目次
玄関マットの選び方

玄関マットの選び方

「玄関マットってそもそもどうして敷くの?どこに敷けばいいの?」
と思っている方、多いのではないでしょうか。
実は、玄関マットは大事な役割があるんです。
敷く場所によって効果が異なるため、使いこなせば家事の負担を減らすことも。
色やサイズからも選べますので、ぴったりの品がきっと見つかりますよ。

玄関マットの役割・敷く場所

玄関マットの役割・敷く場所
玄関マットはいる?いらない?
玄関マットはいらないという方もいます。 それは、人によって、生活も気にするポイントも違うから当たり前のこと。 逆に言えば、玄関マットは必須!という方もいるということなんです。 例えば、「ホコリがマットに溜まると不潔だからいらない」という方もいれば、 「荷物を下ろす際、床が傷つかなくなるから必要」 「お客様を迎える場所だから敷いておきたい」 という方もいます。また、風水的にも玄関マットは必要とされているんです。
どこに敷くのがベスト?
玄関マットをよく敷く場所は4箇所あります。 どこに敷けばいいのか悩む方、まずはどこなら敷けるのか、チェックしてみるのはどうでしょう?

1、上がったところ(取次ぎ・玄関ホール)
2、部屋側・奥(玄関たたき)
3、ドア側・手前(玄関たたき)
4、外・ドア前    

場所別・選ぶポイント

玄関マットの置き場所
1、上がったところ(取次ぎ)
お客様を部屋へと案内する場所なので、第一印象のいいオシャレなマットがおすすめです。また、滑り止めがついていると安全ですが、ないマットでも 別売りの滑り止めを使えば大丈夫です。
2、部屋側・奥(玄関たたき)
3、ドア側・手前(玄関たたき)
土埃などを落とすのは屋外のほうがいいのですが、厚いマットはドアを開く邪魔になることも。やむなくドアの内側に敷く際は、なるべく外に近いほうが好ましいです。
4、外・ドア前
靴の汚れを持ち込まずに済むので、玄関を清潔に保てます。厚いマットだとドアを開く際ズレたり、開かなくなることもあります。厚みは必ずチェックしましょう。

玄関マットの色について


メニューから玄関マットを探す


玄関マット・人気ランキング


種類で選ぶ


屋外用

屋外用玄関マット・人気ランキング

屋外用玄関マットをもっと見る▼

屋内用

屋内用玄関マット・人気ランキング

屋内用玄関マットをもっと見る▼

見た目で選ぶ


デザイン・柄あり


シンプル・無地


キャラクター


色で選ぶ


レッド(赤)

赤い色は感性を刺激しやすい色なので、人のやる気や積極性をアップさせる効果があります。また、赤は木目などナチュラルテイストにも合う色ですから、玄関のインテリアのアクセントとしてもGOOD。

オレンジ

人の縁に強く関係する色で、新しい出会いやスムーズな人間関係をサポートする色です。暖かい印象があり、万人受けする色だから玄関に合わせやすく、インテリアの邪魔をしません。

イエロー(黄)

黄色というと金運といったイメージが強いですが、黄色自体は「土」を象徴する色です。 そして土は金を生み出すという五行の関係性があるので、黄色は金運アップに間接的に効果を発揮します。明るく元気な色だから、家族を送り出すのにも、お客様を迎え入れるのにもピッタリ。

ピンク

出会いや結婚運など、恋愛関係に最も効果を発揮する色がピンクです。やさしい、かわいい色のイメージが強いですが、組み合わせ次第では上品なインテリアにもしやすい色です。

パープル(紫)

昔から高貴な色とされており、日本の冠位では最上級、英国ではロイヤルパープルと呼ばれる特別な色もあります。和風、洋風、どちらのインテリアに合わせても上品で優雅な雰囲気を演出できます。

ホワイト(白)

人間関係を改善し、仕事や援助などから得られる金運を上げるとも言われています。どの色よりも清潔感があり、北欧テイストやナチュラルテイストに合うカラーです。

ベージュ

ベージュは落ち着きのある色だから、どんなスタイルにも合います。素朴な印象にも、ナチュラルで自然体なテイストにもできます。

ブラウン(茶色)

シックなカラーだから、大人の雰囲気を醸し出すオシャレなスタイルに合います。和モダン、クラシックテイストなどに合うので、飽きのこないインテリアに。

グリーン(緑)

緑は自然の色だから、ナチュラルスタイルに合わせやすく、主張しすぎないアクセントにもなります。 帰ってきてほっこりできる、やすらぐ癒やしのカラーです。

ブルー(青)

ブルーは使いこなすのが難しい色ではありますが、うまく合わせれば、神秘的な雰囲気が漂うワンランク上のインテリアに。柄によっては清潔感溢れる、爽やかなたたずまいにも。

ブラック(黒)

モダンスタイルには欠かせない黒。インテリアを締めるのにピッタリな色だから、少し物足りないと感じる玄関をクールに決められます。

グレー

ブラックほど主張しすぎず、クール系にもガーリー系にも馴染むカラーです。どんな色にも合わせやすく、調和のとれたインテリアにできますよ。モノトーン調でシックにするのもよし、大人カワイイ雰囲気をまとめるのに使うのもいいですね。

サイズで選ぶ

屋外用

屋内用


おすすめの特集

ページTOPへ戻る

戻る

ページトップ