Coordinate
コーディネート カタログ
リタリオリブロスタッフのオススメするコーディネートをご紹介。
何を合わせようかとお迷いの方は、是非ご参考にご利用ください。
A/W Coordinate−秋冬コーディネート一覧−
コーディネート画像

都会派マウンテンスタイル2

カジュアル&スポーティ
マウンテンブーツにダウンベストを合わせたマウンテンスタイル。都会の雰囲気にもマッチするよう、スポーティーな素材の仕様を控え、レザー系で高級感をプラス。ニット帽やマフラーなどの小物次第では、可愛くも格好良くも変更可能なコーデ。
コーディネート画像

落ち着いたショールカラーコーデ

キレイめカジュアル
全体にベージュを取り入れた優しい印象のコーディネート。ショールカラーのプルオーバーニットをレイヤーし、アウター感覚でコーディネート。ダウンベストやハーフコートなどのアウターを羽織れば真冬も対応可能。グリーン系のパンツやプルオーバーなど、玄人感もチラリと垣間見えるあたりが大人っぽい。
コーディネート画像

大人のスポーティースタイル

カジュアル&スポーティ
アクセントカラーのイエローを随所に活かしたコーディネート。シャツとの印象を考えパンツにはあえてクリースを入れた濃いめをセレクト。大人の上品さと、爽やかな印象を併せ持った雰囲気に。
コーディネート画像

ミリタリーを上品に着こなす2

カジュアル&スポーティ
ネイビーのミリタリーアウターを合わせつつも、ベージュやグレーで全体を統一することで、洗練された印象に。アウターをテーラードジャケットやショートアウターに変更してもそのままコーディネートできる万能コーデ。
コーディネート画像

アウターONアウターを着こなす

カジュアル&スポーティ
Gジャンの上にライトアウターを羽織ったコーデ。アウターが重たい印象になり過ぎないように、コートはタイトな印象の物をセレクト。レイヤーしたニットは、シンプルながらも質の良さを伺えるケーブル編み。ホワイトパンツは細めを選び、裾は軽くロールアップ。重たくなりがちな冬のコーデを軽く爽やかな印象に。
コーディネート画像

都会のマウンテンスタイル

カジュアル&スポーティ
マウンテンブーツにナイロンブルゾンなど、アウトドアを彷彿とさせるアイテムを取り入れたスタイルながらも、それぞれのアイテムのデザインや色身をシンプルにまとめています。カーディガンと、起毛ウールのスラックスと言ったタウンウェアをミックスしており、アウトドアとタウンが融合された大人っぽい雰囲気のコーディネートに。
コーディネート画像

ミリタリーを上品に着こなす

カジュアル&スポーティ
合わせ方によっては子供っぽい印象さえ醸し出してしまうミリタリー系のアイテムも、ブラックをチョイスし白パンでまとめれば、非常に大人っぽい印象に。白パンツはトップスのボリュームに反してスキニーデニムを採用。男っぽいアイテムを使っているにも関わらず、全体にはとても上品な印象です。ナイロン系のバッグでも良いのですが、よりタウン仕様にマッチするレザーバッグとベルトでコーデ。足元は爽やかにスニーカーで。
コーディネート画像

ワイルドなアメカジスタイル

カジュアル&スポーティ
子供っぽい印象になりがちなアメカジも、一つ一つのアイテムをアップデートすることで高級感をプラス。シューズはパラブーツ、シャツにはイタリアのバロニオ。ダウンにはドープアンドドラッカーをチョイス。それぞれのアイテムの持つ個性をまとめることで上品なアメカジを表現しています。トップスはジャストサイズを意識しており、ボトムスはボリュームを設けたシルエットで勝負。レザーグローブやバンダナ、ベルトなどの小物も気を抜かず合わせれば、より一層格上げしてくれます。
コーディネート画像

大きめトップスは細身のパンツ

カジュアル&スポーティ
人気のストリートシルエットを上品にまとめたコーディネート。大き目のトップスに対してパンツは細身のテーパードデニム。中にはアウターと色味を合わせたボーダー柄のクルーネックニット。スポーティーになりすぎないように、ハットやベルト、シューズ、バッグなどの小物類はあえて上品なものをチョイス。
コーディネート画像

ムートンをシックに着こなす

キレイめカジュアル
ボリューム感と存在感の強いムートンも、ヴァッツォレールをセレクトすればモダンな印象に。スッキリとした細身のアウターに合わせてパンツは細身のウールスラックスに。カジュアルなアウターも、スラックスとチャッカブーツで合わせればシックな着こなしに。インナーにシャツ類を合わせても良いのですが、アウターの存在感の強さゆえに、あえてその他をシンプルに少ないアイテムでまとめています。
画像

