• みかんジュース
  • 魚介類
  • フルーツ
愛媛県伊方町
四国の最西端、日本で一番細長い佐田岬半島(半島の長さは約50km)に位置する伊方町。

南の宇和海側はなだらかな白砂の連なる海岸、北の瀬戸内海側はリアス式海岸を形成しており、年間平均気温16℃の温暖な海洋性気候に恵まれた伊方町では、段々畑で温州みかん、清見タンゴール、デコポンなどの果樹栽培が盛んです。
天然の好漁場にも恵まれ、高級魚の一本釣りや採介藻、底引き網漁業が主に営まれ美しい自然の中に人々の暮らしが息づいています。

昭和62年に開通したメロディーラインにより四季を通して快適なドライブが楽しめ、天気が良好な時は本州の中国山地・九州山地を望むことができます。
伊方町のゆるキャラ【サダンディー】【チビダンディー】と一緒に「遊ぶ」「歴史」「食す」「祭り」を体験してみませんか。
産業
産業
独特の地形が連なる半島は、古くから漁業が盛んで、一本釣りや素潜り、刺網などの伝統漁法が今も行われています。
柑橘栽培も盛んで、山の急斜面に広がる段々畑では、温州みかんや清見タンゴール、デコポンなどがたわわに実ります。
暮らし
暮らし
美しい自然とともに豊かな暮らしが営まれてきた伊方町ですが、少子高齢化率が県内でも高く、まちも産業も先細りしていく危機感から、まちをあげて地域活性化に取り組んでいます。例えば、県立三崎高校は分校化の危機の中、自治体や地元企業との協働イベントなどを通じて、三崎町の魅力を積極的に発信。その甲斐あって、分校化の見送りが決定し、県外からの入学生も順調に増加しています。
ここにしかない自然の恵みと地域コミュニティの絆を活かして、ふるさとの未来を明るく、元気に!住民みんなでがんばる伊方町に、応援よろしくお願いします。
寄附の用途
  • 1. 健康長寿と町民総活躍のまちづくり【保健・医療・福祉】絆で創る、健康長寿と町民総活躍のまちづくり

  • 2. 生活基盤が整った快適なまちづくり【社会基盤】生活基盤が整った、快適なまちづくり

  • 3. 災害に強い安心安全なまちづくり【防災・減災】災害に強い、安心安全なまちづくり

  • 4. 住みよいまちづくり【移住・定住】定住の希望を叶える、住みよいまちづくり

  • 5. 産業全体が成長するまちづくり【産業・観光】農・漁・商工・観光が一体となる、産業全体が成長するまちづくり

  • 6. 人材(人財)が育つまちづくり【教育・スポーツ・文化】「ふるさと愛いっぱい」の人材(人財)が育つまちづくり

  • 7. 全員参加のまちづくり【住民協働・行財政】信頼と協働で創る、全員参加のまちづくり

  • 8. 町長におまかせ町長におまかせ