お手入れ前のヒトテマで

やわらげ、整える

DeAUが提案する“ビューティーメソッド”は、肌を正しい状態に導くこと。
トラブルに根本から向き合うことで、トラブルを繰り返さない本物の美しさへ。
お手入れ前に見落としがちな角質ケアに着目し、肌をやわらげ、整え、肌本来のキレイを目指します。

大人の肌トラブル
原因は角質の乱れ!?

ゴワつき※1、くすみ※2、肌荒れなど、 年齢を重ねるにつれ増えていく、大人の肌トラブル。その原因のひとつとされているのが、角質の乱れです。
また、肌の表面に古い角質などの汚れが留まると、肌トラブルの原因となるだけでなく、化粧水 などが浸透※3しようとする働きまで妨げてしまうことにも…。

美容通の66%が
角質ケアの重要性について
「YES」と回答。


うるおいをたっぷり与えて

肌を、満たす

理想の肌状態を目指すためには、肌リズムと密接に関わる、
肌本来のちからバリア機能をサポートすることも重要だと、DeAUは考えます。
肌を正しい状態へ導く過程で欠かせない“うるおい”を与え、保つことでより美しく健やかな肌へ。

うるおいとバリアの関係

肌表面(角質層)には、紫外線や乾燥などから肌をまもる役割があり、 バリア機能と言われています。 このバリア機能が正常に機能するためには、角質層にうるおいが保たれていることが大切とされています。

バリア機能の低下は
肌トラブルの原因にも

バリア機能が低下してしまうと。肌は刺激を行けやすくなるだけでなく、 肌のうるおいを保てず乾燥を引き起こしたり、肌荒れなどの肌トラブルの原因にもなってしまいます。


本来のキレイを引き出し

素肌を、まもる

理想の肌状態を目指すためには、肌リズムと密接に関わる、
肌本来のちからバリア機能をサポートすることも重要だと、DeAUは考えます。
肌を正しい状態へ導く過程で欠かせない“うるおい”を与え、保つことでより美しく健やかな肌へ。

肌トラブル時も
メイクはNG?

乾燥などの肌トラブルでお困りのとき、すっぴんで行動していませんか?
確かに、メイクは肌への刺激になってしまう事も…。 ですが、なにもつけない無防備な素肌は、紫外線やほこりなどの外的刺激を 直に受けてしまうため素肌をまもることも大切です。

メイク崩れの原因は
肌の乾燥かも…

乾燥した肌はメイクが密着しにくいだけでなく、うるおいを保つため分泌された皮脂が メイク崩れの原因に。洗顔後はしっかり保湿ケアを。ただし余分な油分を残さないことがポイントです。 メイク後は、仕上げのフェイスパウダーでフィット感を高めたり、テカリを防ぐのも効果的です。



頭皮環境をしっかり整え

髪を、はぐくむ

髪の状態で印象も変わります。
頭皮=肌の状態を整え本来の状態へ導くことこそが、美しい髪をはぐくむことに繋がるとDeAUは考えます。
頭皮を「洗う」、髪を「守り、うるおす」、2つのステップで、頭皮をすこやかに、髪をしなやかに美しい髪へ。