京橋ワイン楽天市場店

マリー・アントワネットはパイパー・エドシックの初代アンバサダー

パイパー・エドシックはフローレンス=ルイ・エドシックが1785年に創業した、歴史あるシャンパーニュ・メゾンのひとつです。

フローレンス=ルイの「王妃にふさわしいシャンパーニュを(réussir une cuvée digne d’une reine)」という言葉どおりに、洗練を極めたエドシックのシャンパーニュは宮廷で人気を博すようになり、当時のフランス王妃マリー・アントワネットへ献上されました。

レッド・カーペットのシャンパーニュ
パイパー・エドシック

パイパー・エドシックは1991年から、国際映画祭の最高峰カンヌ映画祭の公式サプライヤーとなっています。

偉大な女優マリリン・モンローもパイパー・エドシックのシャンパーニュを愛し、

「寝る時に身につけるのはシャネルの5番。毎朝欠かさないのはパイパー・エドシック。私の目覚めの1杯よ」

という言葉を残しています。

アカデミー賞では第87回~92回(2015~2020年)の授賞セレモニーで唯一振舞われるシャンパーニュ・メゾンとして、毎年限定デザインのボトルが提供されています。

このほか、権威ある国際映画祭の数々でスポンサーをつとめており、映画芸術へのコミットメントを継続しています。

(※左の写真は、2020年アカデミー賞授賞セレモニーで提供された、マグナムボトルとなります。)(※上の写真は、2020年アカデミー賞授賞セレモニーで提供された、マグナムボトルとなります。)

全豪オープンの公式シャンパーニュ

映画界とのつながりのみならず、パイパー・エドシックは、毎年1月後半に豪州メルボルンで開催されるテニス4大国際大会の一つである全豪オープンの公式シャンパーニュになっています(2019~21年の3年間)。

大会開催中は期間限定のPOP-UPバーを開設し、多くの来場者にパイパー・エドシックが提供されました。

細かな泡ときらめく黄金色を生み出す貴重なバランス

パイパー・エドシックは、モンターニュ・ド・ランス地区からコート・デ・バール地区に至る広大なブドウ畑を所有しており、その中から厳選した100あまりの畑のブドウを使用します。

ピノ・ノワールを中心に、シャルドネとムニエをブレンドし、リザーヴワインを10~15%加えることで、バランスが整い、フレッシュで上品な香りとフルーティな味わいを持つ、美しい黄金色のシャンパーニュに仕上がります。

2000年前半よりコート・デ・バール地区産のピノ・ノワールに着目することで、新たに、果実味とエレガントさをもちあわせたパイパー・エドシックのスタイルが生まれました。

醸造には畑の区画ごとに、小さいもので20HLから4100HLの様々なサイズのステンレススティールタンクを使用し、ヴィンテージごと、区画毎に保管されています。リザーヴワインも同様です。

新シェフ・ド・カーヴの誕生

2018年9月パイパー・エドシックの新シェフ・ド・カーヴとしてエミリアン・ブティヤが就任しました。

30代と若くして技術的な専門知識、ハイエンド シャンパーニュ メゾンでのワインメーカーとしての実績、サステイナブルなブドウ栽培への取り組み、国際的で豊かな経験など、パイパー・エドシックに必要な資質をすべて持ち合わせています。

「テロワールを尊重し、ブドウ本来のポテンシャルを存分に表現させること」という自身の信念に従い、全てのパートナーに対し、常にサステイナブルな方法でブドウを栽培することを推奨し、環境に優しい栽培方法を広めることに努めています。

また、すべての自社畑は、HVEとVDEのダブル認証を取得。ブドウ畑の周辺に低木を植えることで生態系整える取り組みや、ソーラーパネル付きの100%自動電動ロボットを導入するなどし、伝統的なワインづくりに近代技術を加えるなど、新たな取り組みに挑んでいます。

ブリュット
エッセンシエル
ブラン・ド・ブラン
ロゼ・ソヴァージュ
ブリュット ヴィンテージ
シュブリーム