たもぎ茸の力

たもぎ茸の力

たもぎ茸100%天然エキスです。1袋(80mL)にβグルカンが112mgの高濃度

商品ページへ

もへじ

ホノミ もへじ

辛い痔の症状だけでなく、病気を起こしやすい体質から改善するように働きます

商品ページへ

ジヨッキ

ホノミ ジョッキ

肝臓・腎臓に効く【 漢方薬 】です。
二日酔い防止にも!

商品ページへ

シノミッテルカプセル

シノミッテルカプセル

糖尿病を改善するために考え出された生薬製剤

商品ページへ

ホノビエン錠deux

ホノビエン錠deux

水溶性の鼻汁・くしゃみに
効き目も良く、喉の渇きが少ない

商品ページへ

ホノミビスキン

ホノミビスキン

蓄膿症、
粘液膿性の鼻汁・鼻づまりに

商品ページへ

ノアールPガード点眼液

ノアールPガード

抗アレルギー剤
「ペミロラストカリウム」

商品ページへ

ナシビンMスプレー

ナシビンMスプレー

急性鼻炎や
副鼻腔炎による鼻づまりに

商品ページへ

リアップX5プラスローション

リアップX5プラスローション

ミノキシジルを5%配合、男性用

商品ページへ

リアップリジェンヌ

リアップ
リジェンヌ

女性用発毛剤

商品ページへ

リアップジェット

リアップジェット

心地よい使用感のジェット噴射式

商品ページへ

リアッププラス

リアップ
プラス

頭皮環境を整える3成分をプラス

商品ページへ

ロキソプロフェン錠「クニヒロ」

ロキソプロフェン錠
「クニヒロ」

ロキソニンSと同一成分「ロキソプロフェンナトリウム水和物」です

商品ページへ

ルミフェン

ルミフェン
痛みをWでブロック

解熱鎮痛薬-胃への負担の少ない成分(アルミノプロフェン)

商品ページへ

ロキソニンSプレミアム

ロキソニンS
プレミアム

胃粘膜保護成分配合など、プレミアム処方

商品ページへ

ロキソニンS

 
ロキソニンS

有効成分「ロキソプロフェンナトリウム水和物」の解熱鎮痛薬

商品ページへ

サトウ ザ・クリーム

サトウ ザ・クリーム

乾燥小じわをケアする高保湿クリーム

商品ページへ

サトウ モイスチュアセラム

サトウ モイスチュアセラム

乾燥小じわをケアする高保湿化粧水

商品ページへ

サトウ フェイスケアエッセンスセット

サトウ フェイスケアエッセンスセット

乾燥や年齢による肌悩みに濃密なうるおいを届けます

商品ページへ

サトウ ホワイトニングエッセンス

サトウ ホワイトニングエッセンス

乾燥小じわをケアする薬用美白美容液

商品ページへ





店長/薬剤師の今北貴也です。

くすりのヨシハシでは、受注発注、編集、商品撮影など全ての作業において、薬剤師の今北貴也がチェックしています。

薬剤師:今北貴也




 
   
 

お支払い

クレジットカード・代金引換・楽天バンク決済・銀行振込・郵便振替・コンビニ決済・楽天銀行(イーバンク)振込・楽天Edy決済・現金書留の中からお選びいただけます。

詳細ページへ

送料・配送の休み

1万円(税別)未満は送料:610円
代引手数料:320円、
セブンイレブン決済手数料:240円
1万円(税別)以上は送料、決済手数料共に、0円です。但し、日本国内のみ

詳細ページへ

返品/交換

未使用・未開封の場合にのみ商品到着後7日以内までお受けいたします。万が一、不良品等があった場合、返品・交換いたします。(※「返品・交換理由」を事前にお知らせ下さい。)

