検索のお供




初めてご利用になられる
お客様へ


ご注文の前にご確認をお願いします。



ただ今当店専用クーポン発行中です

詳しくはこちらで



☆ 特集 ☆

★ ヒーリング
★ NOWシリーズ
★ 【書籍】Billboard 年間チャート
★ ヒットチャート関連書籍
★ 全米ヒットランキング
★ ベリーダンス
★ グラミー賞

ビルボード・チャート解説
★バックナンバー
☆ 全米ヒットランキング
各年代TOP1000など当店が集計した全米ヒットランキングです。



今週のトップ5

★ 国内盤 (CD/レコード)
★ 輸入盤 (CD)
★ 輸入盤 (レコード)
★ 僕たちの洋楽ヒット
★ 輸入盤CDシングル
★ 訳あり商品 掘り出しものあり
結構お安くなっています。


★ 国内版
★ 輸入版(音楽・アニメ・スポーツ)


★ 国内版
★ 輸入版(音楽・アニメ・スポーツ)



★ ヒットチャート関連書籍
★ カレンダー (OLD)
★ CDオープナー
★ マグカップ
★ ワン・ダイレクション・グッズ


☆ 店長ブログ
☆ 店長紹介
☆ 佐藤直人の洋楽この1曲!


CD・DVD・ブルーレイの動作保証につきまして
友達にメールですすめる
携帯で見る
当店を紹介してポイントを貯める
お気に入りに追加
ご注文確認メールが届かない場合
☆最新全米チャート解説


3/31付。今週のビルボード・シングル・チャートから。



ついに9週連続第1位。今週も第1位はドレイクの「God's Plan」です。週間ストリーミング数ランキングで歴代14位となる6850万ストリームスでストリーミング・チャートも9週連続第1位。デジタル・ソングスは1位から2位へダウン。ラジオ・ソングスは4位変わらずでした。初登場からの連続1位記録は歴代5位の週数となりました。


初登場からの連続1位週数記録:
1位 16週 One Sweet Day / Mariah Carey & Boyz II Men (1995)
2位 14週 Candle in the Wind 1997/Something About the Way You Look Tonight / Elton John (1997)
3位 11週 I'll Be Missing You / Puff Daddy & Faith Evans Feat. 112 (1997)
4位 10週 Hello / Adele (2015)
5位  9週 God's Plan / Drake (2018) 継続中


まだまだ1位は続きそうです。あと7週行くか?ラジオ・ソングスでこの先1位に上がって継続できればHOT100=16週1位も夢ではないでしょう。UKでも9週連続第1位です。UKで初登場以来に限らず9週間以上の1位を記録した曲は21曲目となりました。


第2位は先週の4位からビービー・レクサ&フロリダ・ジョージア・ラインの「Meant To Be」が上がってきました。ともに過去最高順位を更新しています。カントリー・デュオ/グループでのHOT100チャート第2位は2010年のレディ・アンテベラム「Need You Now」(最高位2位)以来です。ラジオ・ソングスで先週の3位から今週2位、デジタル・セールスで6位から4位、ストリーミングは11位から12位でした。カントリー・ソングス・チャートでは初登場以来17週連続第1位。カントリー・エアプレイ・チャートでは7位から4位にアップしています。



7位には先週の19位からエックステンタシオンの「Sad!」がジャンプアップしました。アルバム『?』が今週初登場1位でストリーミングが一気に増えました。ストリーミング・チャートでは5位から2位へアップ。今週アルバム収録曲がHOT100に7曲同時にエントリーしています。この曲はすでに合計1億回のストリーミングを記録しています。現在20歳ですが、裁判中なんです。2016年に起こした当時妊娠中の元ガールフレンドに対する暴行罪など7つの罪に問われ12月に再収監されていました。2ヶ月だけ自宅に戻る許可がでて、その間にニュー・アルバムを製作したのでしょうか。さらに不法監禁や目撃者へのいやがらせなど8つの罪が加わり、現在判決を待っている状態だとか。最長で10年の刑の可能性もあるようです。


第9位には初登場でリル・ディッキー・フィーチャリング・クリス・ブラウンの「Freaky Friday」が入りました。3/15にオフィシャル・ビデオがリリースされています。リル・ディッキーはコミカル・ラッパーでこのビデオもおもしろい作品になっています。『Freaky Friday』は1976年にバーバラ・ハリスとジョディ・フォスターが出演した映画で、2003年にディズニー映画でジェイミー・リー・カーティスとリンジー・ローハンでリメイクされました。この時は『フォーチュン・クッキー』というタイトルで中華料理店のおばさんが娘と中身が入れ替わってしまうというコメディでした。今回のビデオでは中華料理店のおじさんがいろいろな人とな中身が入れ替わるというストーリーで製作されて、クリス・ブラウンに入れ替わり、ラストでは不思議な力を使いまくって、エド・シーラン、DJキャレド、モデルのケンダル・ジェンナーと次々と入れ替わります。それがそれぞれ本人が出演しているのです。この曲はリル・ディッキーとしては、2015年10月に最高位71位を記録した「$ave Dat Money」(リル・ディッキー・フィーチャリング・フェティ・ワップ&リッチ・ホーミー・クワン)以来2曲目のHOT100ヒットとなりました。クリス・ブラウンは14曲目のTOP10ヒットで、90曲目(歴代7位)のHOT100ヒットです。



