花の家・和食器の愉しみ

 伊羅保割山椒



 花の家へのお誘い


 

夢の花の家の器たち


 C.W.ニコルと云う名前を御存知の方は多いと思います。彼は冒険家で文筆家、この美しい地球を次代にと熱く思っている方です。長野県黒姫山の麓に彼が命がけで守っているアファンの森があります。

 その森に訪れる人たちのためのすこやかな宿を作ろうと、彼が私の弟 中原英治に託して下さったのはもう十数年も前のことでした。さまざまな準備をし、解体した古い民家も見つけ、これから建築が始まろうとする直前、弟 中原英治 は病を得、帰らぬ人となってしまひました。

 親友を思っていて下さったニコルさんの哀しみは一通りではなく「共に老いを過す夢がなくなってしまった」と云われ10キロもお痩せになってしまわれたほどでした。

 弟は「竜の子」と云うペンションを二十余年しておりましたが、ニコルさんと御一緒に理想の宿をつくるのが最終目標、夢でしたので、長い年月をかけてようびでさまざまなものを見つけては買っておりました。
それが今、ここにお見せしているものたちなのです。

 弟の夢だった宿の名は「花の家」 春は片栗の花、すみれ、二輪草を始め、こぶしが咲き紅しだれが美しい姿でゆれる、夏草の匂ひ、秋草の風情、折々の弟の好きな花に埋もれるようにその宿は建つはずでした。それなのにそれなのにと想ひはつきないのですが、このものたちを粗末にするわけにゆかず、大切にしていただける方にご使用いただくのが一番なのだと思うに至りました。

夢の「花の家」の器たちです。

店主 真木啓子

 


「エイジへの頌徳のことば」(C.W.ニコル)
を是非ご一読下さいませ。→
夢の「花の家」の器たち

 

 

すでにご案内済み、売り切れのうつわもございます。
あらかじめご了承願います。







漆器・蓋付中椀
伊羅保割山椒
漆器・蓋付中椀






第二章 - 秋深き日の一献

 秋が深くなると黒姫では夕刻霧が下りて来て、おそばの畠は真っ白い世界にとざされます。美しさにしばし茫然としていると、いつの間にか冷気が沁みてくる、そんな季節です。
 弟 中原英治は大阪で生まれ育った人ですので、そんな情景は、ことの外鮮烈に感じたのでしょう。毎年「おそばの花が咲いてるよ」と知らせて来てくれました。
きっとそんな季節に使うつもりだったと思われるものがこの一組です。山椒の実のはじけた形の割山椒。これは伊羅保で造ってあり、より強く秋を感じさせるものです。
 丸盆も潤色を選んでありました。こうして並べてみると、男性的でしかも少し愛らしさのあるものを好んでいたのだと解ります。

 洗朱無地の椀も大好きでした。雑きのこのお汁など入れようと思ったのかなと想像が広がってゆきます。お酒は、断然ぬる燗です。

店主 真木啓子








伊羅保割山椒
伊羅保割山椒 山椒の実のはじけた形の割山椒。お造りを盛りつけて・・・。
長森慶
6,300円
  伊羅保割山椒

鉄絵徳利
鉄絵徳利 シンプルな鉄絵の線で描かれた羽衣手の徳利です。お買い上げありがとうございました。
小林東五
126,000円
 
鉄絵徳利

錫器・錫箸置(7cm)
錫器・錫箸置 フォークレストを一回り小さくした箸置です。

ゆり工房
2,646円
  錫器・錫箸置

にちにち箸
にちにち箸 利休箸から生まれたお箸。使い捨てだった利休箸が、たっぷり2年は保ちます。お客様のお箸にもお勧めです。
奥田志郎
1,050円
  にちにち箸
 
漆器・蓋付中椀
漆器・蓋付中椀 柿色のお椀は、柿が実る秋にふさわしいお椀です。山のきのこをとじ込めて。
奥田志郎
52,500円
  漆器・蓋付中椀

金襴手見込字入盃寿福
猪口 伝統の雰囲気までも写し取れるのは、まさに正木春蔵さんです。参考商品
正木春蔵
 
  盃

潤丸盆(尺2)
潤丸盆 優しい黒の「潤み色」。普段使いのお盆としてお勧めです!

