結納返しを後日持参する場合の注意点と、結納品の飾り方、当日の口上と流れ。

知りたい情報はこちらから 結納辞典結納返しはいつするの? > 後日持参の場合
結納が終わったあと、日をあらためて行います。

後日持参の場合

結納に続いて行います 二人の為の式です
  結納式が終わってから日を改め、女性側が男性宅を訪問して
結納返しを行います。
後日持参には、結納返しだけをする場合と、荷送りの時一緒に済
ませてしまう場合の、2つの方法があります。

 ■関西式では正式な方法です

関西式(関東式の一部地域)では、結納を頂戴して後日、あるいは挙式の2〜3週間前に行う
荷入れ日に結納返しをするのが正式です。
結納とは逆に、女性側が結納返しを男性宅へ持参します。男性側は床の間におめでたい掛軸
を飾り、女性側を迎えます。結納返し後にはお昼の席などを用意して男性側が女性側をもて
なすことになります。

 ■結納返しの品は女性側が飾り付ける
結納返しの流れ 結納返しの品は、女性側が床の間の前に緑の毛せんを敷いて
その上に飾り付けをします。
慣れないことで手間取る事もあるかも知れませんので、準
備が整う間、男性側は席をはずしておく気配りがあるとよ
いと思います。
準備が整ったら一同が席につき、以下のシナリオを参考に
式を進めてください。席次は結納式とは逆で、もてなす男
性側が下座、女性側が上座に座ります。

  結納返しをする時期 結納返し・同時交換 -結納返しはいつするの?-
 
結納FAQ  
質問 受書はいつ渡せばいいですか?
 
答え

受書がある場合は、男性側が結納返しを受け取ったあと続けてお渡しします。

質問 シナリオの通りに読めば大丈夫ですね?
 
答え



どのシナリオが正解というわけではありませんので、ごく一般的に押さえておきたい
ポイントをふまえたものを公開しています。シナリオの通りでは味気ないと思えば、
ご自分なりのお気持ちを添えた言葉を加えてもよいですし、要はお互いがお相手に
対して礼の気持ちをもって口上を述べられれば、それが一番なのではないでしょうか。