目次
衣替え収納用品特集

衣替え収納用品特集

季節の変わり目を感じたら、必要になってくる「衣替え」。
「面倒だな…」と思わなくて良いように、衣替えをラクにする収納用品を選びましょう!

シーズンオフの衣類、どうやって収納する?

引き出し付き収納ケース

衣類の収納を選ぶ際は、奥行の長さで「クローゼット」と「押入れ」を使い分けましょう。
一般的にクローゼットの方が奥行は狭く、押入れの方が長く設計されています。
引き出しタイプなら収納ケースごと引っ張り出す必要がなく、その場で引き出しを開けて中身を入れ替えられて便利です。

クローゼット用の引き出し付き収納ケース

クローゼットシステム
クローゼットシステム
S・M・Lの3種類のケースを組み合わせて、自分だけのチェストにすることができる収納ケースシリーズです。
シンプルな見た目でリビングなどに出しっぱなしにして使うこともできるので、「収納ケースごと衣替え!」なんて荒業も可能に!
シリーズを全部見る
フィッツケースクローゼット
フィッツケース
奥行53cmのクローゼット用フィッツケースのシリーズです。
幅・奥行が同じケースは積み重ねて使うことができるので、深いサイズや浅いサイズなど自分の使いやすい大きさを選んで組み合わせて使うことができます。
シリーズを全部見る

押し入れ用の引き出し付き収納ケース

ストラ
ストラ
シンプルなデザインで使いやすく、半透明の引き出しで中に収納したものをふんわりと見ることができます。
天面と底面がかみ合うように作られており、しっかりと重ねて省スペースに収納場所を確保できます。
シリーズを全部見る
フィッツケース押入れ
フィッツケース
奥行74cmで押入れにすっきり収納できる押入れ用のフィッツケースです。
クローゼット用のものと同様に、 幅・奥行が同じケースは積み重ねて使うことができ、好みの組み合わせで使用できます。
シリーズを全部見る

引き出しごと入れ替えるだけの衣替えスタイル

オフシーズンのものを入れておく場所と普段使いの衣類をしまう場所、どちらにも同じ収納ケースを設置することで、本体は動かさずに「中身の引き出しだけを入れ替えて衣替えをする」ことができます。
普段使っている状態のままセットできるので、あっという間に衣替えができちゃいますよ。

フタ付き収納ケース

引き出しタイプではない収納ケースです。埃よけのフタ付きで、積み重ねて使用できるものが多いのもポイント。
前開きタイプの収納ケースは、積み重ねたままでも取り出しができます。衣類が多い人や、セーターなどのかさばる衣類をたくさん持っている人におすすめです。
オリオン
オリオン
程よく隠し、ぼんやりと中身が確認ができる半透明タイプの収納ケースです。中身が服なのか、タオルなのか、その他のおもちゃや小物類なのか、ざっくりと見分けることができるのがポイント。
開閉しやすい留め具で日常使いもしやすいです。
シリーズを全部見る
forc
forc
見た目はすっきりとしたデザインですが、脚部分にコロが隠れているので取り出しや移動がスムーズです。
ケース同士を積み重ねて使うこともでき、またケースの内側には凹凸がないので、収納物もすっきりと収めることができます。
シリーズを全部見る

チェスト(たんす)

衣類の収納といえば、たんす(チェスト)。防虫・除湿効果のある桐製のたんすや、軽くて移動しやすいプラスチック製のチェストなど、素材や大きさ、特徴も様々。
置き場所や収納したいものの量に合わせて選びましょう。

木製チェスト(たんす)

桐たんす
桐たんす
クローゼットや押入れのデッドスペースを有効活用できる桐製のたんすです。
底面に隠しキャスター付きで移動もラクラク。調湿機能や防腐効果に優れており、衣類の保存には最適です。
シリーズを全部見る

プラスチック製チェスト

ルームスシェード
ルームスシェード
工具不要で短時間で簡単組み立てができるプラスチック製のチェストシリーズ。
軽くて持ち運びも簡単、豊富なカラーと透けない引き出しタイプなので、しっかり中身を隠すことができ、リビングなどに置いてもお部屋の雰囲気を壊しません。
シリーズを全部見る
フィッツプラス
フィッツプラス
人気のフィッツシリーズのチェストタイプです。引き出しはスルッとスムーズに開閉でき、しかもロック機能付きで不意に飛び出すのを防ぐこともできます。
フィッツプラス特集を見る

布製収納ケース

通気性の良い不織布などの布製の収納ケースはカビが付きにくく、軽くて持ち運びもしやすいので扱いやすいです。
透明窓などが付いたタイプは中に何を収納しているかもわかりやすく、衣類の入れ替えも簡単です。
使わない時はたたんでコンパクトにしまっておけるのも便利!

クローゼットに掛けて収納

クローゼットなどの掛け収納は、衣類をたたんでしまう必要がないのでラクちん!
収納できるスペースが決まっているので、余分に衣類を持ちたくない人は管理がしやすいです。デッドスペースを上手に利用できるクローゼット収納グッズもあります。
衣類収納アップハンガー
衣類収納アップハンガー
衣類を段違いに掛けるだけで収納力がアップする、特別な設定や調整は何も必要ないクローゼットやパイプハンガーにぴったりのアイテムです。
シリーズで伸縮タイプや上下に分けて収納できるブランコハンガーなどもあります。
シリーズを全部見る
衣類ハンガー特集

大事な衣類やコート類にはカバーを

クローゼットに服を掛けて収納する場合は、埃や虫をよけるためのカバーがあると安心です。

衣替え収納のコツ

何がどこにあるのか、ひと目で分かるようにする

何をどこにしまうのかを決めておくと、衣類を探す手間が省けます。
布製のケースや箱タイプのものも、タグを付けるなど「中に何が入っているのか」を分かるようにしておくと便利です。

中身が分かる衣装ケース

ダニ対策(防虫)はしっかりと

ダニが好む湿度にならないよう、定期的に換気を行いましょう。
ダニよけシートを敷く際は、敷きっぱなしにならないよう注意し、半年~1年に一度は取り換えましょう。

防虫剤・ダニよけシート

湿気対策でカビから守る

定期的に換気をすることで、湿気の対策やカビの発生を抑えることができます。
なかなか換気をしにくい場所には、除湿剤などを置くことで対策することもできますよ。

除湿剤・除湿シート


衣類以外のものも収納

季節で使い分けるものは、衣類以外にもありますよね。
布団やバッグ、ストールやマフラーなどの小物類も、次の季節で使えるように保管しておきましょう。

布団を収納

布団収納特集

バッグを収納

小物を収納


おすすめの収納用品

おすすめの特集一覧はコチラ

ページTOPへ戻る

戻る

ページトップ