40位には61位からNERD&リアーナの「Lemon」が再浮上しました。1/27に記録した最高位に並んでいます。今週登場20週目でさらに上昇の兆しです。というのは、ドレイクが加わったリミックス・バージョンがリリースされたためなんです。こちらのポイントがオリジナルを上回れば、「フィーチャリング・ドレイク」がアーティスト名に加わってジャンプ・アップするかもしれません。


51位から47位にアップしたのがルーク・ブライアンの「Most People Are Good」です。今週カントリー・エアプレイ・チャートで19曲目となる第1位となりました。アルバム『What Makes You Country』からのセカンド・シングルでこの曲まで12曲連続で第1位を記録しています。この記録にはシーズン・ソングやプロモ・ソング、フロリダ・ジョージア・ライン・フィーチャリング・ルーク・ブライアンの「This Is How We Roll」(最高位2位)が含まれていません。これは現在継続中のアーティストとしては最長記録で次が5曲連続のダスティン・リンチです。19曲の第1位はこのチャートではガース・ブルックス、ブラッド・ペイズリーと並んで歴代9位タイです。1位は29曲の第1位を誇るティム・マックグロウです。


49位にはリン・マヌエル・ミランダ&ベン・プラットの「Found/Tonight」が初登場しました。この曲はポイントのほとんどがデジタル・セールスのポイントのようで、今週61,000ダウンロードでデジタル・セールス・チャート初登場第1位でした。このチャートで第1位で他の集計要素のポイントがないとこの位置での初登場なんですね。かつてはTOP10内での初登場もありました。2曲のマッシュアップ・ソングでミランダの『Hamilton』の「The Story Of Tonight」とベン・プラット主演の『Dear Evan Hansen』の「You Will Be Found」を組み合わせました。





/////////////////////////////



3/31付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。


今週の第1位は初登場でエックステンタシオンの『?』です。131,000EAU、実売は20,000枚です。ストリーミングが1億5900万もあってこれが106,000枚のセールスに換算されました。前作『17』は昨年9/16で最高位2位を記録。人気はあるんです。収録曲の「Hope」は地元の高校で起きた銃乱射事件の被害者に捧げる曲です。2月に起きたフロリダ州マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校です。17人の尊い命が失われました。一方で判決を待つ身でもあるという立場。でもアメリカでは1位。



アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。EAUは換算枚数をあらわしています。


今週はTOP10内初登場はあと2枚です。


第7位に初登場したのが、スコッティ・マクリーリーの『Seasons Change』です。2011年アメリカン・アイドル・シーズン10で優勝。前作『See You Tonight』は2013年11/2に最高位6位を記録しました。カントリー・アルバム・チャートでは3枚目の第1位となっています。


第9位にはロック・バンド、ディセンバリスツの『I'll Be Your Girl』が初登場しました。8枚目のスタジオ・アルバムで2011年『The King Is Dead』(最高位1位)、2013年『What A Terrible World, What A Beautiful World』(最高位7位)に続いて3枚目のTOP10入りです。スコッティ・マクリーリー、ディセンバリスツともツアーのチケットにアルバム購入権が付いていて、それが行使されたこともセールスを押し上げました。


そしてそれが顕著に現れるのがメタリカのUSカナダ・ツアーです。今回もアルバム購入権付チケットが販売されて『Hardwired...To Self-Destruct』が先週42位に再登場しました。最高位は初登場した2016年12/10付の第1位です。これが今週一気に第2位までジャンプアップしました。65000EAU、実売は63,000枚でした。チケットの発売枚数も相当なものなんですね。


先々週118位に初登場、先週99位から今週30位にアップしたのがマーシーミーの『I Can Only Imagine: The Very Best Of MercyMe』です。11枚目のTOP40入りとなりました。13曲入りのベスト盤、そして映画『I Can Only Imagine』のサウンドトラックでもあるのです。映画は2001年のヒット曲「I Can Only Imagine」の誕生に至るまでのストーリーです。グループの中心メンバーでこの曲のソングライターでもあるバート・ミラードの10歳ごろから30歳ぐらいまでを描いています。父親の家庭内暴力やプロフットボール選手をあきらめた挫折。そして音楽に生きる道を見出してバンド活動をスタート。この曲が誕生しました。でも父親は...「I Can Only Imagine」は2001年HOT100では最高位71位。アダルト・コンテンポラリーで第5位、クリスチャン・ソングス・チャートでは第1位でした。デビュー・アルバム『Almost There』に収録されています。マーシーミーは昨年まで22曲がクリスチャン・ソングス・チャートにエントリーしていて、そのうち13曲が第1位。2位3曲、3位4曲、6位2曲と出せば大ヒットとなっているスーパーグループなんです。スタジオ・アルバムは9枚リリースしてそのうち8枚がクリスチャン・アルバム・チャートで1位となっています。このアルバムも第1位です。