カモフラを効果的アクセントに

カジュアル&スポーティ
カモフラ柄を取り入れたカジュアルコーディネート。ブラックを効果的に使用することで引き締まった印象になり、柄の派手さを抑えています。足元だけホワイトにすることで、爽やかさをプラスし、重くなりすぎないように。
画像

暖かみのあるモダンなブラウンコーデ

キレイめカジュアル
ブラウンコーデはオジサンっぽくて難しいと思われがち。でもそれは全体のシルエットや素材使いで全く違う印象に。重厚なメルトン素材のコートに、ライトな色合いのチノを合わせ、ボトムスで軽快な雰囲気を表現。華やかな色合いのスカーフで遊び心をもたせ、上下のカラートーンにメリハリをつけることで、引き締まったコーディネートに仕上がります。細身のパンツにはボリューミーなプレーントゥを合わせればOK。
画像

ダブルジャケットの王道といえば

フォーマル&ビジネス
もはや市民権を得たダブルジャケットですが、「いつも何だかしっくりこない・・・」そんな方にはこちら。基本に立ち返ったネイビー×グレーの配色をベースに、ネクタイも無地のネイビー、足元とベルトはさりげない華やかさを与えるブラウンをチョイスすることで、王道のジャケパンスタイルでありながら一味違う、そんな分かっている感のあるコーディネートに仕上がります。適度にカジュアルダウンさせるために、同色系のニットストールも◎。
画像

差し色の絶大な効果

キレイめカジュアル
秋冬ジャケットの中はシャツかタートルネックと相場が決まりがちですが、実はクルーネックもお勧めです。首元がすっきりすることで、どんな体系の方も一回りスタイリッシュな印象に。大胆なコントラストのレッドのニットをチョイスすることで、普段より一回りお洒落感もUP。足元にはレッドのニットに負けないキルトタッセルのコンビ靴で遊び心をプラスしても。
画像

ホワイトonホワイトのGジャンコーデ

キレイめカジュアル
春や秋のライトアウターとして重宝するGジャン。デニムオンデニムでも使いやすいホワイトカラーのGジャンですが、オススメは同色系のコーディネート。ボトムスまでホワイトだとさすがにやりすぎかもしれませんが、インナーに生地感の全く違うニット素材を合わせることで、素材感の遊びでワンランク上のコーディネートに仕上がります。他のアイテムを秋冬らしい暖かみを感じるものをチョイスすれば、コート等を羽織らずとも季節感のある雰囲気に。
画像

ニットジャケットで簡単きっちり感

キレイめカジュアル
ディナーや知人宅へ行く際は、やっぱり小綺麗な恰好を。そんなとき持っていると重宝するのがニットジャケットです。テーラードジャケットほど堅苦しくなく、それでいて着心地も◎。カーディガン感覚で着れてコーディネートも自由自在と、良いとこ尽くしのアイテムなのです。秋冬シーズンなら、色でも季節感を感じさせるブラウン系のコーディネートがお勧めです。
画像

華やかアウターのシンプルコーデ

カジュアル&スポーティ
全体を暗めのモノトーンで抑え、鮮やかなアウターのレッドカラーを際立たせたカジュアルコーデです。難しいと思われがちな鮮やかなカラーのアウターも、同様の手法でシンプルにまとめられます。インナーにウールのVネックを選ぶことで、カジュアル感を自然に抑えた高級感を感じるコーディネートに。
画像

ワンランク上のスポーツミックス

カジュアル&スポーティ
一味違うスポーツミックススタイル。中綿入りのシャツ型ナイロンブルゾンに、ウールのリブパンツを合わせることで、素材感のコントラストを楽しんだこちら。ブルー&モノトーンの落ち着いた配色ながら、首には反対色のスカーフを配すことで、秋冬らしいボリューム感とカラーアクセントを。
画像

素材で遊ぶきれいめカジュアル

キレイめカジュアル
ウールのジャージージャケットに洗いをかけたコーデュロイ素材等、秋冬特有の素材を用いたドレッシーなカジュアルコーデ。コーデュロイ素材やスエードとコンビになったWチップシューズ等、味わい深いテイストのアイテムを掛け合わせることで、玄人向けのカジュアルコーデに。アルチェレザーのバッグやスタッズベルト等、小物の素材使いにも抜かりはありません。
画像

