灰釉ビードロホタテ5.5寸皿・有松進:和食器の愉しみ工芸店ようび

三月の雰囲気そのもの

 手毬ずしと菜の花のぬた、白酒、おつゆはハマグリのお吸物かな?等と、三月に入る頃さまざま入手の用意をします。

 貝のお皿や蝶々の小付などあれば三月の雰囲気そのもの、女性やお子様ばかりではなく殿方もきっとお顔をほころばせなさることでしょう。

工芸店ようび 店主 真木
漆器・輪島塗:朱端反椀・玉の湯型・奥田志郎:和食器の愉しみ工芸店ようび