【尚武】=武芸を尊ぶ事で当時のサムライは、菖蒲の花とこの【尚武】【勝負】と言う言葉をかけ

【端午の節句には】菖蒲を飾っていました。


又甲冑の革所には、菖蒲革と言って菖蒲の柄の革を張る甲冑も多く見られます。

元来、虫よけとして用いられた【菖蒲】は、魔よけ、厄除けの意味を 持つようになってきます。

現代でも、その風習が菖蒲湯などとして残っています。

サムライの時代は旧暦で おおよそ現在の6月初旬が 丁度 菖蒲の  の旬の季節

現在の端午の節句(5月5日)は未だ 花菖蒲 は中々 手に入りません。

(花無しの菖蒲は世間に出まわりますね)

端午の節句には 思い出に残るお祝いとして 是非、つつじ等  甲冑へ旬の花を添えてお飾り

お祝い下さい。



加藤清正も思わずのぞくメルマガ【甲冑魂】よ り抜粋

■鎧兜

菖蒲蔓の変わりに菖蒲で兜を作たのが起源とされ、後に 武者人形や本物の甲冑を飾るようになった。
又泰平の世(江戸期)には、正月と5月5日には甲冑を出し 手入れを行ない、
普段の備えを忘れないと言う意味合いも持っていた。

同時に【破魔】【守り】【固め】の意味を持つ。


■のぼり

武家が節句に各々の、のぼり旗(合戦で使用する旗)を 上げたのが起源とされるようで、
後に武家の、のぼりを上げられない町人の間で、鯉のぼりが立てられる ようになった。



■ちまき
    
中国の人物の供養が伝わったもの。


■柏餅

柏の花は中々おちない事からやはり縁起ものと して食べられた。




■端午の節句元来は女性が楽しんだ節句】だったと 言う話し

言霊(コトダマ)を重んじた先人達は、文字一つ一つに その意味を持たせ 【サ】 と言う言葉には
『早乙女』『早苗』『五月(サツキ)』と言った様に、穀霊に結 び付く意味合いを持たせたそうです。

旧暦の端午の節句の時期に行なって いた、田植えは、汚 れ無き、早乙女達が、行ったとされ、
四国などでは5月5日は『女の天下』と今でも伝わっているらしい ですし、
又それは、近松門左衛門の書に残る


『五月五日の一夜を女の家と言うぞかし』

でもわかります。

元来、五月五日は女性を尊ぶ日(と もに豊穣を祈る)と され、祝われたと言うお話でした。