バッグ特集
サンプル画像1

荷物が多い日、荷物がこれから増える日をサポートするバッグ


荷物がさほどなければポケットにIN!で済ませてしまう方は多いと思います。

ただ、バッグを持たざるを得ない日、どんなバッグをお使いですか?


今回は必然的に荷物が多い旅行、行きは楽でも帰りは大荷物のショッピング、手ぶらでいくワケがない仕事など、バッグ必須のシーンをいかに快適にするか?

快適に過ごせるバッグをご紹介!


それぞれのバッグの優秀なポイントをご紹介しますので、是非ご覧ください。

サンプル画像1
目次
  • 1. キャリーケース

    海外旅行で役立つTSAロック仕様

  • 2. バックパック

    スーツに合う薄型レザータイプ

  • 3. トートバッグ

    行きはコンパクト、帰りは大容量

サンプル画像1

1. キャリーケース

ランツォキャリーケース

海外旅行、空港での手続きをTSAロックで快適に


航空機に登場する際、アメリカ運輸保安局(通称TSA)に手荷物を抜き打ちで目視検査される場合がありますが、鍵がかかっていた場合は壊して検査することが認められています。
壊されても損害補償はないため、鍵を開け忘れた場合は泣き寝入りすることに…。

TSAロックとは、TSAによって認可されたロックのことで、TSA職員が持っている特殊な開錠ツールで鍵を開けることができる仕組みになっています。
そのため鍵を壊されることなく検査が通り、いちいち鍵を開ける必要もなく小さなストレスが解消されます。
アメリカ以外にもTSAロックに対応している空港があります。

また、大き目のキャスターが4つ付いている仕様なのも大きなポイント! 安定して移動ができ、歩行にもケース本体にも負担が少ないのです。

ランツォキャリーケース
サンプル画像1

キャリーケースとの相性抜群!

旅行や出張の際、機内持ち込み用のセカンドバッグをキャリーケースの上に乗せて運ぶ方、多く目にしますよね。
あれって、コロコロ転がしていると途中でずり落ちてきて面倒だったりしませんか?

こちらのトリアンゴロのブリーフケースは、キャリーケースのハンドルに装着するための仕様。
ずり落ちるなんて心配を一切せず気楽にコロコロできます。
見た目も非常にスマートでお勧めです。

看板
キャリーケース
  • ランツォ

    詳細はこちらから

    ノーマンライト
    スーツケース

    税抜 77,000円

  • ランツォ

    詳細はこちらから

    ノーマンライト
    スーツケース

    税抜 77,000円

  • ランツォ

    詳細はこちらから

    ノーマンライト
    スーツケース

    税抜 77,000円

  • フェリージ

    詳細はこちらから

    ハード式
    トロリーケース

    税抜 90,000円

  • フェリージ

    詳細はこちらから

    ハード式
    トロリーケース

    税抜 90,000円

  • フェリージ

    詳細はこちらから

    ハード式
    トロリーケース

    税抜 90,000円

ボストンバッグ
  • フェリージ

    詳細はこちらから

    ナイロン
    ボストンバッグ

    税抜 66,000円

  • エッティンガー

    詳細はこちらから

    キャンバス
    ボストンBAG

    国内参考価格 91,000円

    税抜 85,800円

  • エッティンガー

    詳細はこちらから

    キャンバス
    ボストンBAG

    国内参考価格 91,000円

    税抜 85,800円

  • ブルードゥシャフ

    詳細はこちらから

    撥水キャンバス
    ボストンバッグ

    税抜 62,000円

  • ブルードゥシャフ

    詳細はこちらから

    撥水キャンバス
    ボストンバッグ

    税抜 62,000円

看板

2. バックパック

ヘルノチェスターコート

ビジネスバッグの選択肢も多様に


ビジネスバッグといえばブリーフケースほぼ一択、という時代は終わり!
自転車通勤の方が増え、バックパック派の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
スーツに合うものってなかなか出会えない中、この薄型のスマートな逸品に是非ご注目下さい!

カッチリ四角いフォルムのレザー、スーツにバッチリマッチします。
ハンドルが付いているので手持ちでの移動も可能。
薄型ですが、タブレットPCや文房具などきちんと収まります。
収まらない荷物量の方は、可能ならこの機会に仕事ツールをデジタル化してもいいかもしれませんね。

ヘルノチェスターコート
サンプル画像1

間違った身に着け方、してませんか?

