2011年 第86回謙信公祭



 例年以上に参加者の皆さん 来場の皆さんが を感じられる 祭にして行きましょう、
 一人でも多くの 皆様に参加して頂き、見て頂きたいと願っております。

開催日

平成23年8月20日(土曜日)・21日(日曜日)

※出陣行列及び川中島合戦の再現は、8月21日(日曜日)に実施。

会場

春日山城跡、春日山城史跡広場ほか

ゲスト

昨年度に続き、GACKT(ガクト)さんがゲストで出演。
8月21日(日曜日)に行われる謙信公祭のメインイベント、
出陣行列と川中島合戦の再現において、謙信公役として上杉軍を率います。

*詳細は


=======================================================================================




2009年 第84回 謙信公祭 映像提供  上越市















上越に来れば貴方も きっと武士になれる。





=======================================================================================


2008年 第83回謙信公祭


上杉軍 本陣

上杉軍 何故か武田以上の鶴翼の陣(笑)


総懸戦

素敵な映像を 提供下さった ブログ 『にょにょ&まーちの日常日誌』 様 & イメージ通りにし てくれた照明さん、
ありがとうご ざいました。


 =======================================================================================



 

1000人の侍達へ
第83回謙信公祭

  83回謙信公祭を終えて(2008 8・29更新)

  謙信公祭に携わられた 全ての皆様 本当にお疲れ様でした そして ありがとうございました。

  皆様のご協力のおかげで、 第83回謙信公祭 無事終了する事が出来ました。

  
旗をなびかせる風 気温 天気 謙信公祭終了後 計ったかのように振り出した  ///雨///

  運は天にあり........運は一定にあらず 時の次第と思 うは間違いなり
 (謙信公遺訓)

  天までも 味方にした 最高の武者行列 合戦供養祭となりました。
 



   昨年を越える 多くの方々が訪れる中、大きな怪我や 事故 パニック等なかった事は

  謙信公をはじめ、参加された 全ての皆さんが  武士となった  の一言に尽きると思ってます。

  又 川中島合戦絵巻は 

  『大河ドラマ 風林火 山 を見ている様だった』 


  『大河ドラマ 風林火山 を超える迫力だった』


  といった
多くの声も聞いております。

  2時間の 合戦絵巻に 2時間の前日リハ(当日 自由参加リハ約1.5時間)

  と言うわずかな時間で
 至らない点ばかりだった と思いますが、 

  無理を承知で これ程の 合戦絵巻 合戦供養祭に協力し 再現して下さる、

  皆さんの心意気に  感謝の気持ちで一杯です。

  
★リハ 本番での数々のご無礼 この場にてお詫 び致します。申し訳ございませんでした。




   謙信公のGacktさんとは 直接 5時間近い 打合せと 2時間の前日リハをさせて頂きましたが、

  
アーティストとして 人に魅せると言う事を考え た  物作りへのこだわり など 

  甲冑製作の人間としても、共感でき大変 勉強になりました。

  何より これからの 
謙信公祭の事まで考えた視 野

  そして 時代劇のような 真剣なリハ 名も無い私に対しても、細かい 台本の 変更に関して 

  しっかり 
相談 確認してくれる 筋の通った対 応には、 

  流石 天晴れ 義の戦 国武将
 上杉謙信公 敬服致しました。




  皆で 作り上げる 武者行列 川中島の合戦  【義】の 魂 を語り継ぎ、実践していく 

  この 謙信公祭 キット 春日山 林泉寺の謙信公の御霊  上杉 武田に関わらず 

  川中島慰霊塔の多くの武士達の 御霊も喜んでくれているはずです。

  見に来られた多くの方々 参加者の皆さんが 



  この謙信公祭で 感じ た何かを 今(現代)に 生かして下されば 幸いです。



  
最後となりますが



  謙信公(
Gacktさん)  皆様と  又 春日山の地でお会いできれば 最高で す。



  
そして  皆さん 折角 買った 地下足袋を 春日山小学校へ忘れないようにして下さい。(笑)

  
メルマガで もう少し詳しく書く 予定です。               現代に甦る甲冑工房 丸武産業 株式会社 平林 正勝

謙信公祭終了後 Gacktさんより頂いた 南蛮胴具足へのサ イン。 





上越謙信公祭の脚本 演出 を&パシリも勤める店(工場)長が教える!!


謙信公祭 武者行列 川中島合戦参加 武者の心得 2008



◆一つ 出陣行列 川中島合戦に参加 するからには、武士に成りきるべし!!

武者髭 は提供出来なくなりました。(力不足で面目なし。。。。。)

◆一つ 武士に成りきるからには、お 祭りの成功に向け、己の身を案じ、

    相手(周り)の身を案じるべ し!!(無理をするべからず!!)

上越市さんに給水地点を数箇所設けて頂いておりますが、8月の猛暑に甲冑を8時間程度着用し、数 Kmを行軍し、川中島合戦 

八幡原の戦いを再現する、 『日本一過酷な合戦祭』の異名も持つ武者行列 合戦供養祭です、その覚悟を持ち、

巾着にペットボトルを用意するなり、小銭を用意するなり、又冷えピタなどを兜の中や、首筋などの見 えない部分に張り
(汗で剥れ易いので各自工夫するべし!!)暑さ対策は、各々が工夫をし、万全を期すべし!! 

又トイレなども我慢すべからず!!(特に女性は気軽に丸武産業スタッフや市のスタッフに申し出て下 さい。)

男子たるもの女子を、よくよく労わるべし!! 更に将たるモノは、殊更ながら、自隊の隊員を労わる べし!!

