帽子のお洗濯方法

お洗濯できる帽子のほとんどが水洗いでの方法となります。

(※以下の洗い方によって不具合が生じましても責任を負えかねますのでご了承ください。)

■ご家庭で簡単に出来る帽子の洗い方

 まずは表面についた汚れを取り除きます。

(洋服ブラシや粘着ローラーなど)

 洗う桶とすすぐ桶を用意します。

(準備できない方は洗う桶だけでも結構)

 洗い桶に水をはり、中性洗剤を少量入れ、洗濯液を作ります。

 製品をこすりすぎないように、優しく押し揉むように洗います。

 水で洗濯液や汚れをとるように十分すすぎます。

 軽くしぼり、短時間で脱水するよう心がけましょう。

 脱水後は、帽子の形状を整えた上で、シワや型がつかないように、風通しのよい場所で陰干ししてください。

※重さで洗濯バサミのあとがつく恐れがありますので、洗濯バサミにはさんで干す方法は出来るだけ避けてください。(軽量なものは除く)


※天然繊維の他、レーヨンなどの素材は縮みやすい性質を持っています。『元の形状で使えなくなった!』などという結果にならないように、さっと洗い、さっと水気をとり、さっと干すことを心がけましょう。

※日当たりのよい場所で乾かす場合は、日焼けの原因になりますので、十分ご注意された上で干すようにしてください。

※ハットやツバがあるキャップなど、立体的な製品は調理用のザルに被せたり、ペットボトルに被せるなど、その形状を壊さないように干すのがコツです。


→天然繊維は、天然の原料から採取された繊維のことです。

主な天然繊維

(植物繊維=木綿・麻・リンネル/動物繊維=羊毛・絹・カシミヤ)


【キャップ・キャスケット・ハットなど】

立体的なものは、タオルやスポンジなどにでつくった溶液をふくませ、汚れている箇所だけ、たたくようにして汚れを取除きましょう。

乾燥後にしわや、製品のよれ具合が気になる場合は、低温でアイロンがけをするのもよいでしょう。

その際、帽子についております製品のお取扱い表示をご覧の上、×マークのあるものは控えるようにしてください。

※霧吹きで水をかけ、水分を含ませてからアイロンをかける方が、シワ部分が綺麗になります。


帽子の保管方法はこちらを参考にしてください⇒保管方法


機能性生地
オーガニックコットン特集
当店オリジナル商品
  • 大きなサイズの帽子
  • ふんわりダブルニットワッチ
  • クロスタッチケーブル編みリブニットキャスケット
  • キッズ☆SMILYボアソフトキャスケット
  • Fluffyボンボンニット帽
  • ダブルリボンフェルト中折れハット
  • ノルディックベレー帽
  • ベロアクロスストレッチターバン
  • キッズ☆SnowCrystalフリースボンボンニット帽

価格帯別

商品種類別

帽子の豆知識

営業日カレンダー

2017年12月
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
2018年1月
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
休業日
配送のみ

お得情報を配信