弘乳舎の西洋和菓子

弘乳舎TOKYOのコンセプト

明治16年(1883年)熊本市にて創業し、本州以南では日本最大級の貯乳能力と加工処理能力を保有する老舗乳製品メーカー「弘乳舎」。この弘乳舎の高品質な「国産純白バター」をはじめ、厳選した九州素材を使用したカジュアルでモダンな西洋和菓子屋が「弘乳舎TOKYO」です。
現代日本に根付き親しまれている様々な西洋和菓子たちは、ふるさとの心地よい風のような、どこか懐かしい味わいがします。

弘乳舎の歴史

明治16年(1883年)の熊本市鷹匠町において創業。
乳業工業としては、北海道を除く本州以南では日本最大級の貯乳能力と加工処理能力を保有し、創業135年を超える日本を代表する老舗の乳製品メーカーです。

屋号は「牛乳を弘く社会に普及する天下国家への奉仕」を意味しています。

純白バター

日本国内で製造されているバターの多くは、大量生産が可能である連続式製法で作られてい ますが、弘乳舎のバターはヨーロッパの伝統的なメタルチャーン製法によって作られます。(※加塩バターのみ)
1度に少量のバターしか作ることができませんが、巨大なサイコロのような半自動のチャーンを熟練スタッフがじっくりと撹拌することで、水分量が少なくなめらかな口どけのバターとなります。

生乳そのままの純白な白さ、クリーミーなコク、あっさりとした味わいなど、素材としての贅沢さが凝縮されたバターは「純白に輝くバター」といった評価もいただいております。
なお、加塩バターには徳島県産鳴門浜の焼塩を使用しています。
※菓子によって使用するバターの製法、種類は異なります。

商品一覧

店舗情報

弘乳舎

〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシアB1F
・JR有楽町駅中央口改札より徒歩1分
・東京メトロ 有楽町駅・銀座駅C9出口より直結
Google Map

  • TEL: 03-6256-0908
  • 営業時間: 11:00 〜 21:00