スタジャンを使った上品コーデ

キレイめカジュアル
中折れハットに細身のスラックスと、上品な休日スタイルでありながら、アウターにはあえてスタジャンを合わせた遊び心のあるコーデ。アメカジのスタジャンだとカジュアルになりすぎるので、細身のスタジャンを選ぶのが◎。チグハグになりがちなテイスト違いのアイテムも、素材と色合わせをしっかり行うことで全体にまとまりをもたせた上級者コーデです。
画像

小綺麗カントリーコーデ

キレイめカジュアル
ハンティングジャケットやフィールドコート等、カントリー感のあるアイテムを小綺麗にまとめたこちら。重厚なウール素材のコートに負けないボリュームのあるニットとブーツをチョイス。それだけだと土臭いので、英国的な細身のチェックパンツを合わせる事で、一気にモダンな雰囲気に。色味を抑えることで、全体的なまとまりと品の良さを演出しています。
画像

ベルトのワンポイントアクセント

キレイめカジュアル
秋冬になると、自然と重めの色をチョイスしがち。でもそれだけだとぼんやりした雰囲気になってしまうかもしれません。そんな時は存在感のあるベルトの一点使いコーディネートがおすすめ。素材にメリハリをもたせたモノトーンコーデに、ポイント使いでカモフラ柄のハラコベルトを。ベルトや靴のワンポイントアクセントは、全体のカラートーンをまとめるだけで、意外とすんなり出来てしまうお手軽テクニックです。
画像

反対色を使ったネクタイコーデ

キレイめカジュアル
グリーンやレッド等の色は、うまく合わせにくいと疎まれがち。でも積極的に使うことで、重くなりがちな秋冬コーデも一気に華やかな雰囲気に。グリーンがメインの場合は、合わせやすいベージュ系のアイテムを合わせ、ネクタイだけ反対色のレッドをチョイス。反対色を使った存在感のあるコーデですが、各々の色分量をしっかり守れば恐れることはありません。
画像

ブレザージャケットの着こなし方

フォーマル&ビジネス
ブレザーの着こなしは、やはり基本に立ち返ったネイビー×グレーの配色をベースがおすすめ。ネクタイは明るめのカラーをあえてチョイスし、靴とベルトはさりげない華やかさを与える艶やかなものを合わせる事で、よく見るジャケパンスタイルでありながら一味違う、そんな分かっている感のあるコーディネートに仕上がります。コートはネイビーもグレーも、そしてブラウンも色合わせが容易。
画像

ビジネスでの秋冬らしい色合わせ

フォーマル&ビジネス
秋冬シーズンの基本は落ち着きと温かみ。一番簡単な秋冬コーデは、茶系で大部分を占めてしまう形。そうすることで、他色が入っても全体のバランスを崩さず、落ち着きと温かみをしっかりキープ。できればアウターとインナーに濃淡をつけて、単色コーデのように見えなくすると◎。これにより、難しいと思われがちなチェックのコートも、全く違和感なくコーディネートして頂けます。
画像

上品な秋冬ビジネススタイル

フォーマル&ビジネス
遊び心のあるビジネススタイルはもちろんお洒落ですが、大切な場にそぐわない場合も。そんなとき用に、誰からも好印象をもたれる組み合わせを持っておきたいですね。装うという意味で、過度な装飾は省き、色味を抑えたコーデが◎。そうなると品と格を感じさせるグレーのフランネルスーツがお勧め。靴やバッグもブラックで統一し、ほんの少しの遊び心でタイを濃紫に。
S/S Coordinate−春夏コーディネート一覧−
コーディネート画像

清涼リネンのトレンドミックス

キレイめカジュアル
リネンの清涼感とラフな雰囲気をジレで引き締める大人コーデ。スラックスはトレンドのタック入りをチョイス。上品にスリップオンで合わせれば、スラックスのテーパード具合と相まって、スッキリとした足元に。
コーディネート画像

古着テイストを組み込んだコーデ

カジュアル&スポーティ
トップスにGジャンを採用し、アメカジテイストを取り入れた着こなし。インナーにはヘンリーネックでさりげないコナレ感をプラス。全体の雰囲気に合わせてスニーカーにはヴィンテージ加工されたものをチョイス。パンツにはあえてPT01のスラックスで、色味は合わせつつも綺麗めのスラックスで上品な着こなしに。
コーディネート画像

サマーエレガントコーデ

キレイめカジュアル
暑い季節だってシャツで上品に着こなしたい大人の方にお勧め。陽気な柄シャツに、スラックスはPT01のリネン混を採用。見た目以上の清涼感を感じさせます。裾をロールアップしてスニーカーやサンダルでも相性良く着こなせます。
コーディネート画像

