ABOUTCBDとは

CBDとは『カンナビジオール』の略称で、
植物に含まれる天然成分の一種です。

大麻草から抽出される成分なので、法的な心配がありますが、国内に流通しているCBD製品に違法性はありません。

CBDの安全性

日本ではまだ認知度の低いCBDですが、WHOも安全性を認めており、欧米諸国を中心に、オイル、ペースト、化粧品や食べ物など、あらゆる形状、形態に加工された製品が販売されており、手軽に手に入れることが出来ます。
近年では、プロのアスリートや海外セレブの使用も相まって、次世代の栄養成分としての注目を集めています。

心身を整えるCBD

心身を整えるCBD

CBDに期待される効果は、ストレス解消や睡眠導入、腸の働きの補助、疲労回復など様々です。
日常の不調に対して手軽に使え、これらの悩みを天然成分のCBDで改善できれば、鎮痛剤や睡眠薬などを飲む回数が減らせ、身体への負担軽減につながります。
肌トラブルにも効果的といわれており、CBDが含まれた基礎化粧品も製品化されています。

こんな方にオススメ

TYPE製品タイプ

現在、様々なCBD製品が開発されており、摂取方法も多種多様です。医療分野の世界でも注目を集めているCBDですが、その効果を実感するためには、継続して摂取することが非常に重要です。そのため、ご自身の趣味嗜好や、生活スタイルにあった製品をお選びすることをお勧めします。

オイル

オイルイメージ

最もポピュラーなタイプ

種類も多く、初心者から上級者まであらゆるユーザーにおすすめです。通常の経口摂取以外にも、肌に直接塗ったり、ドリンクに混ぜて飲む等、多用途で使用することが出来ます。

もっと見る

カプセル

カプセルイメージ

CBDの味や臭いが苦手な人に

通常の錠剤同様、噛まずに水で流し込むタイプ。CBDの味や臭いが苦手な人におすすめです。
オイルより緩やかに効き始め、効果の持続力があるので、リラックスしたい睡眠前に利用する方法がおすすめです。

もっと見る

イート・ドリンク

イート・ドリンクイメージ

手軽で続けやすい

グミや飴などに加工された食用タイプです。CBDの効果が長く持続するメリットがあります。
長時間のフライトや、お家でまったりしたい時に利用する方法がおすすめです。
食べるだけの手軽さ、継続のしやすさから、近年人気が高まっています。

もっと見る

ビューティー

ビューティーイメージ

乾燥肌や敏感肌に

ボディクリームやリップクリームなどの、基礎化粧品に加工されたタイプです。
海外の厳しいオーガニック基準をクリアしているものが多く、敏感肌の人にもオススメです。
CBDと美容成分を掛け合わせた、次世代のスキンケアとして期待されています。

もっと見る

リカバリー

リカバリーイメージ

運動後の疲労や肩のコリに

運動後の疲れや、体のコリ・痛みに対してアプローチするタイプ。身体に直接塗るクリームや、湿布があります。
プロの格闘家やアスリートに愛用者が多いことからも、その効果が期待できます。デスクワークによる疲労やコリにも。

もっと見る

リラックス

リラックスイメージ

癒やし成分をプラス

アロマやフレグランスなど、癒し成分をプラスしたタイプ。バスソルトや、ボディーマッサージ用のクリームなど、 CBDのリラックス効果との相乗効果が考えられた製品があります。

もっと見る

クリスタル

クリスタルイメージ

最高濃度のCBD

他成分を除去し、CBDのみを結晶化させたもの。別名、CBDアイソレート。
無味・無臭なので、小さいお子様や、ペットでも摂取しやすいでしょう。
CBD濃度は非常に高く、料理に混ぜたり、CBDリキッドやオイルに混ぜて使用する方法が人気です。

もっと見る

ヴェポライザー・リキッド

ヴェポライザー・リキッドイメージ

ちょっとした空き時間に

ヴェポライザー(専用の器具)を使い、気化したCBDを吸引して摂取するタイプです。
最も吸収効率がよく、CBDの効果がすぐに体感できるメリットがあります。
フレーバーの種類が豊富で、自分好みの香りを選ぶ楽しみもあります。

もっと見る

BRANDブランド

欧米を中心に世界に数多く存在するCBDブランド。品質、成分、価格、製法などを吟味し、弊社がおすすめするブランドを紹介します。

ENDOCAイメージ

2013年設立のデンマーク企業。創業者の家系は、代々オーガニックヘンプの栽培を行っており、世界でも最高品質のヘンプを供給していました。
ENDOCAのHEMPは100%ヨーロッパ産。厳しい試験を通され、完全合法・オーガニックな製品づくりをモットーとしています。

製品一覧はこちら

hemptouchイメージ

2014年に設立された、スロベニアの企業。ヘンプ由来の敏感肌用スキンケアブランドとしてスタートしました。
現在日本に輸入されているCBD製品で唯一、「The Beauty Shortlist Award」を受賞している、世界的に人気の高いメーカーです。

製品一覧はこちら

Pharmahempイメージ

スロベニアに拠点を置く、オーガニック・ヘンプの生産をしている企業です。
HEMPの種子の選別から収穫、流通まで、すべてのプロセスを管理しており、信頼できる一貫性のある最高品質の製品を作り続けています。

