お重箱・朱三段小重・奥田志郎   お重箱・六五重[丸文金箔付]・奥田志郎:和食器・漆器・お椀 japan lacquerware  
  お正月のおせち料理は、一人分を盛ったり、人数分を都度盛ったり・・・。いろいろに重箱を活用して下さいませ。  
  お重箱・六五重[丸文金箔付]・奥田志郎   お重箱・六五重[丸文金箔付]・奥田志郎:和食器・漆器・お椀 japan lacquerware  
  箔の丸の配置は自由です。気分でどうぞ。  
  お重箱・六五重[丸文金箔付]・奥田志郎   お重箱・六五重[丸文金箔付]・奥田志郎:和食器・漆器・お椀 japan lacquerware  
      ちらし寿司なら、ごはんが一層美味しくなります。  
  お重箱・六五重[丸文金箔付]・奥田志郎:和食器・漆器・お椀 japan lacquerware   お重箱・六五重[丸文金箔付]・奥田志郎:和食器・漆器・お椀 japan lacquerware  
  いつもの盛り鉢にも。      
 
お重箱考

 お重箱は大変有用な道具なのに最近はあまり人気がございません。
 お正月にしか使わない道具と云うイメージが強いからでしょうか。一年間眠らせておき、お正月はどこかに旅行してしまったりしますと、まるで不用の道具になってしまいます。
 けれども、あまりお正月に限定した装飾を施したもの以外なら、いつもたのしく使える道具なのです。運動会でお重を広げたうれしい思い出もあります。お花見におにぎりとちょっとした煮物でもあれば、お重箱が風雅を担当してくれます。ふいのお客様におすしを調達して盛り合わせたり、お菓子鉢として上に主菓子、下に乾いたお菓子(クッキー)でもと云う風にも使えます。残りのご飯を冷たくならない内に入れておき梅干し一つのせておきますと冷御飯がふっくらとおいしいのです。ぜひおためし下さい。
 いろんな利用法を考え使ってみると、以外に有用でたのしい道具だと解っていただけるはずです。

工芸店ようび 店主 真木

日常の重箱として「六五重」もお勧め致します→
 
  染付扇面図皿・正木春蔵  
  取り皿はおめでたい「染付扇面図皿・正木春蔵」です。  
 
  お重箱・六五重[丸文金箔付]・奥田志郎|和食器の愉しみ・工芸店ようび  
  月夜の晩は、酒菜やおはぎを詰め込んで。  
 
  お重箱・六五重[丸文金箔付]・奥田志郎  
  月夜の晩は、酒菜やおはぎを詰め込んで。  
 
  南京赤絵蓮鷺文皿・須田菁華  
  丸い金箔がおめでたさを2倍にも3倍にもしてくます。あわせたのは、こちらもおめでたい蓮に鷺です。「南京赤絵蓮鷺文皿・須田菁華」  
六五重〔丸文金箔付〕・皆朱

 皆朱のお重に丸紋を装飾した二段重を合わせてみましたら、極上の華やかさになりました。黒に丸紋はお月様に見え、朱に丸紋は太陽に見えています。お重箱の中の小宇宙、「うん、うん」と思っていただけるかなと思います。

工芸店ようび 店主 真木
 
  お重箱・六五重[丸文金箔付]・奥田志郎  
  我が家のお重箱!  
 
  お重箱・六五重[丸文金箔付]・奥田志郎  
  お正月の盛り鉢にも。