ゆるめのパンツが大人の余裕

キレイめカジュアル
細身のネイビージャケットに合わせたインナーは無地の白T。スニーカーの白と合わせて爽やかな印象です。パンツはゆったり目のコットン素材をセレクトすることで、優しい印象をプラスしています。気分に合わせてストールやバッグの小物をアクセントで取り入れてみてはいかがでしょうか?
コーディネート画像

少アイテムで魅せる玄人感

カジュアル&スポーティ
少ないアイテムでもお洒落に見せたい!暑い夏はそんなことを思う方も少なくないはず。全体をネイビーベースのコーデでシンプルにまとめれば、洒落者好きのノーカラーシャツも個性が際立ちます。ネックにはアクセントでバンダナを。少ないアイテムでも、こだわりのアイテムをシンプルにまとめれば、お洒落度アップ!
コーディネート画像

遊びを効かせた大人マリンスタイル

カジュアル&スポーティ
ボーダー柄や白紺ベースの定番マリンスタイルも良いですが、こんなコーデも面白い。ショートパンツにアクセントカラーを取り入れています。良く見ると魚が泳ぐ珍柄ショーツ。涼しさだけでなく、夏を楽しみたい気持ちまで溢れ出るコーデです。
コーディネート画像

ジャケット×ラグジュアリーデニム

キレイめカジュアル
定番の紺ジャケと白シャツのコーディネート。ピークドラペルとダブルモンクストラップシューズをセレクトすることで、いつもの仕事着感を払拭。デニムにはJACOB COHENのロゴ入りデニムを。ジャケットとの相性は随一のラグジュアリーデニムだけあり、シンプルながらもさすがの雰囲気に。
コーディネート画像

大人のストリートミックスコーデ

カジュアル&スポーティ
カモフラ柄のGジャンとロゴTシャツはやや大きめのシルエット。細身のパンツはストレッチ素材をセレクト。クリースラインは落としてしまえばカジュアルに使いやすい見た目に。
コーディネート画像

リブデニムに羽織ニット

カジュアル&スポーティ
スポーティーなリブデニムパンツにショールニットを合わせて、きっちり感をプラス。シューズもあえてローファーで上品に。
コーディネート画像

シンプルにスウェットを大人っぽく

カジュアル&スポーティ
ややビッグシルエット気味に合わせたトップスと、細身のリブパンツとの相性が抜群。小物使いで上品に
コーディネート画像

洗練された都会派ワイルド

カジュアル&スポーティ
カモフラの持つワイルドな印象を、上品なショールニットで柔らかい印象に。
コーディネート画像

洗練された都会派ワイルド2

カジュアル&スポーティ
カモフラの持つワイルドな印象を、ホワイトベースの爽やかなコーデで洗練された印象に。
コーディネート画像

休日に公園で読書でも

カジュアル&スポーティ
自転車でちょっと近くの公園まで行きたくなるような、スポーティーなコーデ。
コーディネート画像

ビッグトップスにシャツ巻きコーデ

カジュアル&スポーティ
ややビッグシルエット気味に合わせたトップスと、細身のリブパンツとの相性が抜群。シャツを腰に巻いてアクセントにしてもOK!
コーディネート画像

グリーンが映える小旅行コーデ

キレイめカジュアル
夏のバカンスに丁度良さそうな、華やかさを感じるコーデ。ブラウン系とグリーンの色で絞り、合わせやすく。
コーディネート画像

大人の遊びスタイル

カジュアル&スポーティ
明るめの色合いでまとめたスポーティーなスタイル。アウトドアにも最適なスタイル!
コーディネート画像

ミリタリーミックスで男らしく

カジュアル&スポーティ
トップスにスタッズをあしらったミリタリーシャツを取り入れることで、強めのクラッシュデニムもアリだと思わせる組み合わせに。あえてシューズと眼鏡をマジメな印象にすることで、全体的に大人っぽい印象に。バッグは男らしく大きめが◎
コーディネート画像

春を感じる爽やかジャケコーデ

キレイめカジュアル
ボトムスはベージュ系やデニムパンツでも良いのですが、春らしくピンクのスリムテーパードをチョイス。素足履きでロールアップすれば、シューズの個性も引き立ち相乗効果を発揮します。ジャケットはカジュアル感を出すため、伸縮性のあるラフな一着を選んでいます。シャツも同様に、ブロードのようなドレッシーなものでなく、カジュアルな生地感が◎
コーディネート画像

デニムONコートで玄人コーデ

キレイめカジュアル
上にスプリングコートを羽織ることで、美しい縦長のAラインを作り出します。寒さを防ぐだけでなはない、絶妙なレイヤースタイル。キレイにまとめつつも、クラッシュデニムを採用することで遊びもプラス。シューズは素足履きでも良いですが、明るめのソックスで挿し色を入れてもOK。
コーディネート画像

