看板
看板
フィールズダルボーとは?
  • フランス工場にて

  • フランス・ブルターニュ地方の都市カンペールにあるフィールズダルボー。

    今から90年以上前の1927年、日本で言えば昭和2年に創業。

    ブランド名にある【Fileuse】とはフランス語で紡ぎ手という意味があり、他のブランドには無い、服に想いを重ねた歴史のある技術で、今なお伝統を守りカットソーを創り続けているブランドです。


    ダルボーとは、日本では、バスクシャツと呼ばれるボートネックのニットウェアを中心にしたファクトリーブランド。

    フランスではブルトンシャツとかマリネール(海兵隊用の制服)と呼ばれております。


    今も創業当時から変わらず、フランス ブルターニュ地方のカンペールの自社工場にて、糸から製品まで一貫して創り続けています。

看板
人気モデルのご紹介
  • 1.

    matelot -マトロ-

    ページ内リンク1へ
  • 2.

    brest -ブレスト-

    ページ内リンク2へ
  • 3.

    lamaneur -ラマヌール-

    ページ内リンク3へ
看板
ONLY ONE の バスクシャツ
  • 糸を紡ぐ機械

  • 縫製の様子 全てのニットはラグジュアリーなイタリア糸を使用し、通常よりも糸を必要とする「ヴィンテージリブ」製法にて生地を編みます。

    その為、伸縮性も豊かで伸びますが、元に戻ります。

    独特の柔軟性があり、非常に丈夫に創られているため「着る」「洗う」を繰り返す事により、洗濯で型崩れすること無く徐々に身体に馴染みます。


    「育てるニット」と言える、デニムのように洗う毎に味わい深く、経年変化を楽しむ事が出来るバスクシャツに仕上がっているのです。

看板
ダルボーしか創り出せない丸みのあるショルダー
  • 肩の縫製

  • 四角いパネルを重ね合わせてシャツを完成させるのですが、肩に生地が重ね合わさる部分があります。

    この縫製により、肩に丸みが出てきて、さらに肩の部分が二重になり強くなります。

    ハードな仕事を要求される漁師が着る服として作られたバスクシャツだけあって、細かなパーツにも想いが加わっています。


    また、さらに良い事は、生地と生地を重ね合わせる事で縫い目の重なりがなくなるので、縫い目が肩に当たって擦れたり、気になることが少ないのです。

    補強とシルエット、そして肌触りと良い事しかない仕様なのです。


    この縫製方法はフィールズダルボーが特許を取っているため、他のブランドでは真似することができません。

看板
matelot -マトロ- のご紹介

ボートネック ボーダー柄バスクシャツ 税別13,800円


ダルボーの最新作は、首元スッキリでカットソー的な着方もオススメ!

クルーネックに近いボートネックのマトロモデル。
ヘビーウエイトの天竺を使用していることで、サイジングはゆったりとしたボックスシルエット。

着れば着るほど味わいが出る生地と、どれだけ洗っても崩れることのない耐久性がガッチリとマッチ。
現代のすっきりとしたコーディネイトにあわせて、首元を変化させたダルボー社の最新モデルがMATELOT(マトロ)。

様々なパーツを重ね合わせて縫製されることで補強も兼ねた製法はダルボー独自のもの。
特に、肩のダブルパネル構造は、フランスにて特許を取得し、他メーカーでは使用することができないディテールです(後ほど登場します)。

