント

全体をモノトーンでまとめつつ、プルオーバーパーカーにスニーカーで絶妙なワーク感をプラス!大人の余裕を感じさせる大人の着こなしです。

スタッフコメント

ジャケットにボーダーを合わせたコーデ。ベージュとモノトーンの組み合わせがフレンチスタイルの上品な印象を作ります。足元に白スニーカーを合わせることで、程よくヌケ感がでるのでキメ過ぎな印象になりません。品良くお洒落にまとまる休日の大人のオススメスタイルです。

スタッフコメント

知的な印象と男らしい印象を絶妙なバランスで兼ね備えた大人の休日スタイル。シングルライダースでスタイリッシュに男らしさを演出しながらも、インナーにニットを合わせることで、程よくカジュアルダウンしています。小洒落たバーでのデートの待ち合わせにも最適な着こなしです。

スタッフコメント

一見シンプルながら、トップスに合わせる同色のアウターでグッとお洒落度が高くなった上級者向けスタイリング。表面に凹凸感がある表情豊かなワッフル生地を使用したアウターを合わせたことがポイント。アイテム同士で異なるテクスチャーであれば、同色の組み合わせもお洒落に仕上げることができます。

スタッフコメント

袖部分が切り替えされた色味のあるレザージャケットは、柄などを避け、シンプルに着こなすことがポイント。 ジャケットの裾より長めなインナー使用することで、程よいこなれ感を演出しています。 通常のレザージャケットより、カジュアル感が強い切り替えレザージャケットは、こなれ感や、艶っぽいアイテムを使用することを意識してコーデを組むことで、大人の色気を演出することができますよ!