梅雨の頃の酒膳・和食器の愉しみ
染付8寸皿・山水文・植山昌昭|和食器の愉しみ・工芸店ようび|梅雨の頃の酒膳
梅雨の頃の酒膳

 六月、梅雨…じめじめしてと思いがちですが、むくむくと繁った若葉の美しさや晴れ間の空の美しさは格別ですね。よくぞ日本に生まれけりなどと思わせてくれる瞬間です。

 ぷっくりした空豆は豊かなサヤに守られていて、おふとんの様な中に大切でたまらないものの様に思えてきます。今日は、京・森嘉さんが丹精込めて作られている飛龍頭と炊き合わせました。

 白焼うなぎはこれも「じん田」さんというすばらしいうなぎ屋さんで調達しました。

 水茄子のごま和え、この水茄子は、昔の種の本物の泉州の水茄子をお願いして、お客様にもご紹介しましたら大変およろこびいただいています。

 

 お皿はひろびろと植山昌昭さんの染付8寸皿、福森雅武さんの蓮弁向付と、植木栄造さんの耳付のガラス小鉢を取り合わせました。酒器は銀、高谷信雄さんの作 品、ぐい呑は古川章蔵さんの白盃です。

工芸店ようび 店主 真木
価格に消費税は含まれていません。(外税)

染付8寸皿
染付8寸皿・植山昌昭 絵柄は4種ございます。
植山昌昭
10,000円
  染付8寸皿・植山昌昭

雅造刷毛目蓮弁向付
刷毛目蓮弁向付・福森雅武 こちらは福森雅武さんご自身の連弁の小鉢です。
福森雅武
12,000円
  刷毛目蓮弁向付・福森雅武

白盃
白盃・古川章蔵 白のりりしい、でも、ざっくり素朴な白盃です。
古川章蔵
5,000円
  白盃・古川章蔵

錫器・空豆箸置
錫器・空豆箸置 ぷくっとしたかわいい空豆です。
ゆり工房
1,300円
  錫器・空豆箸置
 
森の風ボール
森の風ボール・植木栄造 緑の濃淡の帯が軽快な印象をプラス。
植木栄造
3,500円
  森の風ボール・植木栄造

純銀一合片口No.1
純銀一合片口No.1 純銀で作られた優しい耀きの片口です。
高谷信雄
60,000円
  純銀一合片口No.1

灰釉葉形豆皿
灰釉葉形豆皿 はらはらっと落ちてきた落ち葉のような小さなお皿です。
有松進
1,600円
  灰釉葉形豆皿

テーブルマット・45×30cm
テーブルマット・45×30cm・三角屋
求々草という名称ですだれ屋さんのお仲間が呼んでいる材料で作られています。

三角屋
5,000円
  テーブルマット・45×30cm・三角屋
雅造刷毛目蓮弁向付・福森雅武|和食器の愉しみ・工芸店ようび|梅雨の頃の酒膳



和食器の愉しみ・工芸店ようび > 梅雨の頃の酒膳