定番バルスター型で大人っぽく

カジュアル&スポーティ
大き目のサングラスが持つダンディーさを惹きたてる渋めのコーデ。アウターをレザーに変えれば秋冬シーズンにも対応可能。イタリアおやじの大好物、ショート丈ブルゾンには、スッキリモダンなストレッチデニムをチョイス。足元は革靴で合わせればカジュアルになりすぎずバランスの取れた仕上がりに。
コーディネート画像

パンチングレザーで春も高級感を

カジュアル&スポーティ
春や秋に最適なパンチングレザーで高級感をプラス。中のシャンブレーシャツをなくし、カットソーだけのシンプルスタイルも◎。パンツはテーパードシルエットの織り柄パンツ。程よく抜け感を演出します。
コーディネート画像

スプリングコートをスポーティーに!

カジュアル&スポーティ
かっちりしがちな細身のコートと革靴の組み合わせ。しかし、中にはパーカー、パンツにリブパンツを合わせることで、スポーティーテイストを融合した、新鮮なスタイルに仕上がっています。クラッチバッグやショルダーバッグなどの小物もOK。
コーディネート画像

ジャケパン素足履きコーデ

キレイめカジュアル
知的な印象を感じさせるチェックシャツとジャケットの組み合わせ。シャツをネイビーにすることで、少しだけ遊びをプラス。足元はこだわりのローファーを素足履きで履く抜け感が丁度良い印象です。
コーディネート画像

色味を入れつつ大人っぽく

カジュアル&スポーティ
全体にバッグやベルトなどで挿し色を入れることで明るい印象のコーディネート。ショートパンツで合わせたスポーティーなスタイルながら、ショールカラーニットとスリップオン、さらにクラッチバッグで大人のカジュアルスタイルに格上げ。ニットは肩や腰に巻いても◎。
コーディネート画像

ブルーが映えるサマーコーデ

カジュアル&スポーティ
サファリスタイルを思わせる軽量ジャケットに、カーゴショーツで合わせたスポーティーなルック。足元は上品なローファー。小物で色味を統一することでまとまった印象に。ストローハットやハンチングなどをプラスしてもOK。
コーディネート画像

挿し色を活かすサマーコーデ

カジュアル&スポーティ
人気のネイティブ柄をカーディガンに採用したコーデ。主張の強さに合わせ、その他のアイテムはシンプルめに。全体に色のつながりを意識することでバランスの取れたコーデに。アクセントのシューズは思い切ってレッドを!好みに合わせてブレスレットやアンクレットなど、アクセサリー類もプラスしたくなるコーディネート。
コーディネート画像

夏のリッチバカンススタイル

カジュアル&スポーティ
少し柄物が多く、一見「おや?」と思ってしまうコーディネートですが、バカンスではこれくらい思い切ったコーデも逆に◎。色味と全体の雰囲気でバランスを取り、陽気な雰囲気を作り出しています。
コーディネート画像

上品さが際立つお出掛けコーデ

キレイめカジュアル
Aラインのゆったりめのコートに、テーパードしたパンツを合わせた、少しフェミニンな雰囲気を感じさせる、上品なコーディネート。全体をネイビー系でまとめつつ、シューズにアクセントを。靴はスニーカーではなくスリップオン、バッグはフルレザーで合わせる事で、大人っぽい印象に。
画像

日本人好みのグレースーツコーデ

フォーマル&ビジネス
日本人に最も合う色の一つ、グレースーツコーデ。シンプルながらもサックスブルーのシャツにあえてボルドータイで合わせたスタイル。シューズやベルトは遊びを効かせたブラウン系で。
画像

明るめネイビーの華やかコーデ

フォーマル&ビジネス
明るめのネイビースーツを引き締めるシンプル且つ濃いめのカラーのピンドットネクタイがポイント。シャツはピンクのストライプにすることで、もう一回り華やいだ印象に。
画像

正統派感をピンクで和らげる

フォーマル&ビジネス
カチッとしたダブルジャケットの印象をピンクのネクタイで和らげます。あえてシャツをくすんだ色合いにすることでトラッド感を抑えています。ノータイで細めのパンツを合わせたカジュアルスタイルも◎
画像

正統派を足元で遊ぶイタリアコーデ

フォーマル&ビジネス
一見スッキリとした正統派コーデ。注目すべきは柔らかなストレッチスーツにシューズインソックスを合わせた軽快な足元。チーフを挿して華やかな印象をプラスして、さらにイタリアンコーデを楽しめます。手にはクラッチバッグかな。
画像