詳細ページへ

 
医薬品に関する注意
医薬品は使用上の注意をよく読み、用法・用量を守って正しくお使いください。
医薬品販売許可証の内容について
店舗の画像 店舗の画像店舗の画像
氏 名 今北 貴也
店舗の名称 くすりのヨシハシ
店舗の所在地 神奈川県横浜市鶴見区北寺尾7丁目16番地22号
許可番号 医薬品販売許可番号:117010037
発行日 平成30年5月25日
有効期間 平成30年5月28日~平成36年5月27日
管理薬剤師 今北 貴也
薬事法第24条第1項の規定により、店舗販売業の許可を受けた者であることを証明する。
厚生労働省薬剤師資格確認検索システム https://link.rakuten.co.jp/0/015/017/
「今北 貴也」で検索。名字と名前は、1文字あける
管理及び運営に関する事項について(許可の内容について)
発行日 平成30年5月25日
有効期限 平成30年5月28日~平成36年5月27日
店舗の管理者 今北 貴也
当該店舗に勤務する薬剤師 今北 貴也
(薬剤師登録番号:第314029号 |登録先都道府県:神奈川県)
担当業務:店舗管理・問い合わせ対応
勤務する登録販売者 今北 文子
(登録販売者/登録番号:14-09-02522/登録先都道府県:神奈川県)
担当業務:問い合わせ対応
取り扱う一般用医薬品の区分 第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品
ただし、インターネットなどの特定販売では、第一類医薬品、第二類医薬品および第三類医薬品を取り扱います。
当該店舗に勤務する者の名札等による区別に関する説明 店舗に勤務している専門家は薬剤師及び登録販売者です。
薬剤師は白衣を着用し、薬剤師であることを示す名札をつけています。
店舗営業時間 インターネットでの注文受付時間:24時間
実店舗の営業時間:10:00-19:00
インターネット販売の医薬品販売時間(薬剤師または登録販売者が常駐している時間):10:00-19:00
定休日:毎週水曜日
(年末年始はのぞく)
相談時の連絡先 メールで相談する場合
メールアドレス:contact@0120832755.online
電話で相談する場合(受付時間:日・月・火・木・金・土 10:00~19:00)
フリーダイヤル:0120-83-2755
緊急時の連絡先 フリーダイヤル:0120-83-2755
厚生労働省薬剤師検索システム https://link.rakuten.co.jp/0/015/017/
「今北 貴也」で検索。名字と名前は、1文字あける
特定販売届出書の情報
届出年月日 平成29年6月1日
届出先 横浜市
一般医薬品の販売に関する制度に関する事項
要指導医薬品とは 販売時に薬剤師による対面での情報提供・指導が義務付けられた医薬品。
医療用医薬品から一般用医薬品に移行したばかりで安全性評価が終わっていない市販薬(スイッチOTC薬)と劇薬がこれにあたる。
第一類医薬品とは 一般用医薬品としての使用経験が少ない等、安全上特に注意を要する成分を含むもの。
(例)H2ブロッカー含有医薬品、 一部の毛髪用医薬品など
第二類医薬品とは まれに入院相当以上の健康被害が生じる可能性がある成分を含むもの。
(例)主な風邪薬、解熱鎮痛薬、解熱鎮痛剤など
第三類医薬品とは 日常生活に支障をきたす程度ではないが、身体の変調・不調が起こるおそれがある成分を含むもの。
(例)ビタミンB、C含有保健薬、整腸剤など
要指導医薬品、第一類医薬品、第二類医薬品及び第三類医薬品の表示に関する解説

表記する一般用医薬品のリスク区分ごとに、「要指導医薬品」「第一類医薬品」、「第二類医薬品」、「第三類医薬品」の文字を記載し、枠で囲みます。第二類医薬品のうち、特に注意を要する医薬品については、「二」の文字を枠で囲みます。医薬品の直接の容器又は直接の被包に記載します。
また、直接の容器又は直接の被包の記載が外から見えない場合は、外部の容器又は外部の被包にも併せて記載します。

第一類医薬品には・・・「【第1類医薬品】」
指定第二類医薬品には・・・「【第(2)類医薬品】」
第二類医薬品には・・・「【第2類医薬品】」
第三類医薬品には・・・「【第3類医薬品】」