製品一覧はこちら

Hempmedsイメージ

世界で初めて合法的にCBDオイル製品を開発、CBDオイルの存在を世界に広く認知させたパイオニア的存在のアメリカ企業です。
ハイクオリティなフルスペクトラムオイルが多く、プロのアスリートや格闘家からも注目を集めています。

製品一覧はこちら

Dixie botanicalsイメージ

ディキシーボタニカルズは、ヘンプメッズ社がプロデュースするプロダクトラインのひとつ。
より手軽に、よりカジュアルに、誰もがCBDにアプローチしやすいように、コスト面も考えられて製品化されています。

製品一覧はこちら

CBDfxイメージ

米国カリフォルニア州ロサンゼルス発のCBD専門ブランド。米国、ヨーロッパをはじめ、世界61か国で親しまれる、米国最大手のCBDブランドの1つです。
高品質で安心安全な、オーガニック栽培された米国産産業用ヘンプを使用しており、健康志向の高いLA市民も認める、ナチュラルでビーガンな製品が特徴です。

製品一覧はこちら

vapenaturaイメージ

ヴェポライザー用のリキッドを扱う、スロベニアの企業です。ヨーロッパ産オーガニックヘンプを使用。甘味料、ジセアチル、アルコールは一切使用していません。
お求め安い価格帯で、CBD特有の臭いも弱く、喫煙経験が無い方にも気軽に試せる商品がそろっています。

製品一覧はこちら

Q&Aよくある質問

カンナビジオール(CBD)とは何ですか?
CBDとはCannabidiol(カンナビジオール)の略で、ヘンプ(麻)に含まれる主要な天然成分の1つです。
近年、大麻草に関する研究においてCBDにはあらゆる薬理作用があることが分かっており、世界中から注目を集めています。
ヘンプとは何ですか?
ヘンプとは、産業用の麻のことです。
古くから、種子は油や食用・飼料などに、枝などは建築用資材や繊維にされて、衣類などに活用されています。
特に種子に関しては近年注目度が高まっており、スーパーフードや健康食品として重宝されています。マリファナとは品種や用途が異なります。
CBD製品は違法ではありませんか?
大麻草というと違法のイメージがありますが、CBDに違法性はありません。
大麻草に含まれる、精神作用を及ぼす違法成分はCBDではなくTHCです。
マリファナが保有するTHCを摂取すると、精神錯乱を招き、いわゆる「ハイの状態」を誘発します。
弊社ではお客様に安心・安全を担保するために正式に国から認可されたCBD製品のみを、正規販売店としてお取り扱いしています。
CBDに副作用はありますか?
CBDは植物由来の成分なので、化学薬品のような強烈な副作用がないのが特徴ですが、高濃度のCBDを多量に摂取した時などは眠気を伴うことがあります。
これはCBDのリラックス効果によるものです。このためCBDの摂取後は車の運転や、機械の操作などは控えるべきでしょう。
この他、CBDの典型的な副作用として喉が渇くことがあります。
子供が使用しても大丈夫ですか?
一般的な食品同様年齢制限はありませんが、ヴェポライザーなどの喫煙タイプには、未成年による使用が禁止されている商品があります。
カプセル型やグミなどを選ぶ場合は、小さい子供では飲み込むのが困難であったり、過剰摂取をする危険がありますので、十分にお気をつけください。
ペットに使用しても大大丈夫ですか?
人間用のCBDオイルも利用できますが、犬猫用のCBDオイルも販売されています。犬や猫などの哺乳類動物も人間と同様にカンナビノイド受容体を体内に備えているため、人間と同様の力を発揮します。
安全のために一度かかりつけ獣医にご相談ください。
薬との併用は大丈夫ですか?
通院中の方や服用中のお薬がある方は、かかりつけの主治医や薬剤師に必ずご相談ください。
マイスタンやバルプロ酸などが含まれている処方薬を摂取されている場合、肝臓の分解酵素を阻害し、それらの薬の血中濃度を上昇させる働きがありますので絶対にお控えください。
CBDの最適な摂取量はどの程度ですか?
CBDの適量には個人差があります。CBDメーカーは、全てが異なる基準を持っているため、メーカー表記はあくまで目安としてください。
少量からはじめ、少しずつ量を増やし、毎日続けているうちに適量が見つかります。自分が何mgのCBDを摂っているのか、何mgでどういった効果があったのか等、日ごろからチェックする事をお勧め致します。
科学的に精製された薬と違い、過剰摂取から命を落とすということは無いので、安心してご使用ください。
妊娠中・授乳中の使用は大丈夫ですか?
残念ながら、現時点では妊娠中、母乳育児中のCBD製品の使用についてはほとんど研究結果がありませんが、最新の研究にて専門家は「現時点では、妊娠中、母乳育児中のCBD製品の摂取は避けた方がいい」と明言しています。
CBDの効果・効能は何がありますか?
CBDの薬効については、科学者からWHO(世界保健機構)のような国連の専門機関までが研究を行っており、様々な効果・効能が報告されています。
しかし日本の法律では、薬機法により、直接的な効果効能を謳えないのが事実です。詳細を知りたい方は、ユーザーボイスをご自身で調べるか、専門機関に直接お問い合わせください。