隠れたお洒落カラー“ブラウン”

フォーマル&ビジネス
意外にネクタイに取り入れる方の少ないブラウン。定番紺ジャケスタイルにシューズと色合わせしたネクタイを取り入れるだけで、何とも上品な印象に。濃いブラウンの方が日本人には◎
画像

ベージュパンツに見る大人の余裕

キレイめカジュアル
紺ジャケにグレーのスラックスやホワイトパンツ、デニムなどを合わせがち。そこでベージュを合わせた気張らないスタイルが◎。タイドアップと素足履きの程良いギャップも効果的。
画像

上級イエロー系でVゾーンを飾る

フォーマル&ビジネス
ダブルスーツに負けない個性を放つイエロー系ネクタイ。意外に取り入れる方の少ない上級アイテムといった印象。しかし他のアイテムをシンプルにまとめるだけで、取り入れやすく、お洒落度UP。
画像

上級イエロー系でVゾーンを飾る2

フォーマル&ビジネス
意外に取り入れる方の少ないイエロータイ。好相性の淡いブルーのクレリックシャツが、タイの個性を引き立ててくれます。カッチリとしたVゾーンにスエードWモンクで足元はちょっと遊べば◎
画像

脱オジサン!ジャケパンコーデ

フォーマル&ビジネス
ナイロン系バッグのオジサンぽさを回避すべく、明るめのジャケットにサックスブルーのシャツで爽やかに。ネクタイのブルーと色合わせすることでキチンと感もUP!
画像

チェックジャケット×カラパンコーデ

キレイめカジュアル
勇気が必要に思われがちなカラーパンツコーデ。シンプルに普段のジャケットスタイルに相性の良い色を取り入れるだけで◎。まずは薄めの色合いからチャレンジすることをお勧めします。
画像

夏のグランピングにも丁度良い

カジュアル&スポーティ
人気のアウトドアに最適なスタイル。長袖で日焼けや害虫対策もしつつ、暑い時はすぐに脱げる軽量アウター。裾もリブ仕様で捲くり上げ易くなっております。
画像

思い切ったレッドポロコーデ

カジュアル&スポーティ
レッドの派手さを活かすホワイトパンツとのコントラストが美しい組み合わせ。色味を揃えたシンプルな小物類で遊べば、それでけでコーディネートは決まります。
画像

ストライプパンツで抜け感コーデ

キレイめカジュアル
カチッとしたアイテムの中にリラックス感のあるストライプパンツを取り入れ、インナーもカットソーで合わせることで、大人っぽいラフ感を演出。
画像

グレーストライプスーツ

フォーマル&ビジネス
シンプルにグレーのストライプスーツにラベンダー系のネクタイで。あえてシャツをライトグレー系にすることでモードっぽい雰囲気をプラス。濃いグレーになり過ぎると仕事にはNGな雰囲気になってしまうことも。
画像

グリーンパンツの涼しげコーデ

キレイめカジュアル
グリーンのパンツもリネンジャケットと合わせれば、カジュアルな雰囲気とドレッシーな雰囲気のバランスが絶妙に。スリムテーパードシルエットのパンツをロールアップするなどして、よりスッキリとした印象に。
画像

陽気なオレンジギンガムチェック

キレイめカジュアル
カジュアルな印象になりがちなBDシャツですが、さすがオリアンと思わせる上品な雰囲気。スリム且つ短めのパンツにスリップオンが好相性。アンクレットやブレスをプラスしても◎
画像

潮風を感じさせるボーダールック

カジュアル&スポーティ
マリンルックに欠かせないボーダーニットで爽やかな印象に。パンツはイエローで華やかなアクセントをプラス。スニーカーやキャンバスバッグ、インナーにブルーのBDシャツで合わせても◎。
画像

ラベンダーポロのスポーティコーデ

カジュアル&スポーティ
一見ストリートファッションを思わせるほどの身軽なコーディネート。一つ一つのアイテムは大人が着るのに相応しい上質なアイテムばかり。肌寒いときはオフホワイトのニットカーデなどはどうでしょう?
画像

陽気なオレンジギンガムチェック2

キレイめカジュアル
裾をリブ仕様にしたデニムパンツを採用したこちら。裾がスッキリとしているので素足履きやスニーカーなどで軽い足回りが◎。
画像

「知的」×「遊び」の大人カジュアル

キレイめカジュアル
ノーカラーシャツにジレとメガネを合わせたミニマル且つ知的な印象のコーデ。ショーツとスリップオンの思い切った合わせでチョイ悪感をUP!2タックのテーパードパンツなどでも今っぽい。
画像

