家具の取扱について


家具の基本的な取扱や注意事項について下記をご参照下さい。
ご不明な点などございましたらご連絡をお願い致します。

■連絡先
TEL:0944-85-0103
メール:instcompany3@chorus.ocn.ne.jp


全商品共通

・木材を使用した商品となりますので、直射日光や冷暖房器具の風などが、商品に直接当たらないようご配慮下さい。色変わりや、割れ、剥がれを促進してしまいますので、長くご利用頂くためにもお気をつけ下さい。
・水気のあるもの、高温になっているものが、製品本体に直接触れないようにご利用下さい。
・段差の無い平らな場所に設置してください。
・畳やカーペットの上など平らでは無い場所に設置した場合、床との接地面が不均一になるため、扉のズレ、本体の歪み、軋み、揺れなどが起こる場合がございます。
・家具を移動する際は、引きずらずに必ず2名以上で持ち上げて移動をお願いします。引きずった場合、脚部の破損又は床面にキズなどが発生する場合がございます。
・家具が汚れた際などのお手入れで、水のみで汚れが落ちるメラミンスポンジなどは使用しないでください。メラミンスポンジは削って汚れを落とすものなので、塗膜も削ってしまい塗装の耐久や艶などが落ちてしまいます。


テレビ台

・フラップ扉の場合、扉を開いた状態で扉に体重を掛けたり、重いものを乗せないでください。
・開き戸、引出、引戸はゆっくり開閉して下さい。
・テレビ台の天板中央にテレビを設置することを想定し、設計、製造を行っております。
・テレビ台天板の中央以外にテレビを設置した場合、天板の反りなどが発生する可能性がございます。


キャビネット

・フラップ扉の場合、扉を開いた状態で扉に体重を掛けたり、重いものを乗せないでください。
・開き戸、引出、引戸はゆっくり開閉して下さい。


ローテーブル、ダイニングテーブル、デスク

・人がテーブルの上に乗ることを想定して製作されていませんのでテーブルの上に乗らないでください。怪我や商品の破損に繋がる場合がございます。
・テーブルの脚に強い衝撃を与えないようにご利用下さい。
・鍋やフライパンなど高温のものを直接テーブルの天板に置かないでください。焼け、塗料の白化などが起こります。
・水気があるものを直接テーブルの天板に置くと、染みの原因となります。
・食べ物、飲み物をこぼした際は早めにお拭き下さい。
・陶器及び磁器の高台(食器の裏)が荒いものは、天板上で引きずると傷が付く恐れがございますのでお気をつけください。


ベッド

・ベッドのうえで飛び跳ねたりしないでください。
・使用人数以上でのご利用はお止め下さい。


チェア、ベンチ、ソファ

・座面のうえで飛び跳ねたりしないでください。
・使用人数以上でのご利用はお止め下さい。



家具との生活について

全ての家具に当てはまりますが、よほど酷い状態にならないかぎり、お客様方で家具のメンテナンスを行い続ければ、家具の値段に関わらず基本的には一生使い続けることが出来ます。
各ご家庭でメンテナンスが「どこまで出来るか」によりますので、すべての事柄には当てはまりませんが、近年ご自身で家具を製作するなどDIYを行うお客様が増えるのにあわせて、ホームセンターや通販で買える道具、書籍やインターネット上での情報など、とても充実していますので一般家庭で出来るレベルは一昔前に比べると高くなっています。
メンテナンスを行ってより酷い状態になる恐れや、手間や時間などを考えると、専門家が行ったほうが無難ではありますが、費用面で考慮しますと軽度のメンテナンスはお客様方でやられたほうが、家具も長持ちしますし無駄な出費を抑えられます。
自分でメンテナンスを続け、長く家具を使い続けることで家具を買い換える費用がおされられますので、長い期間で考えるとお徳な結果となります。
またメンテナンスを続けることで、家具に愛着がわき、味が出てきます。家具を育てていくといった感覚でメンテナンスを行うことで、楽しく長く続けることが出来ます。
安い買い物ではありませんので、長くご利用いただけるようご協力のほどをよろしくお願い致します。