奥田志郎
42,000円
  潤丸盆






秋草紋向付・林邦佳


第一章 - 粋な酒宴の始まる予感。

 この(上記の写真)黒の4.3寸の椀と黒布盆は、花の家の夕食のスターターとして早くから弟 中原英治が好んで取り置いたもので、彼が一番自分らしいやり方だと考えていたものです。
 まだ煮上りたての「ムラシ」をしていない御飯(茶懐石の一文字御飯です)を少し盛り、新鮮な肴を少し食べる。しっかりと季節を盛り込んで、粋な酒宴の始まる予感。
 こんなことあんなことと、C.W.ニコルさんとまるで少年のように、この「ザ・お宿」の夢を語っていたのを聞いていました。
 シンプルにインテリゼンスと夢をもって窮極の宿と云うものを考え実現しようとしていたのです。
 潰えてしまった夢は儚いが故にこの上なく美しいものとして私の心の中にあります。
 人をよろこばせることが何より好きな人でした。共にそんなことをよろこんでくださるお客様をまるで自宅に招かれたようにもてなしたい。いつも大勢のお客様だった家で育ち、母が懸命に皆によろこんで貰えるもてなしをしていた姿を見ていたせいかもしれません。
 宿として必要なものをしっかり見極め、そして不要なことは切りすてて、さあ気持のよいもてなしの始まり始まり・・・そんなお膳なのです。

店主 真木啓子





漆器・4.3寸椀 秋草紋向付・林邦佳
マレンヌ・バカラ







漆器・4.3寸椀
漆器・4.3寸椀 炊きたての白い御飯が似合います。
奥田志郎
15,750円
  漆器・4.3寸椀

秋草紋向付
秋草紋向付・林邦佳 とびきり新鮮な季節のお造りを・・・。お買い上げありがとうございました。
林邦佳
131,250円(五客一組)
  秋草紋向付・林邦佳

鉄絵徳利
鉄絵徳利 シンプルな鉄絵の線で描かれた羽衣手の徳利です。お買い上げありがとうございました。
小林東五
126,000円
 
鉄絵徳利

にちにち箸
にちにち箸 利休箸から生まれたお箸。使い捨てだった利休箸が、たっぷり2年は保ちます。お客様のお箸にもお勧めです。
奥田志郎
1,050円
  にちにち箸
 
黒布盆(大)
黒布盆 毎日使っていただくと、布目が出てきて、面白味が出てきます。軽く使いやすいお盆です。
奥田志郎
36,750円
  黒布盆

マレンヌ
マレンヌ・バカラ フランス最優秀職人(M.O.F.)のみに受け継がれる技術が光ります。お買い上げありがとうございました。
バカラ
126,000円
  マレンヌ・バカラ

クリスタル箸置
クリスタル箸置 複雑なカットで光が絡み合います。お買い上げありがとうございました。
各務クリスタル
7,350円
  クリスタル箸置

 

花の家








 漆器・朱大鉢





第七章 - 空想の宴  花の家の七夕

 実現しなかった花の家の主、弟 中原英治は、入院中の病室で七夕飾りをつくり病院中の話題になりました。
 散歩の途中で切って来た笹に願いや心にかかる人々の名前を書いて吊し、美しく静かな雰囲気を醸していました。よほどめづらしい事だったらしく、他の階の看護士さんたちも次々と見に来られてたのしまれたのでした。
 こうしてまでその季節をたのしもうとする人でしたので、黒姫は特に星が美しく見えるところ、どんな星まつりのお料理を考えるのかしらと思いつつしつらえてみました。茄子の茶筅煮とおそうめんを盛ってみましたが、私が考えるよりもっともっとお客様をよろこばせることの達人でしたので、私の発想など「こんなもの」と笑っているかもしれません。

 

店主 真木啓子







漆器・朱大鉢
パート・ド・ヴェール変型大鉢
灰釉輪花向付
アルクールプレート 漆器・4.3寸椀 アルクールプレート







漆器・朱大鉢
漆器・朱大鉢 生木鉢よりひとまわり大きな鉢。人の集まる日、そうめん鉢に早変わり!
奥田志郎
84,000円
  漆器・朱大鉢

漆器・4.3寸椀
漆器・4.3寸椀 お素麺もとてもよく似合います。
奥田志郎
15,750円
  漆器・4.3寸椀

織部箸置(一文字)
織部箸置(一文字) 拍子木のような箸置きです。濃淡二種類あります。
長森慶
1,260円
  織部箸置(一文字)
 
パート・ド・ヴェール変型大鉢
パート・ド・ヴェール変型大鉢 形が大胆んで愉しい大鉢です。茄子の茶筅煮がたっぷり盛りつけられます。お買い上げありがとうございました。
大泉恵
157,500円
  パート・ド・ヴェール変型大鉢

