セラプト公式
オンラインストア

セラプト-よくある質問集

ご愛用者から寄せられるご質問集です。

このほかにご質問がありましたら、メール・お電話にて承ります。お気軽にお問い合わせください。

セラプトって何ですか?
セラプトは、特殊納豆菌DB9011株を配合した、免疫応援サプリメントです。特に口腔内のケアに長年の定評があります。 セラプトという商品名は、細胞(Cell)に適切・ぴったり(Apt)という意味合いで付けられました。
セラプトシリーズのどれを選べば良いでしょうか?

それぞれの特長を、ちょっと強引に一言で説明します。

  • 『セラプトfmタブレット』
    飲みやすく固めています。粒状のセラプトはこれだけです。
  • 『セラプトfm濃縮パウダー』
    少量で済むよう濃縮したパウダーです。ご飯に混ぜ使いがおすすめです。食事がとれない場合でも溶かして与えることができます。
  • 『セラプトプレミアム』
    米ぬか(胃腸や血流をサポート)を配合したセラプトです。
  • 『ドリームラブプレミアム』
    安価ですがDB9011株の配合量が少な目です(必要量は配合されています)。米ぬかも配合しています。

最初に飲まれる場合、ワンちゃんでしたら『セラプトfmタブレット』、ネコちゃんでしたら『セラプトfm濃縮パウダー』をオススメしています。ちなみにセラプトfmの「fm」は菌の最大配合量を意味するグレード名です。

セラプトはどのように作用しますか?
セラプトは、腸内の免疫細胞を応援するプロバイオティクスのサプリメントです。 本来、免疫細胞であるマクロファージやナチュラルキラー細胞は、有害なウイルスや、突然変異した細胞を攻撃することで身体の恒常性を維持します。ですが、病気や加齢により、免疫能力は低下することがあります。 セラプトに含まれるDB9011株は、動物に本来備わっている"生きる力"、免疫機能を正常な状態に保つようサポートすることで、健康状態を守ります。
セラプトは安全ですか
DB9011株は世界9か国で菌株特許がとられており、非常に安全性が高いことが分かっています。酪農分野では30年以上、人やペットへの投与は18年以上の歴史がありますが、健康被害は全くありません。また、現在のところ副作用の報告もありません。
他のサプリメントと飲み合わせても大丈夫ですか?
セラプトに配合されている特殊納豆菌DB9011株のバリア能力は、他の菌類に対して強い効力を発揮します。そのため、乳酸菌や麹菌が配合されたサプリメントと飲み合わせると、乳酸菌や麹菌を除菌してしまう可能性があります。 菌類が配合されたサプリメントと飲み合わせる場合は、お手数ですが、2時間ほど飲む時間をずらしてからご利用ください。 乳酸菌、乳酸菌複合物、酪酸菌、ビフィズス菌、ペディオコッカス菌、麹、紅麹、などが除菌してしまう可能性がある菌類です。気になる成分がございましたら、お気軽に当店にお問い合わせください。
犬猫以外の小動物に与えてもいいですか?
セラプトは犬猫用です。小動物やエキゾチックアニマルへの影響は研究資料が無いため、まだ分からないというのが正直なところです。ですが、同じような免疫系を持つ動物でしたら、基本的には問題が無いと考えられています。
なかなか飲んでくれません……
セラプトは苦味もなく、人工的な味付けもしておりませんが、不審がって食べないこともあります。フードに混ぜる場合は、なるべくウェットフードに和えるようにして食べさせてみてください。 おやつに混ぜる場合は、当店で扱っております『にゃめろう』に和えることをお勧めしております。(猫用ですが、ワンちゃんもOKです。) また、セラプト配合のおせんべいやミルク(現在準備中)もありますので、そちらをご利用していただくこともお勧めしております。
サンプルはありますか?
現在、
  • セラプトfmタブレットお試し2粒
  • セラプトプレミアムお試し5g
の2種類を、お試しサイズで販売しております。
どれくらいの期間飲むといいですか?
個体差や部位による差はありますが、最低でも21日間は継続して、様子をみていただければ幸いです。継続して与えている間は持続します。
いつ飲むのがいいですか?
朝が良い、食事の前が良いなどは無く、いつ与えても大丈夫です。食事と一緒に与えるのが手軽でおすすめです。
妊娠中・または子犬、子猫も飲んで大丈夫ですか?
大丈夫です。母犬の栄養補給、乳量の増加や子犬の肥育、健康的な免疫の生育をサポートします。

PAGE TOP