トラッド感溢れるジャケットスタイル

フォーマル&ビジネス
イタリアブランドやALDENなどを取り入れつつも、クレリックシャツやブリーフケースでカチッとした雰囲気を演出。革小物の色合いを揃える事で、まとまりのあるコーディネートに。
画像

黒で引き締めるスーツコーデ

フォーマル&ビジネス
陽気な雰囲気を感じさせるラルディーニのブートニエール。ピンクのシャツとグレーのスーツがさらに明るく飾ります。それに反してレザーをブラックでまとめることで引き締まった印象に。
画像

温もりのあるマローネコーデ

フォーマル&ビジネス
ブラウン系のスーツを中心に、全体にブラウンをちりばめたコーデ。シャツやベルトなど必要以上の装飾や柄などを無くすことで、スーツの個性をバランスよく保っています。
画像

ポロシャツに羽織ニットでラフに

キレイめカジュアル
スッキリとした短めのスラックスにポロシャツを合わせた爽やかコーデ。肌寒い時はざっくりとしたカーディガンを羽織るだけで大人っぽさ倍増。中はシャツはもちろんカットソーなどでもOK
画像

ダブルジャケットをモダンに着こなす

フォーマル&ビジネス
クラシカルでおじ様的な印象の強いダブルも、ボリオリのような細身タイプを選び、スラックスも細身にすれば◎。その他のアイテムは色やデザインを抑えることで、ダブルの主張とのバランスが絶妙に。
画像

ジャケットの着崩しスタイル

キレイめカジュアル
定番ネイビージャケットにホワイトの刺繍入りデニムを合わせることで、大人っぽい雰囲気を保ちつつもカジュアルな装いに。インナーにはラフにカットソーを合わせ、抜け感を演出。
画像

紺×白の定番ジャケットコーデ

キレイめカジュアル
インナーのシャツの色や柄を変えるだけで、様々なスタイルに変化が可能。こちらはダークネイビーで合わせ、レザーアイテムの色とあわせることで整った雰囲気に。アイスブルーやピンクなどでも◎
画像

シャンブレーシャツをジャケットに

キレイめカジュアル
クラシカルなジャケットスタイルにシャンブレーシャツを取り入れることで、若さと爽やかさをプラス。素足履きで軽快にあわせれば見た目にもCool。
画像

チェックとバッグで軽快なコーデに

キレイめカジュアル
ブラック&ホワイトでシックにまとめつつ、カチッとしすぎないギンガムチェックを合わせています。高級感のあるレザーバッグながら、斜めがけでスポーティテイストもミックス。裾はロールアップしても◎。
画像

柄パンツのエスニック風?コーデ

キレイめカジュアル
リネン混シャンブレーパンツとスリップオンの組み合わせで、エスニックな香りを感じさせる。トップスはシンプルにプルオーバーシャツに軽く羽織れるニットジャケット。ベルトもカジュアルに合わせやすいメッシュで。
画像

グリーンパンツでリゾートコーデ

カジュアル&スポーティ
大胆なプリント柄を採用しつつも、カラーや柄を合わせることでスッキリとした印象に。グリーンが爽やかに溶け込み陽気にサマーバケーションを彩ります。
画像

グリーンパンツでリゾートコーデ2

カジュアル&スポーティ
ベージュ系のふわっとしたカラーを引き締めるヘンリーネックカットソーは、単品でも十分な存在感のある大人のアイテム。ストールを巻いたり、カーディガンを肩に掛けたりと、気分で変幻自在。
画像

レッドを取り入れたサマーコーデ

カジュアル&スポーティ
ロゴTシャツとボーダーで全体的に可愛らしい雰囲気に。パーカーなどでよりカジュアルにあわせてもOK。
画像

レッドを取り入れたサマーコーデ2

キレイめカジュアル
レッドの派手さを中和するべく、ブラウン系のアイテムをプラス。ストールやハットで個性とアクセントをプラスすれば、よりお洒落度アップ。
画像

涼しげなブルー系コーデ

カジュアル&スポーティ
シンプルにTシャツにハーフパンツを合わせ、寒いときはパーカーを。南の風を感じる涼しげなコーディネート。
画像

スポーツミックスのイタリアンコーデ

カジュアル&スポーティ
シャツにドラシューなど、イタリアンコーデに欠かせないアイテムに、ナイロン系素材をミックスすることで、程良いスポーツ感がプラスされます。車でも自転車でもマッチするタウンスタイル。
画像