背負うタイプのバッグは、ベルトをどれくらいの長さにするか迷いますよね。
若い頃はベルトを出来るだけ長く伸ばして、お尻が隠れるくらいの位置で背負っていたりして。

大人になった今はさすがにNG!
あまり上過ぎてもイマイチですが、腰の位置にバッグの下が来る程度の長さで、変に崩さずきっちり背負うのがベストです。

サンプル画像1
バックパック
  • ルンディ

    詳細はこちらから

    一泊用サイズ
    リュック

    税抜 90,000円

  • フェリージ

    詳細はこちらから

    トート兼用
    バックパック

    税抜 59,000円

  • ブルードゥシャフ

    詳細はこちらから

    ALLレザー製
    メンズリュック

    税抜 79,000円

  • ダニエル&ボブ

    詳細はこちらから

    BRISCOLA
    メンズリュック

    税抜 62,800円

  • オフホワイト

    詳細はこちらから

    ポリエステル地
    バックパック

    国内参考価格 75,000円

    税抜 68,800円

  • モンクレール

    詳細はこちらから

    PIERRICK
    ナイロンリュック

    国内参考価格 93,000円

    税抜 79,000円

ブリーフケース
  • ルンディ

    詳細はこちらから

    エンボス革タイプ
    ブリーフケース

    税抜 81,500円

  • フェリージ

    詳細はこちらから

    ナイロン製
    ブリーフケース

    税抜 64,000円

  • ダニエル&ボブ

    詳細はこちらから

    LUIGINA
    ブリーフケース

    国内参考価格 48,000円

    税抜 39,000円

  • ブルードゥシャフ

    詳細はこちらから

    ベジタンレザー
    メンズバッグ

    税抜 74,000円

  • エッティンガー

    詳細はこちらから

    WIMBLEDON
    ブリーフケース

    国内参考価格 78,000円

    税抜 54,000円

  • トリアンゴロ▲

    詳細はこちらから

    ベジタンレザー
    ダレスバッグ

    税抜 59,000円

看板

3. トートバッグ

モンクレールダウンジャケット

荷物が少なくても多くても、形を変えてフィットしてくれる


例えばショッピング。行きは少ない荷物でも、帰りには荷物が増えるときってありますよね。
大きいバッグで行けばいい話ですが、中身スカスカの状態でデカいバッグを持ち歩くのも何だかな…と思う時、あるはず。
こちらのフェリージのトートは、内側の左右に口を絞るためのベルトがついており、スナップボタンで留めると、マチが生まれてすっきりコンパクトになるんです。

このバッグなら、例え荷物が増えなかったとしても“持って行き損”にはなりません。
荷物の量に左右されずスタイリッシュなまま使えるバッグです。

モンクレールダウンジャケット
サンプル画像1

間違った身に着け方、してませんか?

トートの中心を脇にがっちり挟むと、何だかイマイチ…。スマートさに欠けます。

ワキの下にバッグが来るのは必然なので、挟むとすれば手前側の端っこ。
横から見るとトートが斜めになるイメージで、自分の身体よりも後ろに流すように持つのがお勧めです!
そのままアウターやボトムスのポケットに手をかけたりするとワイルドな印象に。

看板
トートバッグ
  • フェリージ

    詳細はこちらから

    ナイロン&レザー
    ショルダーバッグ

    税抜 59,000円

  • フェリージ

    詳細はこちらから

    大振り型
    トートバッグ

    国内参考価格 69,000円

    税抜 55,000円

  • フェリージ

    詳細はこちらから

    ナイロン素材
    トートバッグ

    税抜 55,000円

  • ダニエル&ボブ

    詳細はこちらから

    CULODORO
    Wハンドルバッグ

    税抜 77,800円

  • ディースクエアード

    詳細はこちらから

    ソフトレザー製
    トートバッグ

    税抜 98,000円

  • エイチアイピー

    詳細はこちらから

    ナイロンクロス
    トートバッグ

    国内参考価格 12,000円

    税抜 9,800円

看板

あとがき

今回の特集いかがでしたでしょうか?

コーディネートの一部としてバッグを常に取り入れるのはとても素敵だと思いますが、男性は多少の荷物ならポケットに収めて終了、のパターンも多いですよね。
バッグを持たなくて済む量なら確かにそれもアリ!

ということで、今回は比較的容量の多いバッグを中心にご紹介しました。

せっかく大き目のバッグを持ち歩くなら、何か便利な要素があると嬉しいですよね。
見た目のスタイリッシュさや素材の上質さは、勿論一流ブランドばかりですので折り紙付き。
でしたらそこ以外の要素で選びたくなるポイントはどこだろう?ということで、細かいけど良いポイントをご提案。

おっ!と思えるバッグに出会うお手伝いができたら幸いです。

サンプル画像1
サンプル画像1
特集バックナンバー
  • [クラウド、スポーツラボなど]

    19/20秋冬 リプレイ特集

    今季から新たに仲間入りとなったエコモデル・クラウドや、スポーツウェアラインのスポーツラボを中心に、新作コレクションをご紹介。

  • [貴方はどのブランド派?]

    一生モンのダウン特集

    一流のブランドは、1シーズンだけでなく一生のお付き合いが出来るほどタフで上質。ブランド毎にそれぞれの特徴があるので自分に合うブランドを探すのも楽しいものです。貴方の好みのダウンはどれですか?

  • [今シーズンの鍵はハイゲージ]

    クラシカルニット特集

    ローゲージやミドルゲージとは違い、より大人らしいエレガントなスタイルに欠かせないハイゲージニット。日常の様々なシーンにおいて、色や形を選んでふさわしいスタイルをご紹介します。

サンプル画像1





カジュアルなセレクトが魅力的な セレクトショップ エイチケー はこちらから