皇室御用達 前原光榮商店 婦人傘
皇室御用達 前原光榮商店の逸品婦人雨傘。緩やかな息吹 心癒される 可憐な花
FL1682プレミアム 寒竹オリジナル仕様 デュアルファンタジー「椿(つばき)」

TOP皇室御用達 前原光榮 商店>婦人雨傘>DualFantasy(椿)

***この傘の寒竹ハンドルには、お名前彫りができます(三文字迄)***

Dual Fantasy
T S U B A K I
   椿



\ 2 0 0 0 0
* 税込 \21,600 *



◆心斎橋みや竹オリジナルオプション

この傘の寒竹ハンドルには「お名前彫り(手彫り)」ができます。

ひと文字¥1000(税別) 文字は漢字、ひらかな、カタカナで節の関係で3文字まで入ります


緩やかな息吹 心癒される 可憐な椿


椿の たおやかで伸びやかな感性が際立つ、温かみのある絵羽
 
余白を十分に活かし 持つ人をヒロインへと昇華させる 卓抜のセンス
 

静かで控えめな佇まいの中に 崇高な美意識が垣間見える傘
 

心地よき風のそよぎと 葉のゆらぎに身を委ね
 
椿の花が織り成す彩りは いつしか天空を駈け抜けていく旋律となる


Dual Fantasy
T S U B A K I
   椿


(タッセル)

房(タッセル)は位の高い傘のステイタスシンボルとして、ひろく知られ ています。その目的のひとつはファッションアクセントとしての価値です。

ハンドルは「傘の顔」とも喩えられます。そこに房が巻かれるというのは、 CA(客室乗務員)の方がスカーフを首に巻いていることで、きりっと締まった感じが醸しだされているイメージと同じです。

いまひとつの目的は、滑り止め、つまり安定したグリップのポイントを探 しやすくする意味もあります。なにもないハンドルよりも、ひとまきタッ セルがあることでとても手とハンドルが馴染みやすくなります。

またタッセルに使う糸も 職人がひとつひとつ別染めして仕上げていますが、 面白いのは職人のその日の体調や気持ちで色に濃淡ができること。 微に入り細を穿つところまで 作り手の心が反映されている。まさに生きている工芸品なのです



皇室御用達 前原光榮商店 デュアルファンタジー
T S U B A K I


椿(つばき)
Color Variation
画像をクリックすると大きい写真のページに飛びます


▼ マザリン(洛 紺)
DF1682-B2 Mazarin

古からトップレディを魅了してきた 清楚で高貴な紺色


  ▼ ラテライト(煉 瓦)
DF1682-N3  laterite

個性的なエレガンスを目指した存在感あふれるラテライト(レンガ)


  ▼ ティリアン(雅 紫)
DF1682-P1  Tyrian

宮廷の雅を 膨大な時の流れを経て 今に伝えるトラディショナルな紫


  ▼ フルウム(羊 色)
DF1682-Y3 fulvum

アンシャント ビューティーを飾った卓越の彩り。漂う至上の品格



【Detail】

●手開き、 ●親骨/スチール黒骨55cm(婦人仕様)×16本
●閉じた全長/約85.5cm(ハンドルに依り若干相違します)
●開いた実効直径(差し渡し) 約94cm、
●重さ/約465g(ハンドルに依り若干相違します)
●素材:布地/ポリエステル100%
●手元/中国産寒竹(寒期に採取した竹の地下茎を加工)
●中棒/国産樫
●はじき/線はじき(燐銅線、手加工)
●つゆ先を纏める方法/ネーム紐形態
●タッセル付き
※この婦人傘には『外袋』はついておりません

カスタマーサポート総合フロントで受付

約465g
55
cm
85.5
cm
94cm

宮内庁御用達 前原光榮

「雨が待ち遠しくなる傘」「皇室の気品漂う逸品」

傘の老舗 心斎橋みや竹kasaya.comがプロデュースする
宮内庁御用達、前原光榮オンラインショップです。
傘のご相談、お届け、アフターフォローまで
知識あるスタッフが安心・充実のサポート体制
大切な方への心のこもった贈り物としても
是非ご用命ください

創業明治29年の傘生粋専門店「心斎橋みや竹」は
みなさまに老舗ならではのおもてなしと
最高のご満足をお約束します

心斎橋みや竹 店主敬白









皇室御用達 前原光榮商店 オンラインショップ
Produced by 心斎橋みや竹kasaya.com