上杉謙信公(役) 武田信玄公(役)は言うに及ばず!!

2007年 謙信公祭終了後 に下記の通り書きましたが

10・4 緊急追加!! 謙信公祭 最大の 反省点

上越市から配られ る 握り飯 残さず食え!!

*握り飯2個 配 布前提で 昼飯を購入 すべし!!



2008は女性でも栄養水分をとりやすいように考慮し 

ゼリーが配布され

握り飯出ないらしいので 事前に昼飯をちゃんと取って

出来れば休憩所(春日山公園)などで、握り飯を何時でも食べれる
ように自分で 準備 携帯 しておいてください。

このお祭りに出ると 腹が減っては戦は出来ぬ と言 う

事を身を持って感じます、武士たるは自分の食事も備えるべし

2008年は1000人規模の武者行列になりますので、
終了時間も21時30分を超える事が予想されます。

◆一つ お祭りは皆で作る もの、各々が成功に向け出来る事を考え実行すべし!!

    謙信公祭実行委員会 上 越市 丸武産業、その他の皆々様 限りある人数で、出来る限りの事をやっておりますが、
至らない点多々出てくると思います、どうぞ、皆様の御協力よろしくお願い致します。

◆一つ 謙信公祭参加者は 川中島合戦の概要は理解しておくべし、

     又古の武人達の 事も理解しておくべし!!


「人は城 人は石垣 人は堀 情けは味方 仇は敵なり」


言葉を残した信玄公や多くの古の武人達に思いを馳せ、


「我 公と争う所は弓矢に ありて、米塩にあらず」


と信玄公に塩を送り、戦国の世でさえ


第一義

 
を貫き通した、春日山に眠る謙信公に恥じない
お祭りを、皆で作って行きましょう!!


 
 
↑は謙信公が幼少を過ごした 林泉寺  山門 の 龍 と 第一義 メルマガのバナーが気に入ったんで載せてみました。

 

え〜い え〜い おおぉ〜!!




◆ 謙信公祭情報

★ リハに関しても今年は、更に 皆様に負担の無いように考えるつもりです。
(決定次第 この場でも告知予定)


謙信公祭に関するお問い合わせは

 謙信公祭実行委員会事務局(上越市観光振興課内)

TEL:025-526-6901 FAX:025-526-6904

へお願いします。



◆そもそも、上越 謙信公祭っ てどんな お祭りなの?(7/31 追加)

上越謙信公祭

上杉謙信公が、その生涯を遂げた、春日 山城(現春日山神社)下で行われる

出陣行列 川中島合戦供養祭 

2008年も 昨年に続き 謙信公に Gacktが出陣!!
(Gackt出陣の工程は全てでは、ございませんので、詳細は事務局へお尋ね下さい。)

上杉軍 武田軍 1000人規模の甲冑 武者行列の 上杉軍の一部は

春日山城(神社)にて謙信公の命を請 け、春日山史跡広場までの約5kmを軍行し、

その後 日本史上 最大の激戦とされ た、

第四回 川中島合戦 八幡原の戦いを再 現し、

古の先人達の魂を供養すると共に、

【第一義】を貫いた戦国武将 上 杉謙信公の魂を伝え残す。

8月の炎天下の中、行列 合戦と約 8 時間もの長時間に及び甲冑を着用し、

又前日リハから県内 県外を問わず

川中島合戦 八幡原の戦いの再現に向け 協力するその【祭】は

【日本一暑く 日本一熱い 合戦 祭】とも、言われている。



天文22年(1553年)
〜永禄7年(1564年)に渡り合計5回、川中島で行われた武田信玄と上杉謙信の合戦。
 
 

日本史上に残る激戦と言われ、上杉謙信と武田信玄の一騎討ち の伝説の残る、第四次 川中島合戦。上杉謙信の北条氏攻めの隙を見た、武田信玄は海津城を補強し、信濃進行を進めた、これに対し、上杉謙信は信濃を奪われ た諸将からの要請を受け関東管領として信濃奪回に向け、妻女山に陣取り、その後、武田信玄も海津城へ入城。両軍10日余りお互い微動だにせず、対峙を続け た。

先に、動いたのは、動かざる事山の如しの旗を揚げる、武田軍 であった。軍師、山本勘助の進言した【啄木鳥戦法】は武田軍、高坂・馬場を主力とした兵(約1万2千)が、上杉軍(約1万3千)後方を突き、八幡原に追い 出した所を、武田本隊(8千)が迎え撃つと言う作戦である。

武田軍から上がる水煙により武田の動きを読んだ、上杉謙信は 千曲川を渡り、本隊を八幡原に移動させた、【鞭静粛々夜川渡】と歌い残される1節である、霧も上杉軍に味方し、完全に裏をかかれた武田軍は武田信繁、山本 勘助、諸角虎定ら多くの武将を失い、形勢は上杉軍が圧倒的に優勢であったが 妻女山に向かった高坂・馬場の別働隊が八幡原に駆けつけると、形成は逆転し、武田軍の反撃が開始され、上杉軍は後方部隊のいる善光寺に引き返し、 武田軍は八幡原にて、上杉軍は善光寺にて共に勝鬨を上げたと伝わる。

この八幡原の戦いでの上杉の戦死者3千4百あまり、武田は4 千6百あまり負傷者は両軍
1万3千あまりと言う戦国史上まれに見る激戦は

後に

初度の槍は謙信の勝ち、後の軍は信玄の勝ちと称されてい る。
 
映像 上越謙信公祭より

 2007謙信公祭メモリアルコレクション