高千穂町は九州山地のほぼ中央部、宮崎県の最北端に位置し、町の中心部を五ヶ瀬川が西北から南東にかけて流れ、途中、名勝天然記念物高千穂峡が神秘的かつ雄大な自然を創りだしています。
高千穂の起源は古く、古代遺跡の発掘や多くの出土品等の遺物により、紀元前4000年頃から集落が作られたと推定される一方、天岩戸開きや天孫降臨などの神話の高千穂町としても知られています。

「ふるさと納税」寄附金は、下記の事業を推進する資金として活用してまいります。
寄附を希望される皆さまの想いでお選びください。

  • 子育てや教育に掛かる費用負担の軽減や働きながら子育てしやすい環境の整備、老いても住み慣れた地域で支え合いながら、いきいきと暮らせるまちづくりに活用します。

  • 高千穂峡をはじめとする観光資源の維持や新たな観光拠点の整備などにより、高千穂町の観光の魅力を高めることに活用します。

  • 「高千穂郷・椎葉山地域」として世界農業遺産に認定された、まさに世界に誇る地域資源や伝統文化を保存・活用する活動に使用します。

  • 家庭・地域・学校の連携、また幼保園から小・中・高の連携により、豊かな人間性と高い教養を持ち合わせ、高千穂町の将来を担う人材育成への取り組みに活用します。

  • 上記以外のその他の事業に活用させていただきます。