アルクールプレート・アルクールサラダプレート
アルクールプレート 愛らしい形のお皿です。夏の取り皿にどうぞ!(すでに作られなくなった貴重なプレートです。)お買い上げありがとうございました。
バカラ
60,900円
  アルクールプレート

灰釉輪花向付
灰釉輪花向付 こちらも貴重となった小林東五さんの向付けです。今回は、贅沢ですが、生姜入れに使っています。お買い上げありがとうございました。
小林東五
105,000円(五客一組)
  灰釉輪花向付






 黒姫 竜の子



第六章 - 花の家の春 夢の食卓

 黒姫の春は遅く、今年など5月の連休の終わる頃に山桜、梅、しだれ桜、こぶし、木蓮などが一斉に咲き、カラマツの芽吹きのうすみどりの霞の中に薄紅色や白のマッスがぽおっと浮かんで夢の様な景色を現出してくれていました。
 花の家が建つことになっていたC.Wニコル氏のアファンの森の一角には立派なゲストハウスが竣工して、これから起こることがどんなすてきなことかワクワクさせてくれます。花の家のために弟と二人で植えた紅枝垂が一本さびしそうに枝を揺らしていました。伐られる寸前にニックと弟が救って移植したコブシの木は大きくなってたくさんの花を咲かせ、ゲストハウスの門番を務めているようでした。
 森の中は水音があちこちにして、鳥たちの喜びに満ちた声が響いていました。いちりん草、にりん草や水芭蕉が咲き、さまざまな山菜も顔を出しています。
 こんな頃、弟はいつも山菜のお寿司を作ったものでした。すし飯の中はしいたけと焼きあなご、のり位で錦糸卵の上にこごみやわらび、木の芽などを散らします。たらの芽、山うど、こしあぶら等は天ぷらにすることになるでしょうし、クレソンや芹なども食材になり、弟なら花の家でどのような出し方をしたのだろうと食材を前にして思いめぐらします。大好きだった捏ね鉢(ていねいに削りたっぷりと漆をかけた)に盛ってお好きなだけ召し上がれとおすすめしたことでしょう。
 御自分は天ぷらを揚げながら___。

 

店主 真木啓子







黒二つ椀・奥田志郎
拭漆捏ね鉢・栃・奥田志郎
杓文字・宮島型







拭漆捏ね鉢・栃
拭漆捏ね鉢・栃 ずっしりと重い栃をくりぬいて作った贅沢な捏ね鉢です。お買い上げありがとうございました。
奥田志郎
131,250円
  拭漆捏ね鉢・栃

亀甲編み一尺二寸皿
亀甲編み一尺二寸皿 水に強く、軽く、丈夫な竹の大皿なら、具材がたっぷり盛り付けられます。

久保一幸
16,590円
  亀甲編み一尺二寸皿

染付吹墨楕円小向
染付吹墨楕円小向 深さのある楕円の小鉢は、大根卸をたっぷり入れて・・・。
阪東晃司
1,995円
  染付吹墨楕円小向

杓文字・宮島型・黒
杓文字・宮島型 宮島型の杓文字に、美しい漆を施していただきました。黒は新登場です。
奥田志郎
4,200円
  杓文字・宮島型
 
漆器・黒二つ椀
黒二つ椀 桃山時代の合鹿椀に倣った二つ椀です。大きい方をちらし寿司、小さい方には山菜の胡麻和えです。
奥田志郎
52,500円
  黒二つ椀

唐辛子箸置
唐辛子箸置 愛らしい赤唐辛子の箸置きです。
吉住章
630円
  唐辛子箸置

黒布盆(大)
黒布盆 毎日使っていただくと、布目が出てきて、面白味が出てきます。
奥田志郎
36,750円
  黒布盆






南蛮向付・川淵直樹
お椀
乾山写3.5寸桐文土器皿






第五章 - 花の家の如月

 如月は大阪では早何やら春を感じさせる陽光ですが、信州ではまだまだ雪の中、お客様も静かでおちついた雰囲気がかもされたことでしょう。
 外は雪。燃える囲炉裏。でも関西育ちの中原英治の心の中には梅の香が匂っていることでしょう。
 こうして想像の世界でしかたのしめない夢の花の家。悲しみはつのりますけれど、それだけいつまでもこうであったらという儚いけれど美しい夢は広がっていきます。そうすることで彼が実現させることの出来なかった夢を少しでも叶えて上げられるそんな気がします。
 そんな男っぽいけれどはんなりとした組み合わせ、土物を基調に長手の脇取盆、鴬宿梅の椀、乾山写し桐紋の土器皿、黒釉の盃。川淵さんのこの土味はきっと大好きと云ってくれるでしょう。そして鯛のうすづくりなど盛るかもしれません。

