楽天市場 ふるさと納税で日本を元気に! icon icon icon

熊本県球磨村

  • 熊本県球磨村の球磨焼酎
  • 熊本県球磨村の馬肉
  • 熊本県球磨村の牛肉
  • 熊本県球磨村の豚肉

熊本県球磨村のトップページへ

球磨村からのお知らせ

【2020年7月に発生した豪雨災害により一部返礼品の受付を停止しております。】
いつも球磨村をご支援いただき、誠にありがとうございます。
2020年7月4日に発生しました記録的な豪雨災害により、一部返礼品の受付を停止しております。
被害状況を確認の上、随時更新を致しますのでご了承の程よろしくお願い申しあげます。

また、今回の災害にて被害に遭われた方々に心よりお見舞い申しあげます。
今後とも球磨村の応援をよろしくお願い申し上げます。

【受領証明書類及び返礼品の配送について】
この度の豪雨災害により、役場及び返礼品提供事業者にも甚大な被害が出ており、受領証明書類や返礼品のお届けに遅れが生じております。
(万一、お選びいただいた返礼品のお届けが困難となった場合は別途ご案内させていただきます。)

何卒ご理解、ご了承いただけますようお願い申し上げます。

熊本県球磨村ふるさと納税

球磨村について

球磨村は、熊本県の南部に位置し面積の88%が山林と山岳地帯になっています。村の中央部を球磨川が東西に流れ、川をはさんだ北側に白岩山、南側に国見山などの山々がそびえたち、これらの山岳を縫って無数の川が球磨川に注いでいます。球磨川の支流沿いには、小さな集落が点在しており、古くから豊富な水資源を利用して棚田での米作りが行われてきました。主な産業は農業と林業です。
  • 球磨川

    日本三大急流の
    球磨川
    球磨川は熊本県内最大の川であり、最上川・藤川と並ぶ日本三大急流の一つです。近年は川下りやラフティングなどのアウトドアアクティビティが人気となっています。

  • 鍾乳洞

    九州最大の
    鍾乳洞
    1973年3月に発見された延長4.8kmの鍾乳洞「球泉洞」は、九州最大の鍾乳洞であり、およそ3億年前海底にあった石灰岩層が隆起してできたと推測されています。 現在でも少しずつ侵食を続けており独自の生態系を持つ洞穴生物が生息しています。

  • 棚田

    球磨川支流に
    広がる棚田
    球磨川の支流には、多彩な棚田が広がっており、松谷棚田(まつたにたなだ)と鬼ノ口棚田(おにのくちたなだ)は「日本の棚田100選」にも選ばれています。

  • 一勝地温泉

    一勝地温泉里山を眺めながらゆっくりと浸かれる温泉。湯は美肌効果が高いと言われています。ほのかな硫黄の匂いと柔らかなツルツルした感触の湯がしっとりと肌を包みます。

球磨村の特産品

球磨焼酎

良質な水と米に恵まれた熊本県の球磨地方は、米焼酎「球磨焼酎」の産地です。
美しい山々から良質の水が流れ出し、その水がつくりだした日本三大急流のひとつである清流球磨川は地域の象徴。
豊かな緑と水に育まれた肥沃な大地は、古くから県内屈指の米どころとして知られています。
球磨の米を原料に、地元の地下水で仕込んだもろみを蒸留し、球磨で瓶詰めされた焼酎だけが、球磨焼酎と名乗ることができます。
杜氏たちの手で丹精込めて造られた球磨焼酎は、芳醇な香りと深いこくが楽しめるのが特長。
現在も28の蔵元が点在しており、伝統の味と製法を守り続けています。

熊本あか牛

熊本のあか牛は、阿蘇、矢部、球磨地方で飼われていた在来種とシンメンタール種(スイス原産)の交配によって改良され、昭和19年に和牛として登録。赤身が多く柔らかで旨みが強いのが特徴です。然柔らかくてジューシー、噛めば噛むほど肉のおいしさが伝わります。 寒さ暑さに強く、放牧に適しているため、育つ環境として球磨村の風土に適しています。 近年は、生産流通も拡大されており、あか牛料理を提供する店舗も増えています。

  • 寄附金の使い道について寄附金の使い道について
  • 11

    福祉、少子及び高齢化対策(地域で支え合う福祉、子育て支援、健康づくりなど)

  • 2

    自然環境保全、景観の維持(山林の保全、水環境の整備、棚田等景観の維持、再生など)

  • 33

    産業の振興(農林業、商工業等地場産業の振興、特産品の開発など)

  • 44

    教育、スポーツ活動の充実(教育環境の充実、スポーツ施設の整備、活動支援など)

  • 55

    歴史、文化の保存(郷土芸能、文化の伝承、文化遺産の保存など)

  • 6

    新型コロナウイルス感染症対策

  • 77

    日本で最も所得の低いむら支援

  • 88

    その他、目的達成のために村長が必要と認める事業に活用させていただきます。