小島屋〈KOJIMAYA〉生地へ 生地へ
小島屋copy小島屋 小島屋copy
KASEcopyKASE KASEcopy
糸copy糸 糸copy
作務衣
陸王コラボグッズ
小島屋SHOP

小島屋オンラインショップ カテゴリ一覧

小島屋オンラインショップ 最新ニュース

2019.11.12
小島屋ショップからお知らせ
◆小島屋 出店情報◆
◆世界キャラクターサミットin羽生◆
世界キャラクターサミットin羽生
2019年11月23日(土)・24日(日)9:00〜15:00
藍染めのバッグ、小物、衣料、ストールなど販売します。
2019.10.30
小島屋ショップからお知らせ
◆12/7 土曜日午後 小島屋ショップ営業します。◆
開店時間 13:00〜16:00
10/12 台風の為中止になったため、
12/7に小島屋ショップを営業致します。 2019年最後の土曜日午後オープンです。
是非ご来店下さいませ。
KASE by KOJIMAYA Facebookもご覧ください。
KASE by Kojimaya藍〈indigo blue fabric〉
2019.10.8
◆小島屋SHOPよりお知らせ◆
◆10/12 土曜日午後 小島屋ショップ 【中止】とさせて頂きます。◆
大型の台風が接近しております。
そのため、今週末の土曜日ショップオープンは中止とさせて頂きます。
また日程が決まりましたら改めて告知させて頂きます。
お出かけを予定してくださっていた皆さまありがとうございます。またの機会にお願い致します。

KASE by Kojimaya藍〈indigo blue fabric〉
KASE by KOJIMAYA Facebookもご覧ください。
KASE by Kojimaya藍〈indigo blue fabric〉
2019.10.8
◆小島屋 出店情報◆
◆10/14月曜日(祝)埼玉WABISABI大祭典2019
羽生市ブース◆
埼玉WABISABI大祭典
10/13.14 大宮公園
小島屋は、14日月曜日に出店です。
藍染め体験もありますので、お立ち寄り下さい!
KASE by KOJIMAYA Facebookもご覧ください。
KASE by Kojimaya藍〈indigo blue fabric〉
2019.10.8
◆小島屋 出店情報◆
◆10/9水曜日ラグビーワールドカップ熊谷ラグビー場
おもてなしエリア 羽生市ブース◆
おもてなしエリア

熊谷スポーツ文化公園 彩の国くまがやドーム
10:30〜13:30 羽生市PR 藍染め体験
15:30〜17:00 羽生市PR 藍染め商品販売
埼玉県の各市町村がPR!この日の試合はアルゼンチンvsアメリカです。試合の前後おもてなしエリアに是非。
KASE by KOJIMAYA Facebookもご覧ください。
KASE by Kojimaya藍〈indigo blue fabric〉
2019.8.27
小島屋ショップからお知らせ
◆10/12 土曜日午後 小島屋ショップ営業します。◆
開店時間 13:00〜16:00
2019年最後の土曜日午後オープンです。
今年は、3/9・6/22・10/12 の予定です。
KASE by KOJIMAYA Facebookもご覧ください。
KASE by Kojimaya藍〈indigo blue fabric〉
2018.12.28
小島屋ショップからお知らせ
◆ドラマ陸王再放送決定◆
TBSドラマ陸王の再放送決定し、劇中使用の半纏を再生産致します。
ご希望の方は予約ボタンからお求めお願いします。
「陸王」劇中使用半纏ページへ
2017.11.9
小島屋ショップからお知らせ
◎伝統産業に生きる!◎ ■TBS日曜劇場「陸王」サイトに、小島染織工業を紹介いただいています。■
藍染生産課の4名と生産工程のご紹介です。
「陸王」伝統産業に生きる! File2
2017.2.7
◎出演しています!◎
■羽生市 PR動画■ 0:43〜0:56 必見です!

小島屋〈KOJIMAYA〉について

埼玉県 羽生市
埼玉県 羽生市。
かつて武州と呼ばれたこの地は、藍や綿の栽培に適していました。
明治の最盛期には200軒以上の紺屋があった藍染織物の産地です。
創業時は藍染めを日常的な衣服や農作業用の衣料として提供していました。
やがて合成繊維が普及し、伝統的な衣服の需要は縮小していきます。

しかし、武州の藍染織物は色合いに深みがあること、またその耐久性や密度が高いことなどから、剣道着の素材としてその伝統と価値は、今も、創業以来変わらず生き続けています。

現在、軒数は減りましたが、日本唯一の剣道着素材の産地として、
地域商標『武州正藍染』を守り続けています。
この地では、綛染めという手法が使われていて、小島屋のロゴマークにはその作業をする職人が描かれています。
右の職人は『糸ほぐし』をしています。腕に掛けている綛(かせ)という糸の束をほぐしています。
左の職人は『甕かき』と言って、地中に埋められた藍甕の中の液を撹拌しています。

歴史と伝統の藍染織物を多くの方に知っていただき、使っていただきたい。
藍染めの機能性や色合いの魅力を、これからを生きる私たちの暮らしの中にアレンジしていきます。
小島屋は、日常を心豊かに過ごす藍染めのアイテムをご提案致します。

小島屋オンラインショップのトップへ