京橋ワイン楽天市場店

歴史あるフランスのブティック・シャンパーニュメゾン

シャルル・エドシックは、類いまれなカリスマ性をもった創業者シャルル=カミーユ・エドシックによって1851年に創立されました。

当時弱冠29歳であったにもかかわらず、理想を実現するべく、自身の個性を反映し、自らの名を冠したシャンパーニュブランドを始めます。冒険家、起業家、粋なジェントルマンとして同世代人に知られ、多くの偉大な著名人を魅了してきた彼は、後に「シャンパン・チャーリー」と呼ばれるようになり、映画や歌のモデルにもなりました。

ガロ・ロマン時代の採石場跡をいち早く熟成倉庫として利用

The True Exception


シャルル・エドシックでは、ガロ・ロマン時代に作られたクレイエール(採石場跡)を熟成倉庫として利用しています。

創業当時は見向きもされなかったクレイエールでしたが、迷路のように入り組んだ地下道と地下室の湿度がシャンパーニュの熟成に最適であると、創業者のシャルル=カミーユは見抜いていました。

気温10度に保たれたこのクレイエールで、シャルル・エドシックのシャンパーニュは長期間熟成されます。

2015年には、ユネスコ世界遺産に登録されました。

創業者のダンディーさを表現する贅沢な品質

創業者シャルル=カミーユが活躍していた頃から「シャルルのワインは、いつも飲めばすぐにそれとわかる」と評されていましたが、特徴づけたのはその贅沢な品質。

ブリュット レゼルヴのアサンブラージュの60%はその年のワインですが、残る40%はリザーヴワインを使用しており、これにより複雑で深い味わいを生み出しています。しかも、リザーヴワインは平均で10年の熟成を経たものというこだわりよう。

さらに、ダニエル・チボー、レジス・カミュ、ティエリー・ロゼ、そしてシリル・ブランといった歴代の卓越した醸造責任者に恵まれ、伝統を守るだけではなく、新たなスタイルを造りだすメゾンとして今もなお挑戦を続けています。
ダンディーとして鳴らした創業者の生きざまを感じさせる、贅沢なシャンパーニュなのです。

各国の王室や著名人に愛されてきたシャルル・エドシック

高品質で贅沢なシャルル・エドシックのシャンパーニュは、1859年のボルドー万国博覧会で金賞を受賞。以降は瞬く間に、ロシア、スウェーデン、オランダ、ポルトガル、バイエルン、プロイセン、ザクセン・ワイマール、スペイン、ルクセンブルク、オーストリア、エチオピアなど世界の王室や宮廷で愛飲されるようになりました。

英王室との関わりは深く、1897年にエドワード7世御用達となり、1977年にはエリザベス2世在位25周年限定ワインを製造。1981年のチャールズ皇太子とダイアナ妃の結婚の際には「ロイヤル・ウェディング・キュヴェ」を発表しました。

また、政治家のアイゼンハワーやチャーチル、ジャズ歌手・女優のジョセフィン・ベーカー、画家のダリ、探検家のロバート・ファルコン・スコットなど錚々たる著名人が、大切な人をもてなす機会や記念すべき舞台でシャルル・エドシックを信頼し、選んできました。

シェフ・ド・カーヴ シリル・ブラン

2015年5月より、シャルル・エドシックのシェフ・ド・カーヴに就任。大手シャンパーニュメゾンにて培った知識と経験を生かすと同時に、シャルル・エドシックの伝統スタイルを表現することに尽力しています。

2019年にはIWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)が選ぶ、スパークリング・ワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに輝きました。

シリル・ブラン