自然な素材で、
本物のアイスクリームをハンデルスベーゲンは
乳化剤・安定剤・着色料・香料を
一切使用しない、
100%ナチュラルな
アイスクリームです

SCROLL

FLAVOR RANKING

  • イタリアンチョコレートRICH CHOCOLATE

    イタリアDOMORI社の無添加/無香料のチョコレートを贅沢に使用。華やかな香りとナッツ感が楽しめる究極のチョコレートアイスクリームです。

    1ST
  • あまおうチーズケーキAMAOU CHEESE CAKE

    旬のあまおうアイスと濃厚チーズケーキアイスに、自家製クッキーとあまおうジャムが生み出すハーモニー。

    2ND
  • マダガスカル
    リッチバニラMADAGASCAR RICH VANILLA

    最高の素材で作る濃厚ミルクベースにマダガスカル産のフェアトレードバニラをさやから煮出した甘く芳醇な香り。

    3RD
  • クッキークランチ
    &チョコミルクCOOKIE CRUNCH & CHOCO MILK

    DOMORI社のチョコを使ったアイスとミルクアイスのマーブルにココアクッキー・クランチ・カラメルソース。「パンチがあるのに後味スッキリで止まらない」

    4TH
  • あまおうソルべAMAOU STRAWBERRY SORBET

    福岡産の「あまおう」で作る、これ以上なくシンプルで力強いソルベ。苺をそのまま食べているような春の味わいを感じてください。

    5TH

ITEM LINEUP

WHAT IS
HANDELS VÄGEN?

ハンデルスべーゲンは2011年に京都で生まれました。
今は横浜市の青葉台にアトリエを移し、オンラインでの販売を中心に営業しています。

ハンデルスベーゲンという名前は、オーナーが子供時代に住んでいたスウェーデンの通りの名前
「handelsvagen」から拝借しました。

スウェーデン語で「handels=商人」「Vagen=通り」という意味で、
「響きがかわいいよね」という単純な理由で名づけた後にわかったのですが、
「handels」という単語の中にある「hand」は英語の「hand=手」と同じ語源で、
「商売とは手から手へと受け渡されていくもの」と言うことから来ている言葉なのだそうです。

偶然ではありますが、我々がアイスクリーム作りにおいて一番大事にしている、
「手づくり」の「手」がすでに名前に入っていたことに、縁や責任のようなものを感じています。

「自分が子供の頃にスウェーデンで食べた、あの濃厚で美味しかったアイスクリームをみなさまに食べてもらいたい。」
「誰もが安心して食べることのできる、余計なものが入っていない本物のアイスクリームを食べてもらいたい。」

これがハンデルスベーゲンを始めるきっかけでした。

製造、保存、流通など、あらゆる面において人間の知恵と努力の結晶とも言える大量生産のアイスクリームは、
安定した味や安価な値段が魅力であり、それ自体を否定するわけではありません。
わたしたちが提供したいのは、「そうでないものだってあっても良いのでは?」ということ。

乳化剤や安定剤の入った大量生産品ではどうしても実現できない、濃厚だけど軽くて繊細な後味のアイスクリーム。
人工香料や着色料では出せない、旬の果物の胸のすくような香りと鮮やかさ。

わたしたちはそんなアイスクリームを、日々、真面目につくっています。

  • 自然な素材で、
    本物のアイスクリームを。

    ハンデルスベーゲンのアイスクリームは、自然の素材だけを使い、乳化剤・安定剤・着色料・香料無添加でつくる、100%ナチュラルな手づくりのアイスクリームです。

  • NATURAL=自然な素材

    脱脂粉乳と植物油脂ではなく、北海道でのんびりと放牧飼育された牛の生乳を。合成甘味料ではなく、沖縄産の本和香糖と黒糖を独自にブレンドしたものを。バニラはマダガスカル産のフェアトレードのものをさやから煮出して。チョコレートはイタリアDOMORI社のものを中心に、 一流メゾンのものを数種類使い分け。

    春には福岡のあまおう、夏には宮崎のマンゴー、秋には京都の丹波栗、冬には山形のさくらんぼなど、「旬」の恵みならではの芳醇な香り、鮮やかな色彩を楽しんでいただくために、香料や着色料も一切使用しておりません。

  • HAND CRAFTED
    =昔ながらの手づくり製法

    濃厚で豊かなミルク感とともに大事なのは、後味の軽さや繊細さ。これを両立させるためには、昔ながらの手間ひまかけた製法が欠かせません。
    「濃厚なミルク感」を生み出す乳脂肪分の高さを実現するために、徹底した温度管理と頻繁な状態チェックを。「軽くて繊細な後味」を生み出すには、約2時間かかる低温殺菌でタンパク質の「焦げ」を抑える必要があります。
    そして作業効率をあげるために通常使われる乳化剤・安定剤を無添加にすることで、ほどよく残りスッと消えるメリハリのある余韻となり、自然と次のひと口に進むリズムが生まれます。

  • AUTHENTIC
    =本物であること

    自然の素材を使い、あえて手間のかかる昔ながらの製法で手づくりするからこそできる、濃厚なのに軽くて繊細な後味のアイスクリーム。それがわたしたちの考える、Authentic=本物のアイスクリームです。

    本物のアイスクリームをつくろうと思うと、どうしたって値段は高くなってしまいます。ですが、わたしたちは、自分のつくりたいアイスクリームを、適正な価格で皆さまのもとにお届けするのがわたしたちのやるべきことだと考えています。

MEDIA
INFORMATION メディア掲載情報

  • 「今月のモードな事件簿」で取り上げられました。
    2021年10月号

  • 特集「ときめく!スイーツ大賞」で取り上げられました。
    2021年9月号

  • 特集「日々のごはんのお取り寄せ」で取り上げられました。
    2020年9・10月号

NEWS LIST

NEWS! 2022.02.28

春の人気フレーバーが登場!
フレッシュな季節のフレーバーをお楽しみください。

NEWS! 2021.12.17

冬の人気フレーバーが登場!
冬ならではの人気フレーバーをお楽しみください。

NEWS! 2021.11.5

秋の新フレーバーが新登場!
実り豊かな季節のフレーバーをお楽しみください。

NEWS! 2021.6.28

夏の新フレーバーが新登場!
爽やかな季節のフレーバーをお楽しみください。

NEWS! 2021.3.3

春の新フレーバーが新登場!
フレッシュな季節のフレーバーをお楽しみください。

NEWS! 2020.12.07

冬の新フレーバーが新登場!
フレッシュな季節のフレーバーをお楽しみください。

NEWS! 2020.7.08

夏の新フレーバーが新登場!
実り豊かな夏のフレーバーをお楽しみください。

NEWS! 2020.3.16

春の新フレーバーが新登場!
実り豊かな春のフレーバーをお楽しみください。