身体の静電気の測り方?
アーシング測定キットの使い方
体表電圧測定


タイトルは「身体の静電気の測り方」とありますが
静電気は特殊な測定器でないと測れません。


初めに静電気とは、皆さんがよく知っている、特に冬などによくある、金属をさわると「パチッ」となる静電気のことです。この現象は身体の表面に溜まった静電気が、電気が通りやすい金属などに触った瞬間一気に放電することでパチッとなります。こちらがみなさんがよく知っている静電気だとおもいますが
それとは別に体内に溜まる体内静電気というものもあります。

アーシング測定キットは、これらの静電気を測定するのもではございませんが、違う方法でアーシングが出来ているか確認することができます。

※要注意※
電磁波測定器では、アーシングできるかを正しく確認できないことがございますので、

電磁波測定器でアーシングができているかの確認の測定はしないでください。
アーシングができてるかどうか確認するための測定器は
アーシング測定キットをご使用ください。

アーシング測定キットでできること


①アース接地の確認
・アースが地面に繋がっているか(機能しているか)確認することができる

②製品チェック
・グッズや、コードが接触不良などがなくアーシングができる電気が通る状態かの確認ができる

③体表電圧測定
・体の表面の電圧を測定することができる。
・アーシングしたときにどれくらい数字が下がるかを確認できる。


④断線チェック
・どのコードが断線しているのかを確認する

※必ず、①➡②➡③の順番で測定してください

まずはアーシング測定キットの針先には
キャップが付いてますのでそちらを外してください




①アース接地の確認

②製品チェック




③体表電圧測定



断線しているかもしれない場合はこちらで確認してみてください。
※こちらの機種は前のものになります。


④断線チェック

体表電圧測定について(体内電圧や身体電位)

結論から言うと体内の電気はアーシング用に売っている測定器では測ることはできません。

youtubeやブログ記事などで、テスターで“体内電圧”や“身体電位”を測ると言われていることがよくありますので、
体の中の静電気を測れると思われてしまう方が多いのですが、

まず何を測定しているのかを理解するところからはじめてみましょう!
※以下、当社は測定しているのは電圧なので「体表電圧」と呼びます。


体表電圧とは・・・測定場所(その場所)の電磁波(電場)による、身体の表面にある電圧。

電化製品が電源が入っていて動いていますよね、電気が通っている電線などはその周りに電磁波を発生します。
その電磁波の中には電圧があります。
その電圧を誘導電圧といい測定しているものは、その誘導電圧になります。


アーシング測定キットで測定しているもの



体の表面の静電気は微量で例えばアースに繋がっているテスターの棒を触っただけでも逃げていってしまします。
もちろんアーシングすればすぐに逃げていってしまいます。
なので静電気を計ろうとするには特殊な装置でしか計れません。

体表電圧測定はその場所の電圧を測り、アーシングすることでその電圧はアースに流れるので数値が下がるのです。

アーシングをやめると数値が戻るのはその体の表面の電圧を測っているので、
アーシングしなくなるとアーシングしていない状態に戻るので、測定値はもとの状態に戻るということになります。

よく、数値が0Vになる写真や動画がありますが、アーシングコードに抵抗がないものや、当社の製品のように安全性の為にアーシングコードに抵抗が内臓されていても数値が0Vになるいい条件が整っている為か、測り方が間違っているかのどれかです。

なぜかと言うと、人も電気信号で動いているため、同じように電気を発しています。人も常に動きがある為、つねに電圧発生しています。

なので本来、理論的には0Vなる事のほうが考えずらいと言うことになります。
条件がよくても0.001~0.003Vなど微量な電圧は測定されると考えていいでしょう。

下がったときの数値が高かったり低かったりするのは、その場の電圧の高さや、人によっても変わってきます。

そしてそれを計るテスターによっても微妙に数値が変わってきます。

もちろん体表電圧を測定し数値が高ければ、電磁波による影響も高いという事になります。

たまに数字が上がることがございます。
「①アース接地の確認」と、「②製品チェック」ができていれば


体表電圧を測定し、結果「何V」でも、数字がうごけばアーシングはできているという事になります。



高価な身体電圧測定器とアーシング測定キットの違い!


アーシング測定キットや、身体電位測定器のお値段


お値段が2万弱~3万円のものと当社のアーシング測定キットでは何が違うのかというと、
テスター自体の「精度」というものが違います。
いかに誤差が少ないかという事なのですが、アーシングが出来ているかを確認すのであれば、
多少の制度は要求されますが、
そこまで高価で制度のよいものではなくても特に問題ありません。


「そんなの高くて買えないよ!!」

安いデジタルマルチメーターではだめなのですか?

デジタルマルチメーターでもなんでも言いわけではないんです。
0.000まで計れるテスターを選びます。
オートレンジという小数点の位置をオートで動かしてくれるものがいいと思います。



そして、これが一番重要なのですが、
アースに接続するための長いコードが必要になります。



※注意点として気をつけてほしいのはコンセントチェッカーをお勧めしている業者さんもいますが、あれは制度よくないのでおすすめはしておりません。

もし、対応しているテスターだけお持ちの方は、テスターの黒い棒の方を別で銅線を用意して延長させてアースまで繋げる事ができれば同じことになります。
測定するとき、テスターの黒い棒はアーシングマットなどのアースと同じアースからとってください。

※注意※テスターとアーシングマットなどのアースを別々のアースに接続して測定すると、アースは全て同じ0Vではありません。それぞれのアースにも電圧の差がありますので、アーシングしても数値が上がってしまう事があります。

以前の資料ですが、下記のような参考にならない資料もございます。



ドイツ建築生物学協会の電磁波ガイドラインSBM2008というものによると

問題ない体内電圧数値は0.01V以下
少し問題があるのが0.01~0.1V

(これは過敏な人の場合、なんらかの症状が出ることもある程度の電圧とされています)

かなり問題あり0.1~1V
重症1V~

体の表面の電圧ですので

なので根本的に違います。ドイツ建築生物学協会の電磁波ガイドラインSBM2008の基準は全く基準になりません。

測定しているのはその場の環境の電圧になりますので、測定する場所や条件で数値が全然変わってきます。

アーシング前は2V~3Vでアーシングしても0.1~0.6Vまでしか下がらなかったり、アーシング前1Vでも0.4~0.6Vまでしか下がらない事もあります。
これは、アーシングコードに安全性の為抵抗があるためなので下がらないというのは特に問題ありません。

場所によっては30V~40V以上のところもあります

アーシングの本来の目的は電磁波対策だけではなく

大地と繋がり 体内静電気を逃がす

ということなので

正しくアーシングマットを繋げて数値が下がればアーシングされているという事にはなります。

いろいろな場所で計ってみると面白いので試してみてくださいね!





リラクリフェ おすすめ商品


$GoodsName$ $GoodsName$

$GoodsPrice$円(税込)

More Less


▌お知らせ



▌カテゴリ

▌カレンダー

$year$年$month$月
$year$年$month$月
今日