サンプル画像1
● matelot -マトロ- の特徴
  • 三角マチ

  • 縫製の特徴は、ワキ部分にある三角マチ。袖の可動域を広げストレスを軽減させるために考案されたディテールです。

    旧来のモデルはこの三角マチを、別生地で創りミシンで縫い付けていましたが、現行モデルでは縫製を用いず減らし目によって縫い上げています。


    このデティールのおかげで、腕の上げ下げ、着るときのストレスが極端に少なくなります。

    さらに強度も上がりますので、長く着続ける事の出来るディティールです。

matelot 商品一覧
看板
縫製について
  • 編み機

  • 一般的なボーダーシャツは、丸い筒状の生地を編み上げる丸編み機を使って生産されることが多いのです。

    しかしながら、ダルボーは横編み機を使用しています。


    横編みは丸編みに比べて糸を余分に必要としますが、横幅を自由に調整する事が出来るため、様々な形のパネル(製品のパーツ)を創り出す事が出来るのです。

  • ダルボーの製品は、海軍の訓練で使用されるというワークウェアを起源に持つため、非常に縫製も丈夫に仕上がっています。

    写真では分かりにくいですが、端の処理をした後斜めに折り返し、重ね合わせて縫製するのです。


    その為、生地が伸びること無く、補強も同時に出来るという優れたダルボー独自のひと手間かけた仕上がりになっています。

  • 縫い目

看板
brest -ブレスト- のご紹介

ボートネック 無地バスクシャツ 税別13,800円


シャープなシルエットは総針で編み上げた素材から

ブレストは、総針の素材が作り出すニットの世界感を表現したタイトなシルエット。
身体に馴染み、そして、フィットする着心地はダルボーの中でも一番気持ち良いモデルです。

襟は、少し横に広がったポートネックを採用。ショルダーはダブルパネル(ダブルレイヤード)製法で、もちろん肩の丸み・頑強さは伝統的に守られています。
袖も少し細めのイメージで、身体にフィットし、この馴染みが形を変化させる「動く」ニットとして人気のモデルとなりました。

素肌にも優しい、一枚でも活躍するモデルがブレストです。

サンプル画像1
● brest -ブレスト- の特徴
  • 生地

  • 天竺と違い、ゴム編みそれも総針で編み上げられたニット素材を使用するのがブレスト。

    VITAGE RIBと呼ばれる昔ながらの風合いを現代に引き継ぐべく、現行の編み機にチューニングを加え、当時の風合いを再現した素材。


    伸縮自在のため着用時には身体に馴染み、そして、洗濯をする事で元に戻るを繰り返し、徐々に自分の身体に馴染む、特別な一枚へと育つニットです。

brest 商品一覧
  • フィールズダルボー

    詳細はこちらから

    単色タイプ
    バスクシャツ

    国内参考価格 円

    税抜 13,800円

  • フィールズ

    詳細はこちらから

    単色タイプ
    バスクシャツ

    国内参考価格 円

    税抜 13,800円

  • フィールズダルボー

    詳細はこちらから

    1cm幅ボーダー
    バスクシャツ

    国内参考価格 円

    税抜 13,800円

  • フィールズダルボー

    詳細はこちらから

    1cm幅ボーダー
    バスクシャツ

    国内参考価格 円

    税抜 13,800円

  • フィールズダルボー

    詳細はこちらから

    1cm幅ボーダー
    バスクシャツ

    国内参考価格 円

    税抜 13,800円

  • フィールズダルボー

    詳細はこちらから

    カシミア100%
    ボーダーセーター

    国内参考価格 円

    税抜 39,000円

看板
フランス海軍 ジャンヌダルク(Jeanne d'Arc)号旗章のワッペン
  • ワッペン

  • これは、フィールズダルボーがフランス海軍のユニフォームを手掛けてきた証。

    オフィシャルウェアに採用されたのは、100%フランス製且つ、独自の縫製方法や耐久力の高いディティールなど、ワークウェアとしても耐え得る製品に仕上がっている点。


    フランスの誇りを持つプロダクトを生産できるメーカー・ブランドにしか許されない証が、この、ジャンヌダルクの旗章なのです。

看板
lamaneur -ラマヌール- のご紹介

でらでら別注モデル ボーダー柄バスクシャツ 税別16,800円


「船乗りの鎧」と称されるヘビーウェイト

ワークウェアを起源に持つモデルにふさわしく、目の詰まったしっかりとした生地を用いて作られています。

一般的なバスクシャツに比べて2割以上多くコットンを使用し、横編み機で極限までタイトに編み込まれて作られるその生地は、重厚でありながら横編み機独特の柔らかさを兼ね備えた屈強なもの。

