胡蝶蘭の育て方・栽培管理方法


胡蝶蘭の性質


胡蝶蘭の花の特徴が蝶に似ていることから
PHALAINA(蝶)OPSIS(のような)の2語により名付けられました。
胡蝶蘭は熱帯アジアに分布しておりフィリピン群島が主な原産地です。
胡蝶蘭は高温で湿潤な河川や海岸に近い樹木に着生しているため
高温多湿、通風を好みます。
通常、園芸用の胡蝶蘭の花芽は9・10月頃から伸び始め、
2・4月が開花期になります。

胡蝶蘭の温度


園芸目的の胡蝶蘭の特徴として冬の成長する最低温度は20℃の環境が理想的ですが、15℃以上なら冬でも元気に生育します。
根腐れに注意しながら、温度とともに湿度(60・70%)が高いとこが必要ですから、
温度だけに気をとられていると病気や根腐れにより負担になり失敗することがあります。 胡蝶蘭の成長や花を見るだけなら12・13℃位の環境でも構いません。6・9月は通風の良い場所に置きましょう。

胡蝶蘭の置き場所


胡蝶蘭は冷暖房器(エアコン)の近く、直射日光は避けてください。
直射日光等の強光線を嫌います。レースのカーテンなどで胡蝶蘭を遮光した環境で成長、観賞してください。
冬で直射日光は30%夏で直射日光70%の遮光を目安とします。
胡蝶蘭の鉢元に施されたラッピングは一週間くらいで外してください。
長期にわたり放置しますとバークや水苔が乾きにくく根腐れを起こす可能性があります。

胡蝶蘭の置き場所

胡蝶蘭への水の与え方


胡蝶蘭への水の与え方 園芸目的の胡蝶蘭の特徴で肥大した茎(バルブ)のない種類ですから、長い期間の乾燥には強くありませんが、 過湿も根腐れを起こすので水苔やバークが少し湿り加減の状態にします。
特徴として冬はやや乾き気味にして、春から秋にかけては少し多めに潅水します。
鉢の中心部が乾いたらコップ一、二杯程度与えてください。
バークの場合はバークが十分に給水するまで。
その際、鉢皿に溜まった水は捨ててください。
冬は病気になりやすいため、水道の水をそのまま与えず、
汲み置きの水を与えてください。

胡蝶蘭の肥料


春から秋にかけては園芸用のハイポネックス準備し月に2・3回潅水と一緒に施します。
冬は、特に必要ありません。

胡蝶蘭の花が咲き終わったら


園芸用の胡蝶蘭は茎の付け根から10cmあたりのフシの上、1cm位の所を鋭い刃物で切り、胡蝶蘭の花の部分を切り取ってください。
条件が合うと成長しまた新しいお花を楽しむことが出来ます。

胡蝶蘭の植え替え


5・6月の夜間・日中ともに暖かくなってからの環境でバークや水苔を準備し始めます。
胡蝶蘭の鉢底に1/3位鉢かけらを入れ、水苔やバークで根を傷めないように植えます。鉢は、負担にならないよう素焼鉢が良いでしょう。

開花鉢の管理


園芸の胡蝶蘭の茎と茎を結んである紐は、輸送時の揺れ防止の為、飾る時は外して下さい。
胡蝶蘭の開花中は、居間や玄関に置き、直射日光を避けて楽しみましょう。
胡蝶蘭のつぼみが開きやすいように霧吹き等で湿度を高める工夫をしましょう。
冷暖房機器の風が直接当たる所は、病気になる可能性があるため絶対に避けてください。
胡蝶蘭の花が終わったら胡蝶蘭の花茎を元より2・3節残して切ると、
もう1度成長し胡蝶蘭が咲くことがありますので、試してみてください。



マイクロ胡蝶蘭

テーブル胡蝶蘭

ユミ2本立

パレルモ2本立

ミディ2本立

胡蝶蘭3本立

胡蝶蘭3本立

胡蝶蘭3本立

胡蝶蘭2本立

胡蝶蘭3本立

胡蝶蘭3本立

胡蝶蘭3本立

胡蝶蘭5本立

胡蝶蘭5本立

観葉植物市場