 

店主 真木啓子








南蛮向付
南蛮向付 軽く固く焼締まった腰高の小鉢です。お買い上げありがとうございました。
川淵直樹
7,350円
  南蛮向付

乾山写3.5寸桐文土器皿
乾山写3.5寸桐文土器皿 桐文が描かれた素朴な土器皿です。
伏原博之
6,615円
  乾山写3.5寸桐文土器皿

 
漆器・鶯宿梅蒔絵糸目椀
漆器・鶯宿梅蒔絵糸目椀 蓋を開けた瞬間、顔が思わずほころびます・・・。
尚古堂(本体)
635,250円(五客一組)
  漆器・鶯宿梅蒔絵糸目椀

酒盃
酒盃・山城建司 洗練されていて、そして表情豊かな山城建司さんの酒盃たち。お買い上げありがとうございました。
山城建司
18,742円
  酒盃・山城建司

漆器・尺4×8.5寸角切脇取盆
漆器・潤尺4×8.5寸角切脇取盆 ハレの日のお膳に。

奥田志郎
52,500円
  漆器・潤尺4×8.5寸角切脇取盆







 漆器・三つ椀(大)





第四章 - 空想の「花の家」のお正月

 十五年ほど前から、お正月二日はC.W.ニコルさんをお招きして茶会をする習わしでした。弟が病を得るまで、ニコルさんがお正月黒姫の自宅にいらっしゃる限り続きました。弟と私の山荘がニコルさんのお住居の隣にあり、彼は袴をつけて来て下さいます。ちょっと緊張した茶席、雪が静けさをより深くし、松風の音もしきり、よい茶会でした。
  つづいて午餐はワインをたのしみます。外は雪、まっ白、サロンの暖炉に火は燃え、緊張感の解けた心地良さを今もこの膚が覚えています。弟は満足げに大好きなケアホルムの椅子に座ってさかんにワインをかたむけていました。
  「花の家」が出来たらどんなお正月をしたのでしょうか。
  この三つ椀に盛るとすれば、大椀には雑煮、中椀にはごまめ、くろまめ、かずのこ、向には唐墨、水々しい大根一切。少し緊張して屠蘇一献。そして後は、大徳利のゆったりしたぬる燗。冷たい鯨の刺身、かな。

 

店主 真木啓子

 








漆器・三つ椀(大)
漆器・三つ椀(大) 大きめの三つ椀です。上の写真は、唐墨の変わりに紅白のなますです。
奥田志郎
78,750円
  漆器・三つ椀(大)

赤絵呉須花鳥文台鉢
赤絵呉須花鳥文台鉢・中村東洸(先代) とっても貴重となった先代の台鉢です。愛らしい兎や鳥が・・・。
中村東洸(先代)
262,500円
  赤絵呉須花鳥文台鉢・中村東洸(先代)
 
祝箸
祝箸 シンプルな箸袋を作ってみました。お正月の祝いの膳のお箸です。
荒木蓬莱堂
630円
  祝箸

朱合尺2×尺1.5寸角切折敷
尺2×尺1.5寸角切折敷 ハレの日のお盆です。本歌は室町時代の「朱漆角切盤」ですが、使いやすいように形を長方形としました。
奥田志郎
50,000円
  尺2×尺1.5寸角切折敷










織部輪花平向付





第三章 - いろりに火が入る頃

 写真(上)の角皿は、弟 中原英治が好きで長く使っていたもの(非売品)です。
骨付きのうづらの山椒焼をたっぷり盛ってあったのを思い出しますが、私には考え及ばない器の使い方をする人でしたので、花の家でならどの様に使うか想像するのは無意味かもしれません。でもでも、向付なら細造りかよこわのコロコロ切、マグロのヅケなどと、ついつい考えてしまいます。
 外は雪、もういろりに火が入って炭が明るく燃えていることでしょう。たっぷりと暖かいお汁も用意されていることでしょう。

 

店主 真木啓子





藤井敬之さんの鳴海織部は 
こちらをご覧下さいませ。→
京焼







織部輪花平向付
織部輪花平向付 つるんとしたガラス質のうつわは、明るい緑の織部です。お買い上げありがとうございました。
中村明久
3,570円
  織部輪花平向付
 
鳴海織部角鉢
鳴海織部角鉢 偶然桃山期に使われていたものとほぼ同一の素性のモグサ土がみつかり、作られたうつわの一つです。お買い上げありがとうございました。
藤井敬之
参考商品
  鳴海織部角鉢












和食器の愉しみ・工芸店ようび > 花の家