ヘビーウェイトな生地ながらも、ドライな質感のおかげで清涼感にも溢れ、シーズンを問わずお召しいただけます。

サンプル画像1
● lamaneur -ラマヌール- の特徴
  • 袖・裾の端始末

  • マトロに同じく、洗えば洗う程編み目がしまり、ドライタッチに変化していく丈夫な生地感。


    ただし、よくある硬いだけの生地ではなく、洗われながらガッチリとよりドライタッチにエイジングされていきつつ、 どこまで行ってもしなやかさを失わない身生地はニット編みならではの風合いを生み出しています。


    また、袖や裾などの端始末をミシンでの縫製を行わず、編みの工程で完結させるというのもダルボー独自の特徴です。

lamaneur 商品一覧
  • フィールズダルボー

    詳細はこちらから

    でらでら別注
    バスクシャツ

    国内参考価格 円

    税抜 16,800円

  • フィールズダルボー

    詳細はこちらから

    でらでら別注
    バスクシャツ

    国内参考価格 円

    税抜 14,800円

  • フィールズダルボー

    詳細はこちらから

    でらでら別注
    バスクシャツ

    国内参考価格 円

    税抜 14,800円

  • フィールズダルボー

    詳細はこちらから

    でらでら別注
    バスクシャツ

    国内参考価格 14,800円

    税抜 10,000円

  • フィールズダルボー

    詳細はこちらから

    でらでら別注
    バスクシャツ

    国内参考価格 14,800円

    税抜 10,000円

  • フィールズダルボー

    詳細はこちらから

    でらでら別注
    バスクシャツ

    国内参考価格 14,800円

    税抜 10,000円

看板
ホソバタイセイとは?
  • ホソバタイセイ

  • その伝統を引き継ぐ商品もあります。それは、ホソバタイセイを使った青いダルボー。

    ホソバタイセイとは、世界最古の青く染める染料なのです。

    フランスの南西部に生息する植物を原料に使用。その昔、同地域の染料業者らに大きな富をもたらしたことから「青い金」と呼ばれていました。


    ダルボーは、ナポレオン軍の制服にも使用された、この忘れ去られたホソバタイセイを現代に復活させ、手間をかけ再現したモデルを発売したのです。

  • 50年経過しても、形あるニット。

    ヘビーウエイトの天竺は、ドライタッチにエイジングされていきますが、パッチワークでも着続ける事が出来るほど柔らかさを失わない素材。

    原糸から選び抜き、糸を惜しげ無く使って編み上げられたニット素材だから出来るバスクシャツです。


    ファッショナブルである事と、ワークウエアとしての遺伝子を持つ丈夫さ。その掛け合わせこそがダルボーの魅力です。


    フランスの伝統を是非身に纏ってファッションを楽しみましょう。

  • 40年愛用したダルボーのニット

看板
サンプル画像1
看板

あとがき

今回のダルボー特集はいかがでしょうか?

バイヤー林が実際にフランスの工場を訪れ、生産されている光景を見学してきました。
実際に機械や人の手から生み出されているのを目の当たりにすると、より大事に着ようと思えてきます。

ダルボー製品は丈夫で長持ちするからこそ、大事に着ようという思いにもきっと応えてくれますよ。
一度ぜひ、ダルボーのバスクシャツをお召しになってみてください!

サンプル画像1
特集バックナンバー
  • [2017春夏ver.]

    パラブーツ名作図鑑

    でらでら別注モデルにCORAUXが新登場!当店スタッフみんなが愛用しているパラブーツ。ぜひまだ持っていないという方も、すでに持っている方もお愉しみくださいませ♪

  • [2019春夏シーズンの♯でらスタは]

    スポーティ&ストリートに“ちょい”変化

    毎シーズン当店が一押しのスタイルをご提案させていただく♯でらスタ。今シーズンは、いつものコーデに1点加えてトレンドコーデにチェンジしようというもの。抵抗のあるストリートコーデも勇気を出して“ちょい”変化してみませんか?

  • [2019春夏シーズン]

    ストーンアイランド特集

    今季のトレンドはストリート&スポーティー。元々昔からストリートで人気を集めていたブランドで、近年はスポーツメーカーとのコラボでも話題となったストーンアイランドにとっては、まさにトレンドのど真ん中。今季はストーンアイランドをチェックしない理由がありません!

サンプル画像1





カジュアルなセレクトが魅力的な セレクトショップ エイチケー はこちらから