柄ものを取り入れた陽気コーデ

キレイめカジュアル
取り入れるのをためらいがちな柄物ですが、着用アイテムの減る春夏シーズンにはアクセントとして重宝します。リネンシャツやリネンストールにさりげなく取り入れています。
画像

柄ものを取り入れた陽気コーデ2

カジュアル&スポーティ
サンダルやスニーカーでも合わせたくなるスポーティーなコーデ。明るい色で暑い季節も楽しめそう。
画像

パイルパーカーでラフコーデ

カジュアル&スポーティ
パイルパーカーのネイビーを基調とし、全体をブルー系でまとめたコーデ。Tシャツもネックやポケットなどでアクセントを入れることで、羽織を腰に巻いてもお洒落を継続。
画像

リネンシャツで明るいコーデ

カジュアル&スポーティ
派手にいきたい!そんな方には原色も取り入れてみては。シャツ無しでも十分に主張できるコーディネートです。
画像

黄色のアクセントカラーをさりげなく

キレイめカジュアル
柄オン柄ではあるものの、色のバランスとパンツのさりげない柄で全体的にはまとまった印象。リネンカーディガンなどを羽織っても◎
画像

エスニックを匂わすリラックスコーデ

カジュアル&スポーティ
ジャケットなどに合わせる印象の強いヤコブコーエンも、ストール、ハット、サンダルを合わせることで、エスニックな雰囲気さえ感じさせる涼しげなコーデに。裾の詰まったリブパンツが新鮮です。
画像

避暑地で大人のリラックスコーデ

キレイめカジュアル
スポーティーな印象のデニムリブパンツを足元に合わせ、素足履きで軽さを演出。肌寒い時には肩に掛けたカーディガンを。明るく涼しげな印象のライトベージュを取り入れています。
画像

レッドのアクセントを活かしたコーデ

カジュアル&スポーティ
赤のアクセントを効かせたリゾートスタイル。鹿の子ポロシャツをインナーに使用することで、ちょっぴりカジュアルな雰囲気に。暑いときはカーディガンを肩に掛けて爽やかに。
画像

ダーク系Gジャンで大人っぽく

カジュアル&スポーティ
インディゴなどでなく、あえてダーク系のGジャンをトップスに使用することで、引き締まった印象に。ボトムスはテーパードシルエットのスリムパンツ。インナーを若干長めにすればやわらかい印象に◎
画像

ドレスアイテムをカジュアルに

キレイめカジュアル
ドレッシーな紺ジャケをボーダーカットソーで爽やかにコーデ。少し色落ちの強めのデニムを合わせて、海沿いを歩きたくなるような雰囲気に。ジャケットをリネンに変えたり、裾をロールアップしても◎
画像

ミリタリーシャツをシンプルでシックに

カジュアル&スポーティ
スポーティーな印象になりがちなミリタリーシャツを、ブラックのVネックインナーと、こちらもブラックのスリムパンツで合わせることで、落ち着いた大人の印象に。やや大きめのバグが男っぽさUP
画像

ジレを羽織ればTシャツも上品に

カジュアル&スポーティ
玄人の印象が強い柄パンツもシンプルに無地カットソーで合わせれば、難なく着こなしが可能。ジレをプラスすることで、男らしい清潔感と、上品さをプラスしてくれます。足元は素足履きで爽やかにすれば◎
画像

思い切った遊びスーツスタイル

キレイめカジュアル
カチッとした印象のスーツも、リネン素材を取り入れ、色を明るくすればカジュアルな雰囲気にも対応可能。少しチョイワル感の強い着こなしですが、シャツを白無地に替えるだけで、上品な印象に変えてくれます。
画像

レッド系を爽やかなアクセントに

キレイめカジュアル
一度は挑戦したい明るい色。赤や緑など、挑戦したことのない方も多いのでは?同系色でまとめてコーディネートすれば、失敗は少ないかも。シャツはあえてミニマルなノーカラーとし、赤の強い印象を和らげています。
画像

ゴルフパンツで旅行気分コーデ

カジュアル&スポーティ
足元にキャンバススニーカーとショートパンツでカジュアルな着こなしですが、パンツにクリースを入れ、襟付きのトップスをあわせることで、力みの無い大人の上品さをプラス。バッグはあえてレザーリュックでOK
画像

カモフラをワイルドモードに

キレイめカジュアル
カモフラをブラック系アイテムでシンプルに合わせればワイルドな雰囲気を醸したスマートなスタイルに。足元はクロップド丈のリブパンツにスリップオンで軽快に。ラフに捲くった袖も◎

●在庫売り尽くし

●一押しアイテム