要指導医薬品、第一類医薬品、第二類医薬品及び第三類医薬品の情報の提供に関する解説

要指導医薬品、第一類医薬品、第二類医薬品及び第三類医薬品にあっては、各々情報提供の義務・努力義務があり、対応する専門家が下記の表のように決まっています。

医薬品のリスク分類 質問がなくても行う情報提供 相談があった場合の応答 対応する専門家
要指導医薬品 義務(対面) 義務 薬剤師
第一類医薬品 義務 義務 薬剤師
第二類医薬品 努力義務 義務 薬剤師又は登録販売者
第三類医薬品 不要 義務 薬剤師又は登録販売者
指定第二類医薬品に関する陳列等に関する解説 指定第二類医薬品を、新構造設備規則に規定する情報提供を行うための設備から7メートル以内の範囲に陳列いたします。 なお、サイト上では第1類医薬品に続いて指定第二類医薬品は各医薬品のカテゴリーの先頭に表示され、他リスク区分の医薬品と混在しないように表示します。(医薬品カテゴリー別のページで最初に表示されたページにおいて)
一般用医薬品の陳列に関する解説 第一類医薬品を、第一類医薬品陳列区画(新構造設備規則に規定する第一類医薬品陳列区画をいう)に陳列します。
また、第二類医薬品、第三類医薬品については、それらが混在しないように陳列します。
医薬品による健康被害の救済に関する制度に関する解説

【健康被害救済制度】
独立行政法人医薬品医療機器総合機構は医薬品、生物由来製品による健康被害の救済に取組んでいます。

【救済制度相談窓口】
電話: 0120-149-931(フリーダイヤル 相談受付 9:00-17:30)
電子メール: kyufu@pmda.go.jp

【医薬品副作用被害救済制度】
くすりの副作用による健康被害には、医薬品副作用救済制度が適用されます。
これは、医薬品(病院・診療所で投薬されたものの他、薬局で購入したものも含みます。)を適正に使用したにもかかわらず副作用により、入院治療が必要な程度の疾病や障害等の健康被害を受けた方の救済を図るため、医療費、医療手当、障害年金などの給付を行う制度です。

医薬品は、人の健康の保持増進に欠かせないものですが、有効性と安全性のバランスの上に成り立っているという特殊性から、使用に当たって万全の注意を払ってもなお副作用の発生を防止できない場合があります。このため、医薬品(病院・診療所で投薬されたものの他、薬局で購入したものも含みます。)を適正に使用したにもかかわらず副作用による一定の健康被害が生じた場合に、医療費等の給付を行い、これにより被害者の救済を図ろうというのが、この医薬品副作用被害救済制度です。この医療費等の給付に必要な費用は、許可医薬品製造販売業者から納付される拠出金が原資となっています。

医薬品の安全販売のための業務手順書
医薬品の販売における安全対策として以下の通り業務を遂行します。
1.商品の選定・陳列 ・自主ルールに基づいて、販売する医薬品の種類を限定します。
・医薬品と他の商品とを明確に区別して表示します。
2.情報提供 ・販売に関する許可を有することを、トップページ及び会社概要ページに記載しています。
・各商品ページの情報は、医薬品の外包・使用上の注意に記載される情報をもとに作成しています。
・使用方法などのご相談は、薬店の薬剤師がお答えします。以下の連絡手段をご利用いただけます。
【ご連絡先】
メールで相談する場合
メールアドレス:contact@0120832755.online
電話で相談する場合(受付時間:日・月・火・木・金・土 10:00~19:00)
フリーダイヤル:0120-83-2755
3.申込み ・商品により、1回に注文できる販売個数制限を設けております。
4.申込み承諾 ・申込みの内容に不明な点がある場合、購入目的等を確認させていただくため、薬剤師からご連絡をさせていただく場合があります。
・薬剤師により、販売が適切でないと判断される場合は、ご注文をキャンセルさせていただく場合があります。
5.引渡し ・不審な購入申込みによる出荷がないか、商品発送業務の管理を徹底しております。
6.販売後の対応 ・薬剤師がご相談に対応します。
・必要に応じ、お客様に必要な情報をメール等で提供します。