和食器の愉しみ・舛田楞

白の足跡|和食器の愉しみ・工芸店ようび
舛田楞 - 白のうつわ

平成13年の夏に50歳の若さで急逝した舛田楞さん。最高級の白磁の土である天草陶石の美しさにこだわり、天然の釉薬にこだわり、造り出すフォルムは「白」を生かしたシンプルそのもの。
今でこそ、「白のうつわ」は人気がありますが、舛田楞さんが「工芸店ようび」に始めて来られた時分は、まだまだ「白のうつわ」は世間からは認知されていませんでした。
一目でその才能に惚れ込んだ店主。その日から舛田楞さんとの合作とも言えるうつわたちが次々と生まれていきました。そして、舛田楞さんの一つの世界ができあがったその矢先の訃報でした。

とても貴重なものとなってしまった舛田楞さんの白磁は、ネットでもお求めいただきましたが、残念ながら現在在庫はありません。

亡くなられてまもなく、店主と舛田楞さんの二人三脚のうつわ作りを門上武司さんが取り上げて下さいました。一読いただければ幸いです。
「あまから手帖 2002年1月号 「たぶん、日本一の店」より「白の足跡・門上武司」

 
   

写真の「ビスク蓋付碗」は、天然のいす灰の釉薬が、白のうつわに深い透明感を与えます。
こちらのお碗は、その釉薬を掛けずに高温で焼かれています。「天草陶石」そのものの色です。
こんなにも白い土があるのですね・・・。

いくつか海老ヶ瀬保さんに引き継いでいただいています。 おもてなし料理



和食器の愉しみ・工芸店ようび > 舛田楞 - 白のうつわ