戻り鰹・和食器の愉しみ
ガラス:秋色豆皿・5色1組・d.Tam
戻り鰹

 戻り鰹とは昔は五月初鰹、秋深くなった頃に戻り鰹と言ったように覚えておりますが、お料理人さんに聞くと「?」というお返事。気候の変化によって海も変化しているようです。

 備前の名手 和仁さんの銅鑼鉢にタタキを盛って、少し辛口のお酒はいかがでしょうか。和仁さんは国宝金重陶陽・道明氏に師事された方で、少なくとも三週間と長い窯炊きをなさるので仲々に作品が参りません。鉄のような音がいたしますが見た目にはやわらかく盛り映えのする鉢でございます。

 須田菁華さんのお猪口と合わせて、秋色のしょうゆ皿でおしゃれをしてみました。

工芸店ようび 店主 真木
価格に消費税は含まれていません。(外税)

窯変沓鉢
窯変沓鉢・和仁栄幸 硬く焼き締められた窯変の美しい大鉢です。
和仁栄幸
100,000円
  窯変沓鉢・和仁栄幸

徳利No.1
徳利No.1 白化粧に鉄絵がのびやかな徳利です。
吉井史郎
7,000円
  玄徳利No.1

錫彩箸・28cm
錫彩箸・林万喜子 錫彩が施されたはんなりとした取り箸です。
林万喜子
3,800円
  錫彩箸・林万喜子
 
秋色豆皿
秋色豆皿・d.Tam いろいろな落葉色の豆皿です。5色1組となります。
d.Tam
15,000円
  秋色豆皿・d.Tam

色絵花酒盃
色絵花酒盃 赤い花がやさしい緑に包まれて・・・。
須田菁華
12,936円
  色絵花酒盃

染溜吉字ぐい呑
染溜吉字ぐい呑・須田菁華 「吉」の縁起の良い盃です。
須田菁華
13,980円
  染溜吉字ぐい呑・須田菁華
錫彩箸・28cm・林万喜子



和食器の愉しみ・工芸店ようび >戻り鰹